FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年4月3日~10日のイタリア旅行記です。

ガッラ・プラチーディアの廟を堪能したらお隣のサンヴィターレ聖堂に向かいます。
かわいらしい廟に比べてとっても大きく感じます。
s-A0001132.jpg

通路にあった石棺。こんな模様の石棺多かった気がします。
s-A0001133.jpg


床面積に対しての比率的から考えるとそれほど背が高い建物ではないんですが、この支えが必要なんでしょうか?
s-A0001137.jpg

支えの部分、分厚いです(光の当たり方が違うのは後日撮ったものと差し替えているからです)。
s-IMG_1927.jpg

ちなみにこれは敷地外から撮ったこの支柱あたりを含んだ写真です。ちょっと複雑な形ですよね。
s-IMG_1460.jpg


こちらが入り口。
s-IMG_1565.jpg

入り口のまわりの色石での飾りが素敵です。
s-IMG_1566.jpg

目立たないですが半円窓にあるアイアンワークも好きなタイプ。ちょっとズームしたつもりですが、ちょっとでした(苦笑)。
s-IMG_1567.jpg

中はこんな感じ。かなり暗いので写真に苦戦しています。それでも新調したリコーのGR2とキャノンEOS M6のおかげでそれほどぶれずになんとか・・・って感じです。
s-A0001140.jpg

床を見ただけでテンションあがります(笑)。幾何学模様のモザイクの床って大好きなんです。
s-A0001138.jpg

柱とか天井もいい感じ。548年建立ということですが、どのくらい修復はいっているんでしょう?
s-A0001141.jpg

内陣にむかってぱちり。
s-A0001161.jpg

柱の上のほうにも絵や装飾があるようです。
s-A0001157.jpg


意外に地味って思われないように、そろそろメインの祭壇の写真にうつりましょう。
s-A0001142.jpg

暗いですが、とても美しい祭壇を正面からぱちり。天井部分も美しいですが、まずは祭壇からズームしてみていきましょう。
s-A0001148.jpg

近づいてズーム。写真のためにもっと明るくしてほしいという気持ちとこの薄暗い中に浮かび上がる祭壇だから趣あるのにという気持ち半々で眺めます。数分おきに写真用ライトアップとかしてほしい(笑)。
s-A0001158.jpg

祭壇の上の方です。
s-IMG_1527.jpg

窓のまわりをズームしたんですが上の写真とあまりかわらなかったです。
s-IMG_1498.jpg

手前の縁部分をズーム。
s-IMG_1499.jpg

奥側の壁です。
s-IMG_1524.jpg

少しズーム。本当に美しいステンドグラスたちで、もっと近くから見られたらいいのにって思います。
s-IMG_1547.jpg

同じ部分ですけど少し角度をかえてもう一枚。何故この写真をだしたかというと左側の「ユスティニアヌス帝が宮廷人を従えた図」という有名なモザイクだったからです。ぼんやりこの写真を撮っただけでしっかりみて写真を撮っていなかったという残念さです。
s-A0001156.jpg

ちなみに、これがそのお向かいにある、「テオドラ妃と随臣、侍女たちの図」で、こちらはちゃんと写真を撮っていました。
s-IMG_1544.jpg


側面の壁です。モザイクも素晴らしいですが、この柱の感じも好きです。
s-A0001153.jpg

同じ場所ですが視線を少し上にずらします。
s-IMG_1532.jpg

天井部分です。
s-A0001155.jpg

さらにズーム。90度角度をかえて撮った方がよかったかな。真ん中の動物はなんでしょう?なんでしょう?普通だったら羊なんでしょうけど馬体型(笑)。
s-IMG_1536.jpg

縁部分です。
s-IMG_1530.jpg

これは何のシーンですか?
s-IMG_1534.jpg

向かい側です。
s-IMG_1542.jpg

こちらのモザイク画は、アベルさんとメルキゼデクさんと書いてあります。
s-IMG_1543.jpg
明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply