FC2ブログ
カウンター

4 Comments

イタリア旅行記の途中ですが、先日のドイツ旅行で加算されたマイルについて書いておきます。
いつも書いていますが、マイルはどうでもよいけど旅行の写真だけなら見てあげようという優しい方は下の方にスクロールお願いします。

今回の旅行は、いつもの欧州発福岡行でなくて、福岡発ドレスデン行の往復チケットです。GWは旅行しないつもりで欧州発チケットを発券した後にいれたのでそうなりました。

NHさんで購入しました。長距離路線はNHさん。LHさんとかLXさんだと加算されるマイルが多いのですが、スケジュールと運賃の関係でこうなりました。ちなみにNHさんにマイルを加算する方は問題ないんでしょうけど、最近NHさんはスタアラ以外の提携便が混じっていることが多いので困ります。今回は、欧州内はユーロウイングさん(最初はジャーマンウイングさんだったんですが変更になっていました)とLHさん。ユーロウイングさんはUAさんとも提携あるんですが、まだ加算されていません。運賃クラス的には大丈夫なはずなんですが期待せずに待つことにしましょう。

ということで、加算されたマイルはこんな感じです。
2018-05MPactivity.jpg


基本マイル+ボーナスマイル=獲得マイル、ステイタス維持のためのPQMの順です。
FUK - NRT (NH) 585 + 878 = 1463, 878
NRT - DUS (NH) 2918 + 2918 = 5836, 4085
DUS - DRS (EW) 
DRS - FRA (LH) 121 + 121 = 242, 500
FRA - HND (NH) 2916 + 2916 = 5832, 4083
HND - FUK (NH) 566 + 849 = 1415, 849

獲得マイル数 14788
PQM 10425

ということで、現在こんな感じです。
2018-05MPsummary.jpg
2018-05MP.jpg

 PQM 61113
 マイル残高 227752
来年のステイタス維持まであと38887マイル。
NHさんでなければ欧州3往復で大丈夫ですが、秋までの3往復半にはNHさんが一杯(涙)。今の予約のままでステイタス維持できるか微妙なところです。もちろん11月か12月に旅行は追加すると思いますが、早くステイタス維持が決まるとUG券も早く頂けるので来年の北米路線分の計画を立てるときにはあったほうがよいかなと。UGできる運賃で購入するかどうかはわかりませんけど。


ということで、今回のドイツ旅行での写真のダイジェスト版です。
現在進行中のイタリア旅行記、まだ全然目途が立っていないので、いつになるかわかりなせんが、7月くらいになってしまうかもしれません。私としては、チケット購入、旅行の計画、旅行、ダイジェスト版用の記事、写真の整理、ブログを書く、記事の掲載等の間隔があけばあくほど、記憶が反芻されて楽しむ回数が増えてよいのですが、その分他の旅行の記憶と混じってしまってわけわからなくなってしまうことがあるのも事実です(笑)。

今回のドイツ、ドレスデン往復で、ドレスデンに6泊しました。
もともとベルリンを再訪しようと思っていたのですが、何故かドレスデンにしてしまいました。
ドレスデンは2011年にクリスマスマーケットを目当てに行っています。その時は2泊か3泊だったしクリスマスマーケットも見ていたはずなのに、こんなにミュージアムまわるかっていうほどあれもこれも見ています。自分で過去のブログをみてびっくり(笑)。なのでドレスデンの近郊をみるはずだったんですが、レジデンツ宮殿、ツヴィンガー宮殿、交通博物館(笑)、民芸博物館は再訪したいと計画。

ただいろいろ考えた結果最終日の月曜日しかドレスデンを観光できず、レジデンツ宮殿は月曜日も開いているのでよかったのですが、ミュージアムはあきらめました。ところが夕方になってツヴィンガー宮殿の写真だけでもと思って見に行ったら、月曜日なのに開いていたのに気付きました。残り2時間弱でここを見るのはもったいないのではいりませんでしたが、先に知っていたらとものすごく残念でした。まあ、ドレスデンは場所的に便利だしまた機会もあるかなと思います。

今回久しぶりに旧東ドイツの旅行でした。ドイツといえば英語がほぼ問題なく通じるし公共の交通機関がわかりやすくて便利な国だと思っていましたが、ドレスデン近郊ってまずドイツ語もドイツ語に聞こえないし、そのドイツ語に聞こえないドイツ語っぽいアクセントの英語で、何語を話してくれているのかちっともわかりませんでした。英会話学校をやめて自分の英語も劣化しているんですが、英語ってこんなにわからなかったっけ?と思うことが多かったです。

写真のダイジェスト版といいつつ前置きが長くなりすぎですね。ごめんなさい。

旧東ドイツといえば、アンペルマン君。私基本的にあまり信号は守らないんですが、アンペルマン君が通せんぼしていたら、緑のアンペルマン君が見えるまで待ってしまうし、緑のアンペルマン君を写真におさめている間に再び赤になって待つという、車の通りがなくても無駄に横断歩道にたたずむというのを繰り返しました。アンペルマン君かわいいです。そしてこの左側の(赤っぽく写っていますが)黄色いバックのアンペルマン君はなかなかいないし、点灯時間も短いので貴重です。
s-IMG_3637 (2c)

もちろんアンペルフラウちゃんもしっかり写真におさめました。旧東ドイツはこれだけでテンションあがります(笑)。
s-s-IMG_4469 (2)c


今回ドレスデン近郊で訪れた町たちです。
初日はバウツェン。小さな町っぽかったしゲルリッツと一緒に1日で回れるかと思っていましたが、とても美しい町で、お天気はちょっとどんよりして残念でしたが、ほぼ1日、のんびりしました。

市壁の外側から旧市街をぱちり。
s-IMG_3752.jpg

旧市街には美しい建物たちが並んでいます。
s-R0003818.jpg

美しい市庁舎。マイバウムもあります。
s-R0003831.jpg

この季節の楽しみはシュパーゲル。お安いです。買って帰りたかったです。
s-R0004257.jpg


2日目はマイセン。磁器工場とミュージアムを目当てに行きましたが、町もなかなか美しいと思いました。
これはアルブレヒト城と大聖堂。
s-IMG_3905.jpg

趣のある石畳と石壁。
s-IMG_3941.jpg

アルブレヒト城の門。
s-IMG_3943.jpg

フラウエン教会の塔から眺めたマルクト広場。
s-R0005041.jpg


鉄道はデイチケットを買ったので、途中気になる駅で降りてみるというのを繰り返した結果、偶然これに出会えました。適当に降りた私GJ(笑)。隠れ鉄子としてはテンションマックス(笑)。これを見るためにドレスデンに戻る電車を見送ったら、次の電車は30分も後だったという結果に。でも蒸気機関車が走っていくのを見る機会はなかなかないのでよかったかな。
s-IMG_4160.jpg

レスニッツグルント鉄道です。ラーデボイルオスト駅からモーリッツブルク経由ラーデブルクを結びます。この路線上のモーリッツブルク城は実はマイセンからバスがあって、マイセンからモーリッツブルク城に行って、この鉄道で戻ってくるというおすすめルートの案内があってそれもいいなと思っていたのですがマイセンで時間をかけすぎたのであきらめました。モーリッツブルク城にも行けなかったので次の機会にということにしておきます。

実はこれ、お客さんが2組しか乗っていませんでした。この時間から乗るなんて鉄道マニアさんですよねきっと。後で時刻表を見たらこの時間からでも戻ってくることができたようです。
s-IMG_4179.jpg


3日目は、ザクセン地方のスイス。クーアオルトラーテンからバスタイ橋を目指します。
ちゃんと時刻表を見ていたのですが、駅に行ってみると10分くらい早い電車があります。乗らない人もいるのでちょっと心配しつつ乗って、案の定、降りたかった駅を2つとも通り過ぎるという残念なことが起こりました。いつもは乗る前にも車掌さんにも確認するんですけどね。詰めが甘い。ローカル路線なんでバートシャンダウ駅で40分くらい待ったかな。ここからも山歩きできるようで登山客っぽい人もたくさんいましたが、全く下調べしてなかったのと、船やバスを乗り継がないといけなかったようなので、当初の計画通り、クーアオルトラーテンに戻る電車を待ちました。間違えたのに気付いて降りた時、次の電車の行先表示がプラハになっていたのがひそかに怖かったです。さすがにそんな乗り間違えはしないでしょうけど、うっかり国境は超えたくないですし(笑)。

ちょっと遅れましたが、駅について、山歩き。実はインフォメーションで簡単なマップをもらったのに、道を間違えて駐車場方面を歩いていたというぼんやり具合です。どうもこの日は注意力散漫だったようです。

普通の山道と階段を登ること1時間弱で、この絶景です。
s-IMG_4232.jpg

こちらがバスタイ橋。
s-IMG_4255.jpg

なかなかよい眺めです。手前の人がいるエリアはバスタイ橋近くのノイラーテン岩壁城という有料エリアの橋です。
s-IMG_4285.jpg

これがその有料エリアの橋。見晴よいので2ユーロの価値はありますが、足元すかすかだしちょっと怖いです。
s-R0005466.jpg


ロッククライミングをする人もいると書いてありましたが、この黄色い丸のところわかります?
s-IMG_4293a.jpg

ズームすると本当に人が登っています。まさか本当にこんな切り立った崖を登るのかとびっくり。ここ登ったらなんかいいことあるんでしょうか???(笑)
s-IMG_4295.jpg

川沿いの町はクーアオルトラーテンの駅まわりです。
s-IMG_4318.jpg


この日もデイチケットだったので、途中のピルナ駅で降りてみました。
要塞はいまいちだったけど街並みかわいいし教会も素敵でした。残念ながら土曜の午後ということでインフォメーションなどがすでに閉まっていて散策しただけです。
s-R0005588.jpg

いい感じの建物がありました。
s-IMG_4406.jpg

シュパーゲルで遅いランチ。シュニッツェルとかハムとかを付けるのが基本でしょうけど、お芋だけ。お芋も美味しいんですよ。この日はバターソースにしてみました。
s-R0005645.jpg


4日目。電車の車窓からの光景です。青空に一面黄色の菜の花畑が美しいです。
s-R0005838.jpg

目的地はゲルリッツ。美しい駅です。
s-R0005921.jpg

古い建物が残っています。
s-IMG_4544.jpg

ポーランドとの国境です。川の向こうはポーランド。川を渡った広場に露店がたくさんでていました。ビールが400ccで2ユーロとお安くてうれしくなりました。
s-R0006017.jpg

ポーランド川から撮ったゲルリッツの、教区教会聖ペーター&パウルです。
s-IMG_4573.jpg


最終日。
ドレスデンではやっぱりこれを見ておきましょう。君主の行進のマイセン焼きタイルです。これは何度見ても素晴らしい。
s-IMG_5046.jpg


ゼンパーオーパー。ガイドツアーに参加できるかと思ったんですが、英語は午後3時だったかな、1日1回のみだったので、残念ながら行けませんでした。
s-IMG_4908.jpg

開いているとわかっていたら・・・とかなり残念だったツヴィンガー宮殿。アルテマイスター絵画館行きたかったです。ここはラファエロの絵で有名ですが、フェルメールの絵もあります。お庭も美しいです。
s-R0007145.jpg

壁にそってひっそりあった美しい噴水をぱちり。
s-IMG_5148.jpg


帰国日です。
フランクフルト経由だったんで、ひそかに楽しみにしていたLHさんの新塗装機。バス移動中にちらっとみえてあわてて写真を撮ったんですが、これ1機しか見ることができませんでした。
s-R0007314.jpg

飛行機からの光景です。小さな空港が見えるなぁ・・・、あれ?この川の形見覚えが・・・とフライトマップをチェック。やっぱりリガでした。行ったことある場所がこうやって上空から見られるというのは楽しいです。バルト3国もまた行きたいなぁと思っています。行きたい所がたくさんで大変(笑)。
s-R0007412.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 4

There are no comments yet.
R@ザモシチ.ポーランド  

>旅行の記憶と混じってしまってわけわからなくなってしまう

ですから、せめてスタートは同時っていうのが良いと思います。
私も最近そのパターンになってますが、それでも1日1食で済むことはホテルの朝食が無料で付いている時ぐらいで、なかなか難しいです。(店が無くて食べ損なうこともありますけど)
多食になる台湾では、1日2本アップしても追いつきません。

今年は年の半分は海外滞在を目指しているので、今のペースを守り切れるかどうか。
一人旅だと時間もたっぷりあるのでブログ書く暇があるのですが、家内といっしょだと空き時間が少なくて厳しくなるし・・


>私基本的にあまり信号は守らないんですが

日本人で無くて欧米人ですねぇ。私もです!
自己責任です。
アンペルフラウちゃん、見たこと無いかも?(気づいてないだけ?)

2018/05/19 (Sat) 02:26 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは。ポーランドからありがとうございます。

旅行中に書いてしまえばよいんでしょうけど、旅行中はその旅行の計画で忙しいですし、タブレットでの更新って使い勝手悪いので帰ってからまとめてということになります。機内とか空港でのことはそれこそどの旅行でのことだったかわからなくなりがちなんで少なくとも次の旅行に出る前にまとめるようにはしていますが、次の旅行までの間隔が短いとおいつかなくなります。

信号は自己責任ですが守ったほうがよいです。と、人には言っておきましょう(笑)。左右逆なのは慣れましたが、一方通行が多い国では注意する方向間違えて時々ひやっとします。アンペルフラウちゃんはアンペルマン君より少ないようです。信号ばかり見ているわけではないのでどのくらいの割合なのかはわかりませんが。

2018/05/19 (Sat) 10:48 | EDIT | REPLY |   
旅行猫  

artyさん こんにちは。
ラーデボイル.オスト駅地図で探しました。 マイセン駅からも近くで、こんな線があるのですね。 ところでやはりartyさんは隠れ鉄子ですか、さらに飛行機なども興味がおありのようで、今後の旅行記を楽しみにしています。

2018/05/21 (Mon) 08:05 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

旅行猫さん、こんにちは。

たぶん私は乗り物が全般的に好きなだけで、特に詳しいわけではありません。飛行機も車も鉄道もかわいいorかっこいいのが好きですといいつつ、観光でなければ移動手段なので速度優先です(笑)。

ラーデボイルオスト駅からのレスニッツグルント鉄道は「地球の歩き方」にも載っているのですがなんとなく不便な場所にあってわざわざ乗るものではないのかもと思っていました。さすがに単純往復するほどの「鉄子」ではないですが、蒸気機関車に乗ることはそうないので次の機会にはモーリッツブルク城にこれで行ってみたいと思います。

2018/05/22 (Tue) 01:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply