FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年4月3日~10日のイタリア旅行記です。

サンマリノの国立博物館にも行ってみました。
s-A0002000.jpg

「伝説の聖マリノにまつわる考古学的発掘品や美術的資料、サンマリノ共和国の歴史と社会システムにまつわるさまざまな資料を保管しています。さらにさまざまな文明の資料も展示しています」と書いてありました。


中で撮った写真です。
たぶんこのエリアの歴史的出土品だと思います。残念ながら説明はほとんどイタリア語だったのであまり見ていません。
紀元前2世紀ごろのブロンズ像です。小さい像たちですが、こんなの好きです。
s-A0002252.jpg

何の足跡でしょう???
s-A0002254.jpg


歩道に使われた素材たち。
s-A0002255.jpg

こちらはモザイクの素材たち。並べたい・・・(笑)。
s-A0002261.jpg


Domagnano Treasureを再構成したものだそうです。オリジナルはニュルンベルクの国立博物館、ロンドンの大英博物館、サンマリノの国立博物館、NYのメトロポリタン博物館にあるそうです。Domagnano Treasureはサンマリノで発掘された東ゴート王国の宝物されただそうです。 
s-A0002257.jpg

上のと同じタイプのものです。5世紀末から6世紀初頭のものだそうです。そんなに古いものには見えませんよね。
s-A0002259.jpg


美しい祭壇画です。17世紀のもののようですが、 Dalla Pieveと書いてあるのですが、作者さんなのか地名なのか・・・?
s-A0002264.jpg


建物に使われていた装飾たち。
s-A0002266.jpg

サンマリノの紋章のレリーフです。
s-A0002268.jpg

このレリーフもかっこいいです。
s-A0002267.jpg


これは私の好きなお道具類。19世紀のたぶん火鉢だと思います。こんなの欲しいです。
s-A0002269.jpg


リベルタ広場にある自由の女神像です。
s-A0002271a.jpg


絵のお部屋。
s-A0002273.jpg

代表してこれを、というか絵の写真がこれだけだしタイトルも撮っていなかったのであまり好きなタイプの絵がなかったんだと思います。
s-A0002272.jpg


暗くしか写りませんでしたが、濃い青が美しい小箱です。聖人っぽいレリーフがあるようですが、タイトル撮り忘れたようで何かわかりません。
s-A0002274.jpg

これも同じコーナーにあったものです。
s-A0002275.jpg

紀元前8-7世紀の壺。
s-A0002276.jpg


この辺りから他の文明の展示です。イタリア語だと地名もぴんとこないのでさらっとみただけです。
こんなフィギュアたちは好きなタイプ。
s-A0002278.jpg

スキットルのようなものかしら?とはいえ蓋がしっかりしないと持ち運びできないです。
s-A0002280.jpg

素朴なですが美しい壺たち。
s-A0002281.jpg

真ん中のはギリシャのスキュポス。黒い犬(?)がかっこいいです。
s-A0002282.jpg

いつも1個欲しいと思うオイルランプ。レリーフが美しいです。
s-A0002285a.jpg

彩色された壺たちです。
s-A0002287c.jpg

s-A0002289c.jpg


このあたりからは現代(近代?)のサンマリノの展示のようでした。
ちょっとレトロなポスターは観光用でしょうか?国旗で表された国は何を表すんでしょう???
s-A0002294.jpg


TORTAって書いてあるからお菓子の箱かな?とても美しいです。こんなのお土産にもらったら嬉しいですよね。
s-A0002295.jpg

こちらはロッカの図柄。
s-A0002296.jpg


サンマリノ共和国民オンリー。これどういうシチュエーションでしょう??
s-A0002297.jpg


この方、通路にいました。妙にかわいくて気に入ったのに、横にある説明は見なかったようです。
s-A0002301.jpg

こんな感じです。わざわざ見に行かなくてもよかったと思いますが、しっかり説明とか読めば(ほとんどイタリア語ですが)意外に楽しめるのかもです。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply