FC2ブログ
カウンター

0 Comments

2018年1月29日~2月5日のブエノスアイレス&NY旅行記です。

ブエノスアイレス博物館に見る物が何もなくてがっかりしながら、次の国立装飾美術館に向かいます。
結構距離があるのですが、装飾美術館そのものが地下鉄の駅の近くとかではなかったので、街歩きを兼ねて、レコレータ地区を目指して歩きます。

ついつい撮ってしまうオベリスコ。五輪オブジェがあります。スポーツ興味ないんで知らなかったんですが、今年10月にユースオリンピックがブエノスアイレスであるからかな?
H0031960.jpg


レティ―ロ地区からレコレータ地区に向かうエリアにはなんとも美しいお屋敷のような建物がたくさんあってテンション上がりました。高級そうなブティックなどもこのあたりにあるようでした。

これはグーグルマップによるとフランス大使館がはいっている建物のようです。
H0031961.jpg


このなんとも美しい建物は、グーグルマップにはResidencia Maguire、地域歴史博物館と書いてありました。でも営業してるっぽくはなかったです。
H0031965.jpg

道幅が狭いので全体が写せないので分割方式。建物の入り口はここにあります。
H0031967 (2)

こちらが入り口かな。美しいです。
H0031963.jpg

他の部分は少し模様が違うのでこれもぱちり。
H0031962.jpg


道を挟んでお向かいに似たタイプの建物がありました。グーグルマップによると、Ministerio de Cultura de la Nacion 連邦政府庁舎と書いてありましたが、文化省って感じかな。
H0031964.jpg


また美しい建物がありました。どんな人が住んでいるんでしょうね??
H0031971.jpg


国立美術館です。なんとなく絵画の気分ではなかったので行きませんでしたが、絵だけではなかったようです。ちょっとのぞいてみたらよかったかも。
H0031974.jpg


Plaza Mitreという広場です。何やら像がありますが、近くに行ってみる気分にはならなかったようです。
H0031975.jpg


国立装飾美術館に到着しました。美しい門です。
H0031977.jpg

「1911年に南米の名門エラスリス家の邸宅として建てられたフランス古典様式の建築物の中で最も美しいと言われる荘厳な建物」だそうです。
H0031978.jpg


中の説明はありませんのでこういう展示でしたという写真集です。
というか、ここは個々の展示というより、お部屋の雰囲気や調度を楽しむミュージアムだと思います。
中世の欧州のお城といった感じの素敵なホールです。
H0031979.jpg

角度を変えてもう一枚。壁のタペストリーも美しいですし、2階の手すりから天井にかけてが重厚で素晴らしいです。
H0032012.jpg

暖炉もすごいです。
H0032013.jpg

大きな屏風は中国のものだと思います。
H0032014.jpg

木の手すりがある螺旋階段も美しいです。
H0032015.jpg

細かいレリーフのドア。
H0032016.jpg

深い緑が美しい獅子です。
H0031980.jpg


こちらの壁はタペストリーでなく大きな絵がかけられています。
H0031981.jpg

壁にあったこの器、深いブルーの色がなんとも素敵でした。
H0031985.jpg


やっぱり大きなダイニングテーブルありますが、上のお部屋と随分イメージ違います。暖かい雰囲気ですね。
H0031983.jpg


これまたどこかのお城のホールみたいです。
H0031987.jpg


ガラスケースの中には美しい磁器たち。セーブルかな??。またパリの国立陶芸美術館に行きたくなりました。
H0031988.jpg

H0031989.jpg

この色合いが好きです。
H0031990.jpg


こちらはちょっと明るめなお部屋です。こういうサロンでティータイムっていいですね。
H0031992.jpg

壁はこんな感じです。
H0031993.jpg

上の写真の奥の部分です。シャンデリアも美しいです。
H0032019.jpg

据わり心地よさそうな椅子です。奥2個と手前のひじ掛けの形が違いますね。奥のもののほうがクッションも厚いので偉い人用かしら(笑)。
H0032020.jpg
明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply