FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2018年2月28日~3月6日のカンクン旅行記です。

カンクンのホテルゾーンでビーチとラグーンを眺めながら歩き回った後、セントロにもどって、スーパーで食材などのお買い物をして一休み。

暑すぎて食欲もなく、水分だけです。メキシコではオルチャータかピニャコラーダを選ぶことが多いのですが、グアナバナのジュースにしました。
s-G0000438.jpg


カンクンのホテルゾーン、海は東側にありますので、カリブ海に沈む太陽を見ることはできません。でもラグーン側も結構広いし夕焼け空は見られるかなと、日没時間を逆算して再びバスでホテルゾーンに向かいます。

また降り間違えました(涙)。今度は思っていたところの4キロくらい手前です。まあ、1時間弱の徒歩なら日没前にビーチに到着できるかと歩きます。

ラグーン側の写真を撮りながら歩きます。
s-G0000443.jpg

まだお日様はこのあたり。
s-G0000445.jpg

ラグーン沿いって、建物がなくても木が茂っていて水辺には近づけないところが多いんですが、ここは大丈夫みたいです。みなさんラグーンを眺めています。この場所いいかもって思ったんですが、まだ30分くらいあったので歩きます。
s-G0000448.jpg

このあたりで、だんだん焦ってきました。日没前にビーチの雰囲気をみて、夕焼け空はラグーン側に戻って見るつもりだったのに時間が足りなくなりそう。
s-G0000450.jpg

木々の向こうにお日様沈みつつあります。
s-G0000453.jpg


パブリックビーチのデルフィンビーチ手前です。
s-G0000455.jpg

せっかくきたけど、ビーチはちょっと下がったところにあるので完全に日陰になってただ薄暗いだけです。
s-G0000456.jpg

薄暗いのにビーチまで下りてもねぇ・・・と思いつつとりあえず砂浜までやってきました。
s-G0000457.jpg

うっすらピンクな遠くの水平線近くにある雲。
s-G0000459.jpg

ちょっとズーム。
s-IMG_0188.jpg

さらにズーム。もうすこし色づくかと思ったんですが残念。
s-IMG_0195.jpg

ホテル側を眺めます。建物に光があたっているのをみて、まだ日没見られるとあわてて道路側に戻りました。
s-G0000460.jpg

裏側になりますが、パーキングあたりにある、CANCUNの看板。写真を撮る人たちの行列ができています。
s-IMG_0201.jpg


ここからではラグーンはほとんど見えず地平線に沈む感じ。
s-G0000461.jpg

ズーム。
s-IMG_0204.jpg

もうすこし戻ったら絵になる場所があったかしらと急いで戻りましたが、ラグーン沿いには間に合いそうにありません。
s-IMG_0206.jpg

南国っぽい木の向こうに沈んでいく太陽です。
s-IMG_0209.jpg

少し場所をかえて日没後のピンク色の空を。
s-IMG_0212.jpg

日没しばらくは空の色の変化を楽しめるんですが、なんとなくこの日のミッションは失敗モードでとぼとぼ戻ります。
途中のショッピングセンターあたりを眺めますが、特に興味をひくものはありません。
s-G0000465.jpg

メキシコにしては随分明るい感じです。さすがカンクン。
s-G0000467.jpg

ぶらぶらしているのはほとんど観光客でしょうから、このように記念写真を撮っているのをいたるところでみかけます。
s-G0000468.jpg

牛も柱を上るらしい(笑)。
s-G0000469.jpg


大通りにでてセントロに向かうバスに乗りました。
西側の空がうっすらオレンジ色だったのをぱちり。
s-G0000473.jpg

セントロのお土産物屋さんが並んでいるあたりです。あまりお客さんいなさそう。
s-G0000474.jpg


時差ボケもあるしすでに夏バテモードで、ビールに気分にもならず、なんかちらっと軽食でも・・・タコスの屋台でもないかなぁ・・・と歩いていたのですが、これといったものは見つからず、コンビニによって帰りました。

何味だったか忘れましたがパイっぽいやつ。
s-G0000475.jpg

最近どこでも見るようになったギリシャヨーグルト。でも、ギリシャやトルコで食べる物の方がもっともっと濃厚で美味しいです。そろそろギリシャやトルコに行きたくなっています。
s-G0000476.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
R  
No title

また降り間違えましたって、とんでもない僻地で運行本数も少ないところを難なく(?)出かけているartyさんらしくないですね。
実は、そういったところは緊張しているのでミスは起こさないものの、例えば地元福岡市内を走る路線バスでは、しょっちゅう乗り過ごしているとか?

私がカンクンに行ったのは7年前ですが、当時は今のようなGPS付きタブレットなど持っていませんでしたので、機械的に目的地に近づいていることを判断することはできませんでしたけど、セントロとリゾート地を結ぶバスで降り間違えるなんてありませんでした。
4Km程度を歩くのは私も苦痛ではないですけど、運行本数が多いですから、普通なら次のバスを待ちますよね??

そうそう、トルコはイスタンブールと中途半端にカッパドキアだけ、ギリシャやアテネだけしか出かけたことないので、私も両国をもっと密に回ってみたいモードになっています。artyさんの過去記事を見て計画練ろうかしら・・

2018/04/30 (Mon) 03:45 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: No title

Rさん、こんにちは。

へき地でバスが1日1往復とかだったらさすがに緊張します。でもカンクンですし、特に目的があったわけでもないですので油断しました。最初に7~8キロという単位で間違ったのには自分でも笑えましたけど。言い訳させてもらえばカンクンのホテルゾーンってどこも似た雰囲気ですし、バスの降車ボタンがないので&いかにも観光客な人たちはあまり多くないので、人が多く降りそうなところで降りるというのができません。この時は降りる人がいたので一緒に降りてしまいました(笑)。

スマホだったらGPSでチェックというのもありなんですが、タブレットだすの面倒だし、なんとなくあまり頼りすぎるのも・・・と消極的使用にとどめています。

今はほとんどバスには乗りませんけど、地下鉄では寝過ごすことはしょっちゅうです。本に集中しすぎて気付いたら地上(=終点)にでているとかもよくあります。バス通学だった高校生時代に営業所(終点より先)まで乗ってしまったとか、地下鉄で操車場(というか引き込み線)まで行った話をするとけっこう受けます(笑)。一番焦ったのはまだ在来線だった頃、熊本駅でのりすごして新八代まで行ってしまったことかな。こうやって考えると結構やらかしていますね。

トルコとイスタンブールは、マルタやキプロスと同様再訪したい度が高いので来年の最有力候補です。私もイスタンブールとアテネしか行ったことありませんし、どちらも2010年とかなり古いので旅行記は役にたたないと思います。写真もいまいちなので撮り直したいのも行きたい理由のひとつ。Rさんが先に行ってくださればレストランを探さなくて済むかもとか期待してしまっています。

2018/04/30 (Mon) 20:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply