FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2018年1月29日~2月5日のブエノスアイレス&NY旅行記です。

ブエノスアイレス観光中です。
レコレータ墓地のお隣にある聖母ピラール聖堂です。真っ白で美しいです。
H0032605.jpg

中はこんな感じです。
H0032606.jpg

中央の祭壇ズーム。
H0032663.jpg


きらびやかな説法台ですが、これ出入り口は柱の中にあるんでしょうか???
H0032666.jpg


上に小さな鐘がついたスタンドです。
H0032661.jpg


タイルをズーム。
H0032660.jpg


側面にも祭壇がいくつかならんでいます。
H0032669.jpg


ねじねじした柱が好きなタイプ。
H0032659.jpg


こちらはバックが青いバージョン。凝ってます。
H0032668.jpg


こちらは赤です。祭壇の像、座像なのはあまり見ない気がします。
H0032671.jpg


大きな球状のオブジェがありました。
H0032672.jpg


ここで歴史的な回廊がミュージアムとして公開されていると書いてあったので行ってみることにしました。
回廊(クロイスターズ)と書いてあったのですが、いわゆるパティオがあるような回廊のイメージではありません。建物の上階の廊下部分って感じです。
H0032631.jpg

結構素朴なつくりです。
H0032632.jpg

展示はそんなに多くないですが、説明をあまり読みたくなかったので眺めただけです。
どのくらい古いのかわかりませんが、この手の大きな本はかつては貴重なものだったはずです。
H0032611.jpg


素朴だけどとても美しいランプです。
H0032612.jpg


重そうな椅子。偉い人用でしょうか?
H0032614.jpg


聖アンナさんと子供のマリアさまさまと書いてあったと思います。
H0032616.jpg


無原罪の御宿りの彫像だそうです。とても華やかな方です。縦ロールの髪がお嬢様風(笑)。アルゼンチンも聖母マリア信仰が強い国なんでしょうか???
H0032613.jpg


こちらの聖母子のマリアさまも、ふわふわくるくるなロングヘアがバブリーな時代のイメージです(笑)。
H0032618.jpg


こちらはだいぶ落ち着いたイメージのマリアさま。やっぱりこのくらいの方がよいですよね。
H0032621.jpg


こちらは無原罪の御宿り。彩色された木像だそうです。
H0032623.jpg


祭壇の彫刻の一番上になる部分。聖アウグスチノ修道会の会章と王冠のデザインです。18世紀のスペインのものです。
H0032633.jpg


ETERNAL FATHERということで聖なる父。私たちを祝福してくださっている図のようです。
H0032635.jpg


美しい金銀細工のお道具類。
H0032639.jpg

きらきらした王冠。
H0032641.jpg

これは何でしょう???
H0032643.jpg

ホスチアとかいれるものですか?
H0032644.jpg

聖遺物とかいれるものだと思います。
H0032651.jpg


壁に張り付いた階段は、鐘楼に上るものかな。そんなに高くないですが上ってみたかったです。
H0032655.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
EkaterinaYoghurt  

こんにちは^^

面白いツッコミどころ満載で思わずコメントせずにはいられずお邪魔します。

レコレータ墓地のそばにこんな聖堂があるなんて知りませんでした。っていうか、昔からのらりくらりと歩くのが好きで、見るべきところに行っていない旅行をしているようです、私。
祭壇が側面のものを含めてゴレンジャーになっていますね(古い・・・笑)
主祭壇がピンク、側面に緑、白、青、赤、これで5色(笑)カラフルで素敵です。
そしてマリア様の髪型!笑いました。そこに目をつけられたartyさんの視点が好きです。
eternal fatherって、、、私にはただの酔っ払いオヤジに見えてしまいます。。。

2018/04/16 (Mon) 15:53 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

母ピラール聖堂は本当に墓地の向かって右側に隣接していました。真っ白なんで目立っていました。私は基本的に教会が開いていたらのぞいてみることが多いです。小さくても素朴でも神様たくさんいそう(笑)な素敵なところが結構あります。

祭壇の色が違うなぁと思っていましたが、まさかゴレンジャーだったとは(笑)。ゴレンジャーにも何か高尚な意味があったんでしょうか???

マリア様の髪型、面白いでしょ?永遠のテーマ聖母マリアの彫像は製作者の母親とか理想の母親像になってしまうと聞きますので、きっとこういうゴージャスなのがお好きな方だったんでしょう(笑)。ちなみにバブリーな髪型の方は、私の読み間違えでなければ、19世紀にブラジルで作られて、カルメン風の衣装なんだそうです。何故にマリアさまをカルメン風になんて作ってしまったんでしょう???

実はETERNAL FATHER、私はバッカスとかパン神かっていうちょっと悪そうな神様を想像しました。まさか聖なる父とは・・・(笑)。

一般的にはこういう小さなミュージアムってわざわざ海外旅行で行かなくてもと思うのですが、ここは展示点数の割にはなかなか楽しめました。

2018/04/17 (Tue) 00:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply