FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年4月3日~10日のイタリア旅行記です。

国立博物館を見たら、次はサンフランチェスコ教会とその絵画館です。
素朴な外観のサンフランシスコ教会。
s-A0001997.jpg

中もとっても素朴な感じ。
s-A0001998.jpg


サンフランチェスコ絵画館は、「1361年に建てられた同名の教会の中庭回廊にあります。イタリア各州の有名な美術学校から集められた15世紀から18世紀までのフレスコ画やキャンパス画のコレクションや、修道院の神父が使用したミサなどに使用する宗教的用具一式があります」だそうです。

でもって何か私が大きな見落としをしているんでなければ、とても小さいですし展示も多くないです。
そしてケースの反射や映り込みが強くいまいちきれいに撮れなかったので写真も少ないです。

これは、タイトルによると、15世紀のサンマリノさんとパドヴァのサンアントニオさんと書いてあるのですが、お一人しか写真を撮っていません。どちら様でしょう???(笑)。本を持っているのでサンアントニオさんの方かもです。
s-A0002304.jpg


この絵画館の説明の「中庭回廊」とはここのようです。
s-A0002323.jpg

展示ケースの中の美しいレース2点。
s-A0002306.jpg
s-A0002307.jpg


香炉かな?このあたり説明撮らなかったようです。
s-A0002308a.jpg

これは1枚のフレスコ画を上下で分けたものです。15世紀のサンフランチェスコ教会のものだそうです。
s-A0002309c.jpg


奥の回廊部分。このあたりは絵画が展示されています。
s-A0002320.jpg

素朴な天井。
s-A0002322.jpg


展示されていた絵を何枚か選びました。タイトルはみなかったようです。
これはどこかの教会のフレスコ画なんでしょうね。東方の三博士の来訪のシーンのようです。
s-A0002312.jpg

下の文字からするとサンアントニオさんのようです。
s-A0002314.jpg

無原罪の御宿りかな?
s-A0002315.jpg

中央は聖母子さんのようですが、左端の方はサンマリノの国をお持ちのようです。
s-A0002316.jpg

上の絵のエンジェルさん達をズーム。この手のエンジェルさん達はいつも微妙な表情で描かれていますよね。
s-A0002317.jpg

壁の燭台風ライト。
s-A0002319.jpg

木の椅子の背もたれも素敵です。
s-A0002321.jpg

とまあ、こんな感じ。ここはたぶん行かなくてもよかったと思います。

そろそろお腹がすいたので何か頂くことにしましょう。
特に下調べもしていなかったので、混みすぎでもがらがらでもなく入りやすそうなお店を選びました。
飲み物は白ワイン。
s-A0002326.jpg

メニューを撮り忘れたので何だったかわかりませんが、キノコ系のパスタ。見た目はそうでもないけどわりと美味しかったと思います。ちょっと塩分強めだったかな。
s-A0002329a.jpg

十分におなかも一杯になったので観光再開です。
坂道多いので住むのは大変なのではと思います。
s-A0002247.jpg

坂道でもこんな素敵な小路だったら歩いてみたくなります。
s-A0002183.jpg

このあたりプライベートな道なのではとドキドキしながら通りました。
s-A0002341.jpg

この階段も好きです。建物の2階の窓枠の色がよいアクセントになっています。
s-A0002248.jpg

広場に出ました。プッブリコ宮殿の一段下のエリアでGiardino dei Liburniという広場というか公園です。
s-IMG_2351.jpg

真ん丸な石のある噴水をズーム。
s-A0002334.jpg

噴水の奥の方です。
s-IMG_2353.jpg

何やらモニュメント。
s-IMG_2354.jpg

プッブリコ宮殿を見上げてぱちり。
s-IMG_2355.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply