FC2ブログ
カウンター

8 Comments
2017年10月1日~8日のリトアニア旅行記です。

ヴィリニュスの旧市街には、ウジュピスと呼ばれる地域があります。
H0025010.jpg

ヴィリニャ川にかかる橋を渡ったエリアです。
H0025003.jpg

河沿いにはカフェのテーブルが並んでいます。気候が良い時期なら気持ちがよさそうです。
H0025011.jpg

同じ場所ですが、川の石壁(?)には何やらアート作品がかけられています。
H0025013.jpg

欧州の橋らしく南京錠がくっつけられています。
H0025012.jpg

気になったのはこれ。橋の上からは気づかなかったですが、ベンチ(?)が吊り下げられています。絶対座れなさそうですが(笑)、どういうアートなんでしょうね?
H0026860.jpg


珈琲バーと書いてあるようです。数字は営業時間でしょうけど、開いているっぽくない・・・と思ったら、お客さん(?)が数人入っていきました。看板がかわいいと思って写しただけです。特にお茶が飲みたかったわけではありません。
H0025014.jpg


ちょっと不思議な感じの壁画です。
H0025017.jpg

上の建物の前の空き地のチェーンの下にはこんな子がいました。オブジェとして置いてあるのか落とし物なのかはわかりません。
H0025016.jpg

いい感じの門があったのではいってみました。
H0025015.jpg

内側から、上の壁画がある建物が見えます。
H0025023.jpg

中はこんな感じ。ギャラリーが集まっているのではと思います。
H0025018.jpg

とっても豊満な像より、紅葉の方が気に入りました。
H0025020.jpg

川の方まで行ってみました。お洗濯してシーツが干してあるのではなくこれもアートの一環でないかと思います。いえ、雨の日もこのままだったんで。
H0025021.jpg


これもまた妙な壁画です。
H0025024.jpg

諷刺画なんでしょうけどよくわかりません。
H0025025.jpg


この道の雰囲気、気に入りました。
H0025027.jpg

ちょっと入ってもう一枚。渡り廊下(?)にベンチがあるのがいいですね。
H0025028.jpg

猫さんもいました。
H0025029.jpg

写真撮らせてもらおうとしたら、ドアの横に座ってくれました。
H0025035.jpg

でも視線はあわせてくれなかったようです。なかなか美猫さんですよね。
H0025041.jpg


ラッパを吹き鳴らす天使の像は、ウジュピスの”独立記念日”に除幕された記念碑だそうです。
H0025048.jpg

天使さん、ズーム。
IMGP2470.jpg


窓にお花が飾ってありました。花瓶はブーツ。なかなかインパクトあります。
H0026862.jpg


美しい陶板。Vilnius Fine Crafts Associationと、上の丸い部分に書いてあります。
H0026864.jpg

古そうですが、趣のある街並みです。
H0026865.jpg


ウジュピスの憲法というのがこの写真に写っているボードに書かれていました。いろんな外国語があったのですが、残念ながら日本語はありませんでした。アジアは中国語がありました。
H0026870.jpg


この青いタイル(?)、鳥模様と、上のバードウオッチング模様はよいのですが、この真ん中のはちょっとこわいです。こんなのが自分の家の窓だったら絶対嫌です。
H0026872.jpg

さて・・・?
H0026876.jpg

ウジュピスはなんてないんですが、ギャラリーとかあるのでこういうのがお好きな方にはよいのかもです。私は、まぁ・・・一度見たからいいかなって感じでした。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 8

There are no comments yet.
EkaterinaYoghurt  

こんにちは^^

川の上のブランコが気になりました。アートではなくて、川に足を浸けながらブランコに乗ってのんびりとか川遊びが出来るのだったら楽しそう♪です。

artyさん、いつも色んな町歩きを楽しまれていますが、こちらの町も町歩きと写真撮影がとっても楽しそうですね。
旧ソビエト圏は社会主義で人の情緒的な面なんて後回しなのかしら?っていう勝手なイメージがあったのですが、色んな方の旅行記を拝見するにつけ、又、今回のレポートもどこもかしこも人の温もりや情緒を感じるもので、なんだかほっこりしました^^
伝統的な家屋もちゃんと残っているし、素敵なところですね。

2018/01/11 (Thu) 13:51 | EDIT | REPLY |   
小紋  
一人で

旅慣れている方とはいえ 一人で 公共の乗り物を主に回って
すごいですね。なかなかできないと思います。
行ったことのない国 ところを見せてもらって いつかはと
楽しみにしています。

2018/01/11 (Thu) 20:29 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

ブランコ気になりますよね。でもこれにのってぷらぷらゆれたら鎖が切れるのではなく椅子部分が割れそうな気がします。実用には耐えないものだと(笑)。

東側って地味なイメージありますし、旧共産圏だといかにも・・・といった無駄に大きく角ばって暗い色合いの建物が残っていることもあります。でも共産主義って長い欧州の歴史の中では比較的最近のことで、地方都市だと人々の気質は古い生活様式や建物と一緒に残っているのではと思います。

積極的に人とのコミュニケーションはとりませんでしたが、みなさん親切でした。軽食のスタンドで結構待たされるのも、(温める機械の性能もありますが)手際が悪いのではなく、丁寧に作ったり温めたりして手渡してくれるって感じで好印象でした。バルト三国の中ではちょっと印象薄いかもですが、ここはぜひ再訪したい国の一つです。

2018/01/11 (Thu) 20:43 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: 一人で

小紋さん、こんにちは。コメントありがとうございます。

運転できないのでレンタカーは無理だし、タクシーはなんとなく怖いし、ツアーは窮屈だしと仕方なく公共の乗り物を利用しているだけです。鉄道や地下鉄やトラムなど路線がはっきりしているものと長距離バスは大丈夫ですが、経路が複雑な路線バスはあまり利用できず、人に聞くのも苦手なのでファーストチョイスは徒歩だったりします(笑)。今はみなさんスマホのマップで場所を確認しながらバスを利用していらっしゃるようですが、その手のディバイスも利用できないアナログ仕様な私です。

このブログにでてきた場所は私がたどり着けた(笑)ということで、それほどハードル高くないかもです。中南米だと目的地に到着しなかったこともありますので。どのくらい現地の様子を正確にお伝えできているかはわかりませんが、興味をもっていただけるとうれしいです。

2018/01/11 (Thu) 21:39 | EDIT | REPLY |   
akisz  
ハンガリー&オーストリア旅行を予約しました。

artyさん、お久しぶりです。
以前、ボストンとウィーンに行きたいとコメントした者です。あれからいろいろ迷った末、今年5月にブダペスト、ウィーン、グラーツに行くことにしました。忙しくてまだホテルの予約が完了していないのですが、楽しみです。貧乏性なので、旅行に行けば、朝から晩まで歩き回るタイプです。アラフォーから遠ざかりつつある身としては、のんびりしていると旅行を楽しめなくなると思って決意しました(笑)。歌劇場や美術館、建造物など、ネットで見れますが、実際の雰囲気や大きさを感じてみたいです。次はボストンを目指したいと思います。

2018/01/12 (Fri) 00:04 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: ハンガリー&オーストリア旅行を予約しました。

akiszさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

グラーツは行ったことありませんが、ブダペストもウイーンも大好きな町です。ブダペストは私も今年の候補にはいっていたのですが、夏の旅行先からははずれました。ウイーンが候補にはいらないのはなぜかウイーン発着にしたらチケットが高いという大人の事情です(笑)。

5月だと昼も長めだし美しい街並みのお散歩も楽しめますね。テレビや本、ネット、ストリートビューなど、実際に行かなくてもどんな町か見ることはできますが、実物は質感とか気も感じられますし、風とか空気、音とか匂いっていう五感を総動員して見るのは一味違います。もちろんとっても写真写りが良い場所もあって???という気分になることもありますが(笑)。

私も貧乏性なのでひたすら歩き回りますが、とっくにアラフォーから遠ざかっているので足腰がつらくなることが増えました。バルやパブなど誘惑が多い国では歩く時間が短くなってしまっている気がします。是非是非元気が有り余っているうちにたくさん歩かれてくださいね。ボストンもたくさん歩ける街ですのでお早めに。

2018/01/12 (Fri) 02:40 | EDIT | REPLY |   
akisz  
To artyさん

artyさん こんにちは。そうなんです、ウィーン発着で安いのとなると、真冬の寒くて日照時間が短い季節なので、寒がり&十分に活動したい私としては避けたい季節です。それでブダペスト入り、グラーツ帰りにしました。一か所滞在ではないのでホテルなど多少面倒ですが、頻繁に行けないので3都市盛りにしました。

私もスタアラなんですが、安いチケットでグラーツ入りにすると、ミュンヘン空港の乗り継ぎが40分しかないので、ブダペスト入りにしました。優先パスがなく、グラーツが小さい空港ですから振り替えも少ないので、乗り遅れてミュンヘン1泊になると旅程がタイトになります。私も大人の事情(笑)でこういう旅程になりました。

ルーブルは別として、海外の美術館は東京に比べて空いていそうなのも魅力的です。自分のペースでゆっくり鑑賞したり、東京公演では高いチケットのコンサートなどにも行けたらな、と思っています。ボストンに向けて、体力作りもしたほうがいいですね。いまさらながら残されている時間が気になり始め、今のうちに行っておこう、という気になっています。artyさんも元気で旅行を続けられますように。

2018/01/14 (Sun) 13:23 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: To artyさん

akiszさん、こんにちは。

やっぱりウイーン発着はお高いですよね?akiszさんもスタアラということは、状況は同じですよね。LHさんOSさんLXさんは仲良しさんなので、OSさんがつりあげているのではないかとひそかに思っています。そして何故かブダペスト発着はお安いんですよね。それもあってハンガリー好きなのかもしれません(笑)。

オーストリアにグラーツとリンツという空港があるのを初めて知りました。なんとなくウイーンだけかと思っていました。フランクフルトと違ってミュンヘンは比較的乗り継ぎよいですが、それでも40分はリスキーというか私も避けます。日本のように乗り継ぎタイトな乗客のエスコートとかめったにありませんしね。

世界有数の美術館、人気の展示ではかなり混みますが、大きな美術館でも展示室独り占め~!みたいなのはよくありますし、自分に時間さえあれば本当にゆっくり楽しむことができていいですよね。ただどこも大きいので体力気力も必要です。ウイーンは美術史美術館でしたっけ?フェルメールの絵があるところ。あそこはもう一度行きたいです。

世界中に見てみたいものはたくさんありますけど、もう一度見たいというのもたくさんあるのが悩ましい所です。普段はどうしても欧州ばかりですが、ボストン、NY、DC、フィラデルフィア、シカゴといった大都市のミュージアムは充実しているので、たまにはアメリカにも行かなくてはって思います。本当にお互いに元気で充実した旅行が続けられるとよいですよね。旅の守護神ヘルメスさんに仲良くしていただけるといいんでしょうか???

2018/01/15 (Mon) 00:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply