FC2ブログ
カウンター

ブカレストからスイスインターナショナルさんでチューリッヒまで

0 Comments
arty
2018年9月27日~10月4日のルーマニア旅行記です。

ブカレストの空港のラウンジで時間つぶし。
s-B0021122.jpg

珍しく缶ビールを頂いています。
s-B0021120.jpg

ビールにはこれで決まり。
s-B0021121.jpg


お世話になるスイスインターナショナルさん。シンプルな塗装が好きです。
s-B0021125.jpg

前からもぱちり。チューリヒまでよろしくお願い致します。
s-B0021126.jpg

ビジネスクラスです。
s-B0021136.jpg


空がきれいです。
s-B0021137.jpg

滑走路に移動中です。
s-B0021142.jpg

滑走路までやってきました。自力では嫌だけど、車とか二輪でエンジン全開で加速してみたい。
s-B0021153.jpg

離陸しました。
s-B0021157.jpg

空港を眺めます。こじんまりとしていますね。
s-B0021162.jpg

上昇中です。
s-B0021168.jpg


川か運河か湖か???ですが、水面が光ってきれいです。
s-B0021171.jpg

上の写真の続きです。このくらい広くなると湖といえそうです。
s-B0021172.jpg


ビジネスクラスですので機内食もちょっとおしゃれっぽい。
s-B0021183.jpg

ハムみたいなのの上にサラダがのっていました。
s-B0021192.jpg

スイスでよくみるひらひらのチーズ。
s-B0021193.jpg

デザートです。
s-B0021191.jpg

コーヒーにチョコレートがついてくるのも好印象。
s-B0021196.jpg


雲の上を飛行中です。たぶんほとんど眠っていたはずです。
s-B0021204.jpg


チューリッヒにもうすぐ到着です。
s-B0021224.jpg

スイスは緑が多いです。
s-B0021226.jpg

ぽつんとある建物が気になります。
s-B0021231.jpg

そろそろ着陸にはず。
s-B0021236.jpg

久しぶりにこのビクトリノックスマークをみました。
s-B0021246.jpg


着陸しました。
s-B0021252.jpg

滑走路を横切ったようです。
s-B0021253.jpg

あまり変わり映えしない飛行機たちです。
s-B0021261.jpg


ラウンジで一休みして、搭乗時刻近くなってゲートに向かいました。
夕暮れ時です。夕焼けとか見られる時間帯ならよいですが、飛行機に乗るのは晴れて明るい昼間がよいです。
s-B0021277.jpg


53番ゲートからの出発になります。ターキッシュエアラインズさんのイスタンブール行。ちなみにこの時点では10月末にアタチュルク空港から新空港に変わることになっていたので最後の利用かと思っていたらのびにのびて、11月のトルコ旅行の時にもまだアタチュルクでした。最近新空港に移行したらしいですが、広くて、着陸から駐機場までとっても時間がかかっているらしいです。夏に新空港を利用するのが楽しみです。
s-B0021282.jpg


イスタンブールまでよろしくお願い致します。
s-B0021281.jpg


ここもビジネスクラスです。考えたらブカレストからチューリッヒを回る意味はないです。TKさんもブカレスト―イスタンブールのフライトがあるはずです。もしくはLXさんでそのまま成田に帰るフライトもあります。特典の空席がなかったのかもですが、せっかくビジネスクラスに乗るのだから遠回りしたかったのかもしれません(笑)。
s-B0021284.jpg

窓から外をぱちり。
s-B0021285.jpg

ウエルカムドリンクはいつものようにレモネード。TKさんではこれが一番好きです。
s-B0021286.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
スポンサーサイト

鉄道博物館2&空港に向かいましょう

0 Comments
arty
2018年9月27日~10月4日のルーマニア旅行記です。

今日もブカレストの鉄同博物館で撮った写真です。
トンネル風の開口部。
s-B0021000.jpg

見えるのがSLだったら楽しいのですが。
s-B0021001.jpg


これは模型たち。
こんなの好きです。
s-B0020996.jpg

こちらも馬車っぽいです。
s-B0020997.jpg

これは貨車かな。これがどういう意図で作られたかはわかりませんが、木製のこういうおもちゃで遊ぶのは楽しそうです。
s-B0020998.jpg


こちらの展示室には電車の大き目模型たち。
s-B0021006.jpg

角度を変えてもう一枚。鉄道博物館なんだから実物サイズのがあってほしいです。
s-B0021007.jpg

とはいえ、このように近く&上から見られるのは楽しいかな。
s-B0021003.jpg


鉄道関連の展示たち。
s-B0021005.jpg

こういう古いお道具類は大好きです。下のノートは硬券マニアさんのものでしょうか???(笑)
s-B0021016c.jpg


古そうな電話です。さすがにこのタイプのはミュージアムでしか見たことありません。
s-B0021022.jpg

電話に関する何かのようですが、ググる気ゼロです。
s-B0021026.jpg

レバーがついているのも見たことがありません。1学年後輩の出身地では子供のころにダイヤルをまわして交換を呼び出して電話をつないでもらうというシステムがあったと聞いたので、地域差もあるんでしょうけど。
s-B0021023.jpg

これもぐるぐる回して交換を呼びだすのかな。美しい機械です。
s-B0021018.jpg

これは普通の電話。昨日も書きましたが、実家はこの形の電電公社の黒電話現役です。私が一人暮らしを始めた時は黒ではなくてグレーの電話だったのでこれに近いですが、思いっきり昭和ですね。今の子供たちはダイヤルを回すというイメージできないかも(笑)。
s-B0021017.jpg


英語表記がなかったので文字は全くみていないのですが、地下鉄とかトンネル工事に携わった人たちって感じでしょうか??
s-B0021031.jpg

小さいミュージアムでわざわざ行かなくてもよいとは思いますが、まあまあ楽しんだようです。

飛行機に間に合わなかった困るので早めに空港に移動することにします。
ノルド駅からは地下鉄を利用してホテルにもどります。

地下鉄の駅です。ちょっと暗めです。
s-B0021045.jpg

無機質な駅ですが、赤いベンチと絵がかわいいです。
s-B0021041.jpg

車両もぱちり。こういうシンプルバージョンもいいですね。
s-B0021047.jpg

車内もシンプル。シートが少ない??
s-B0021050.jpg


統一広場から空港行のバスに乗ります。
783番のバスになります。時刻表をみると結構本数多いです。
s-B0020071.jpg

バス停にすでにバスがいてあせって撮ったので暗い写真です。
s-B0021051.jpg

車内をぱちり。
s-B0021053.jpg

車内から、チケット売り場をぱちり。空港で2枚チケットを買った場合は必要ありませんが、ここでチケットを買うことができます。
s-B0021056.jpg


車窓からの写真です。
ルーマニア国旗色のカバーがかかった建物が見えました。
s-B0021087.jpg

そろそろ空港です。
s-B0021098.jpg


空港に到着しました。
s-B0021108.jpg

入り口付近。
s-B0021110.jpg


どこで買ったか覚えていないんですが、ピロシキみたいな揚げパンです。ランチを町中でゆっくり食べる時間はないし、空港ってあまり期待できないのでおやつにしたんだと思います。確か中身は甘いものでした。
s-B0021112.jpg


ブカレストエアショーのポスター。こういうの見に行ってみたいですが、偶然日程があうとかっていうのは滅多にないですよね。
s-B0021113.jpg


チェックインカウンターです。
s-B0021115.jpg

LHさんのFRA便遅れてる・・・とあせった後に、LXさんでチューリッヒ経由だったことを思い出して安心しました(笑)。
s-B0021116.jpg

この日のフライトは、LXさんでチューリヒまで、チューリヒからイスタンブール、仁川までTKさん、仁川から福岡はOZさんで、UAの特典旅行券です。もともと、TKさんでイスタンブール、TGさんでバンコク経由で福岡というお気に入りの南回りルートで発券していたのですが、1日早く帰らないといけないことになったのでバンコク経由をあきらめました。

チェックインは特に問題なかったです。

空港内のショップにいらっしゃった方。やっぱりドラキュラさんがルーマニアでダントツの有名人なのかもです(笑)。
s-B0021117.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ブカレストの鉄道博物館

4 Comments
arty
2018年9月27日~10月4日のルーマニア旅行記です。

10月3日 
帰国日です。
フライトは午後なので最後にもう一回り。
見残したところは鉄道博物館(笑)。ここ、月曜と火曜日がお休みだったので、こんなスケジュールになりました。
ノルド駅にあります。朝食後ホテルをチェックアウトして荷物を預け向かいます。
10時からで時間はあるので歩きます。Googleマップによると3.6kmです。帰りは地下鉄を利用しました。
ノルド駅の前の噴水です。
s-B0020930.jpg

ノルド駅の建物です。
s-B0020926.jpg

ホームにいる車両たちをぱちり。ここも落書き多いようです。
s-B0020732.jpg

これも・・・ラッピング車両ではないですよね???(笑)
s-B0020730.jpg

向かって一番右側のホームの奥にミュージアムがあります。
s-B0020727.jpg


ここが入り口です。
s-B0020937.jpg

紋章ついています。
s-B0020938.jpg

駅にくっついた鉄道博物館だし、ここに機関車あるので、たくさんいるかと思ったのですが、奥の中庭に小さなのがひとつあるだけであとは鉄道関連の展示だけでした。よっぽどお好きでない限りわざわざ来なくてもよいと思います。
s-B0020939.jpg

とりあえず正面からもご挨拶。逆光になるせいかぶれぶれです。
s-B0021035.jpg


一番奥の部屋がジオラマコーナー。
s-B0020943.jpg

あまり電車は走っていませんが、走っている電車を撮ろうとしてもぶれるのでこのくらいでよいのかもしれません。
s-B0020945.jpg

輪っかの直径の回る部分より長い車両には対応できませんよね???(笑)。
s-B0020951.jpg

上の写真の左側部分です。
s-B0020952.jpg

小さな駅があります。
s-B0020954.jpg

乗用車は混んでいる列車もいます。
s-B0020964.jpg


壁にはプレート類が張られています。
s-B0020944c.jpg


このミュージアム、展示室そのものは3つしかありません。
これが2つ目。
s-B0020968.jpg

上の写真と同じ部屋で反対側です。
s-B0020971.jpg

上の写真の大きな時計が気になってぱちり。横からみると分厚いしベルがくっついていてかわいいです。
s-B0020982c.jpg

奥のテーブルもズーム。
s-B0020975.jpg

郵便とか電信のための設備が展示されています。説明に英語がなかったんで読んでいません。
s-B0020974.jpg

受話器が並んでいます。いわゆる電話の形をした電話は絶滅危惧種ですかね。いつも言っていますが実家は電電公社時代の黒電話が現役です(笑)。もうすでに黒電話という言葉が通じなくなっているかもしれません。
s-B0020980.jpg

いかにもアナログな機械です。手前のベルとかいい音でそうです。電子音よりこういうののほうが好きです。
s-B0020977.jpg

貨物列車の模型たち。
s-B0020979.jpg

制服のようですが、いつ頃のものかとかはチェックしなかったようです。それにしてもこのマネキン、特に奥の方、時代差を考慮しても髪型が鉄道職員っぽくないです(笑)。
s-B0020983.jpg

パティオにでてみました。
s-B0020987.jpg

小さな機関車がいますが、展示という感じではありません。大通りに面しているのでもしかしたらこちら側にも入り口があったのかもです。
s-B0020986.jpg

側面もぱちり。
s-B0020985.jpg


ここはコンパートメントを再現してあるのかもです。
s-B0020988.jpg

一等と二等のシートの差かもしれません。ふわふわの方に座ってしばし車窓からのモニターを眺めました。
s-B0020989.jpg

明日に続きます。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

最後に街並みを目にやきつけましょう

0 Comments
arty
2018年9月27日~10月4日のルーマニア旅行記です。

ブカレストを散策中です。最終日の夕方なんでとりあえず目に焼き付けるべく頑張ります。
美しい建物がたくさんの町ですが、小さな教会もたくさんあります。
Biserica Olari
s-B0020830.jpg

上の写真の左下部分に写っている木の十字架をズーム。
s-B0020831.jpg

入り口はこちら。
s-B0020832.jpg

ここも中はとても凝った美しい祭壇があります。
s-B0020839.jpg

天井の方にも絵がびっしりです。
s-B0020837.jpg

上の写真の下部分です。
s-B0020836.jpg

ステンドグラスをズーム。
s-B0020835.jpg


地図にはギリシャ教会と書いてあったので見に行ったのですが、閉まっていました。
s-B0020848.jpg

角度を変えてもう一枚。神殿風の美しい建物です。側面の塀に歴史的建物のプレートがあったんですが、ギリシャ大使館として使われているようです。
s-B0020849.jpg


さらにもうすこし歩くと、丸い塔が見えてきます。
The Fire Tower 1892年。 42mの高さの、元、火の見櫓です。現在は消防関係のミュージアムです。
s-B0020852.jpg



Parohia Sf. Ioachim și Ana - Oborul Vechi 
s-IMG_9615.jpg

真っ白な正教会が多い中、これはちょこっとベージュ色。プロビデンスの目が気になってぱちり。
s-IMG_9616.jpg



これも好きなタイプなんですが、お手入れ必要です。
s-B0020858.jpg

落書きとかあって空き家風ですが、上の方のレリーフが美しい重厚な建物です。
s-B0020861.jpg


Biserica Armenească アルメニア教会と書いてありました。
s-B0020863.jpg

残念ながら閉まっていたと思います。Googleマップの写真によるとカトリック風な祭壇のようでした。見られなくて残念。
s-B0020866.jpg

大体こういうのは世界の大都市だったりするんですが、地名になじみがなさすぎ・・・と思ったらアルメニア関連のようです。一番上のエレバンは首都。3つめはアララト山のことかしら?とか眺めていたらアルメニアにも行ってみたくなりました。
s-B0020871.jpg



大きな美しい建物だなぁ・・・と柵の外から撮っていたら、お散歩中のご婦人が、中に入って撮っても大丈夫と教えてくれたので敷地内にはいってみました。Googleマップによると連邦政府庁舎。Ministry of Agriculture and Rural Developmentと書いてあったので日本で言えば農林水産省って感じかな?
s-B0020878.jpg

こちらが真ん中あたり。
s-B0020879.jpg

ドアまわりをぱちり。
s-IMG_9626_20190410040546aef.jpg

上の方をズーム。凝った彫像たちがのっています。
s-IMG_9628.jpg

ドアまわりも力持ち風な男性が支えています。
s-IMG_9627.jpg

ドアの上のお子様方。表情きつめです。
s-IMG_9631.jpg



いわゆる旧市街までもどってきました。
かわいらしいお店をぱちり。食料品やアルコールなどが売られているようです。
s-B0020905.jpg

お店の中ものぞいてぱちり。ステキな雰囲気です。でもこういうところでのお買い物は会話が必要になりそうで躊躇してしまいます。
s-B0020906.jpg


最終日の夜だし、レストランに行くつもりだったのですが、中央市場でミートボール頂いていますのでいまいちの空腹具合。何か甘いものが食べたいかも・・・と歩いていてウインドーに並んでいたデニッシュにすいよせられました。
s-B0020907.jpg

普段はデニッシュってそこまで好きでないのですが、そういう気分でした。
s-B0020910.jpg

これはチェコとかでみるわっかのやつかな???これは好きですが、焼きたてじゃないといまいちっぽい。
s-B0020911.jpg


結局選んだのは、リンゴがのったデニッシュ。ウインドーに並んでいる時はそう思わなかったのですが、持つとずっしり。日本の倍くらいありそうなサイズでした。大味ですが甘すぎずよかったです。
s-B0020913.jpg


最後にスーパーなどでお買い物をしてホテルにもどりました。といってもたぶん缶ビールくらいしか買わなかった気がします。
ちょっと気になったものたちをこっそりぱちり。
お素麺ですよ???右はきしめんっぽいかな。TOKYOTO JAPANESE STYLE と書いてあります。どんな人が買うんでしょう?
s-B0020916.jpg

西欧でシュニッツェルとかのパン粉ってとても細かいものが多いのですが、左はまさに、PANKOです。「パン粉」がどのくらい海外でも通じる名詞化しているのか気になります(笑)。
s-B0020503.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

美しい建物たちが多すぎてなかなか先に進めません

2 Comments
arty
2018年9月27日~10月4日のルーマニア旅行記です。

建物採集まだまだ続きます。編集の都合上写真の撮影順序は多少変わっています。
凝った塔がある建物です。門のところにはホメオパシーの単語が見えるので、医療関連の建物なのかもです。
s-B0020792.jpg

塔部分をズーム。
s-IMG_9578.jpg


このタイプの建物も結構あったと思いますが、つい撮ってしまいます。
s-B0020795.jpg

壁のレリーフも素敵ですし、グリーンがたくさんなのもよいですね。
s-IMG_9582.jpg


宮殿風な建物もありました。
s-B0020796.jpg

反対側からズーム。
s-IMG_9585.jpg


この建物もよく見ると凝っています。
s-IMG_9561.jpg

上の建物です。きれいに撮れませんでしたが、ドアまわりのフレームがかわいいです。
s-IMG_9562.jpg


"Saint Gregory the Theologian, Saint Spyridon" - Priest Chitu Church 1813
Googleマップによると、Biserica Popa Chituという正教会です。壁のニッチに聖人たちの絵がありますが、91個もあるそうです。
s-B0020803.jpg

入り口部分のレリーフも凝っています。
s-B0020805 (2)

ポーチもぱちり。
s-B0020808.jpg

ポーチの天井画です。
s-B0020807.jpg

壁のはモザイク画かな。
s-B0020820.jpg

正教会なんで祭壇はこんな感じです。
s-B0020810.jpg

ドーム天井部分です。ここにも聖人さんたちがたくさんいるようです。
s-B0020817.jpg

入り口側の壁です。
s-B0020812.jpg

側面の壁です。ステンドグラスの窓も素敵。
s-B0020815.jpg

反対側の壁もぱちり。
s-B0020818.jpg

ステンドグラスズーム。
s-B0020811.jpg

これは天井の絵だったかな。
s-B0020819.jpg



散策を続けます。
Casa Maura という建物です。コルベに通りにありました。観光用の施設ではなくオフィスがはいっているようです。
s-B0020822.jpg

なんてないけどレンガで彩られた模様がかわいいです。
s-B0020824.jpg

窓の下部分の模様をズーム。
s-IMG_9592.jpg

レトロな感じの窓ガラスも素敵ですが、お隣の建物の真っ赤なドアもインパクトあります。
s-IMG_9593.jpg


上の建物の近くの建物です。塀があるので建物の上の方しかみえませんが、窓の上のくるんとした飾りが気になってぱちり。
s-B0020823.jpg


これは赤いランプが気になっただけです。でもズームするほどではなかったようです。
s-IMG_9599.jpg


美しい窓のアイアンワークのフレームが気になってぱちり。
s-IMG_9608.jpg


わりと大き目の通り沿いの建物ですが、2階のテラス部分とかかわいいし、荒れっぷりが残念です。
s-IMG_9613.jpg


上の建物と似た雰囲気の建物たちです。
s-IMG_9617.jpg

かわいいテラス部分をズーム。こちらは人が住んでいるようです。
s-IMG_9618.jpg

壁のレリーフも美しいです。
s-IMG_9619.jpg

装飾は少ないですが、シンプルバージョンで好きなタイプ。
s-IMG_9620.jpg


今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング