FC2ブログ
カウンター

4 Comments
2018年4月3日~10日のイタリア旅行記です。

ウルビーノのボルゴメルカターレのバス停のそばのツーリストインフォメーションでマップを頂いて情報収集しました。エレベーターのチケットもここで購入してのぼることになります。

階段もありますが、スーツケースがありますのエレベーター利用です。ちなみにサンタオルチア門の方のバス停だったらショッピングセンターのエレベーターを使えるので無料です。

エレベーターおりて、城壁からバス停のあった駐車場を眺めたところです。
s-A0002709.jpg

いまいち自分がどこにいるか把握できていなかったんですが、右側の壁はドゥカーレ宮殿です。
s-A0002711.jpg

車が来ないアーケードを歩きます。
s-A0002716.jpg


まっすぐ歩くとレプッブリカ広場に到着しましたので、そこから予約していたホテルに向かいます。少し坂道を下って到着したホテル、以前にもちらっと書きましたが、閉まっていました(涙)。メンテナンスの問題でこの週末までクローズとの張り紙で、以下のホテルに連絡するように住所と電話番号、簡単な地図が書いてありました。

ホテルはホテルズドットコムさんで予約していましたし、もしクローズするなら前もって業者さんを通して連絡できそうな気がするのですが、なんとも不親切。下った坂道をスーツケースをひきながらのぼるのは結構きつい。ホテルはツーリストインフォメーションのそばっぽかったのですが、よくわからないのでとりあえずドゥオーモ近くのツーリストインフォメーションに行って確認しました。
s-IMG_3626.jpg

ホテルがクローズで・・・というと、あぁ・・・って感じ。お客さん少なかったからじゃない?って軽く言われてしまいました。やっぱりそうですよね。で、書いてあったホテルの位置はときくと、このインフォメーションのそばの教会のお隣だと。上の写真の建物の小道をはさんだ教会がこれです。

サンドメニコ教会 写真は逆光だったんで午後撮ったもの差し替えています。
s-IMG_2819.jpg

上の写真の教会の右隣の旗のあるドアがホテルの入り口でした。
s-A0002871.jpg


どきどきしながらホテルにはいって事情を話すと、ほっとした様子で名前などの情報しかなく連絡できなかったので心配していたと謝られました。こちらもまあ、路頭に迷わなければ問題ないです。夜遅い時刻だったらかなり不安になったとは思いますが、まあ、こういうこともあります。

お昼前の時間帯でしたが、ホテルの部屋を用意してもらえたので、荷物をおいて早速観光開始です。
ホテル&サンドメニコ教会の前はリナジメント広場。オベリスクがあります。そして観光トレインの発着所になっていたようです。
s-IMG_2646.jpg


確かこのあたりで撮ったドアなんですが、どの建物かわかりません。
s-IMG_2643.jpg



まずはホテルのお隣、上の写真にもあるサンドメニコ教会をみることにしました。
ドアの上の部分です。外壁はシンプルですがドアまわりだけ美しく装飾されています。
s-IMG_2821.jpg

像部分をズーム。
s-IMG_2880.jpg

中はこんな感じ。わりとシンプルです。
s-A0002935.jpg

祭壇ズーム。お花がきれいです。祭壇画も華やかなのではと思います。
s-IMG_2877.jpg

祭壇の向かって左側にあった模様がはいったろうそくが気になってぱちり。
s-IMG_3290.jpg

後方はこんな感じ。
s-IMG_3291.jpg

素朴な聖母子像。
s-IMG_3286.jpg

少しズーム。暖かい雰囲気が感じられて好きです。
s-IMG_3287.jpg



こちらはドゥオーモです。18世紀後半から19世紀初めにかけて作られたものだそうです。修復中で見ることはできませんでした。
s-IMG_2642.jpg

ドゥオーモの建物にはアルバーニ博物館がはいっています。後で行くつもりだったんですが、お昼休みがあって時間があわず行けませんでした。
s-IMG_2644.jpg

ドゥオーモの美しいファサードを正面からぱちり。
s-IMG_2650.jpg

斜めからぱちり。
s-IMG_2796.jpg

上の方にいらっしゃる方々をぱちり。
s-IMG_2904.jpg

s-IMG_2651.jpg


ドゥオーモに併設のアルバーニ博物館はドゥオーモにむかって右側の建物なんですが、ここはたぶんグロット―かな?未確認ですが、アルバーニ博物館と同じチケットで中にはいれるようです。タイミングあわなくて入れませんでした。
s-IMG_2648.jpg

壁のレリーフズーム。
s-IMG_2649.jpg


レプッブリカ広場方面に歩きます。何やらオブジェ。
s-IMG_2654.jpg

上の方をズーム。後ろ姿です。聖ジョージさん???
s-IMG_2655.jpg

お役所関係のようです。
s-A0002731.jpg

このフレームたくさん使われていました。こんなの大好きです。
s-IMG_2657.jpg

通路の石畳や細い手すりに歴史を感じます。
s-A0002733.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 4

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/25 (Mon) 15:30 | EDIT | REPLY |   
EkaterinaYoghurt  

ウルビーノ編、始まりましたね!楽しみにしていました!
ホテルが閉まっているなんて、なかなかない経験を乗り越えられ・・・泊まられたホテル、観光ロケーションのど真ん中!みたいな絶好の立地で素晴らしいです!!あんな観光地の真ん中みたいな建物の中にホテルが潜んでいたとは・・・全然気付きませんでした。
ここは私の大好きな町でどの写真も手に取るように分かるものばかりなので、思い出して悶絶しています(笑)さすがにどこのドアか分からないと仰っていたのが私も分かりませんでしたが・・・^^
ペーザロからのバスは、artyさんの降りられた町の下の広場、長年バスの発着はこちらだったはずなんですよね。でも私が行く時に調べたら、ショッピングセンターが出来てからは、この広場には止まらなくなったって聞いていたんです。でもこちらにも止まる便もあるのですね〜。それにペーザロのバス乗り場の件も私の時とは違うので、(しかもバスも2階建てで立派!)便によってちょっと違いそうですね。もしかしてRappid とSpeedyの違いかな?ま、追求するところでのないので、どちらでも良いのですが・・・笑
次に行く時は、artyさんの事例も頭に入れて行きたいと思います!(きっといつか再訪するって思っているんです)

2018/06/25 (Mon) 17:13 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

鍵コメHさん、こんにちは。

Hさんはイギリスでしたっけ?あれもひどい話だと思いましたが、まあ、たまにあるのかもしれません。
大手のホテルだとオーバーブッキングはあってもクローズはさすがにないですよね。停電とか断水とか設備上の問題とかでない限り。私もなるべくそういうグループのホテルから選ぼうと思っているのですが地方都市ってあまり選択肢がないんですよね。まあ、今回は予約したより便利な場所のホテルに移動だったんで文句はないです(笑)。

2018/06/25 (Mon) 22:10 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

このホテルわかりづらいですよね?ツーリストインフォメーションの方に教えてもらわなかったらこのドアがホテルの入り口だとは気づかなかったと思います。

この旅行、EkaterinaYoghurtさんのブログを参考にしたので、何から何までまねっこだったんです(後で出てきますが、レストランも同じところを利用しました)。ホテルはあまり選択肢がなかったので、もう1件とさんざん迷ったあげく、地方都市の小さなホテルってあたりはずれが激しいので、EkaterinaYoghurtさんと同じホテルなら大丈夫だと予約していました。レプッブリカ広場からスーツケースもって坂道(微妙な段差あり)を下るのは想定内でしたが、その後スーツケース持ったまま上らないといけなかったのは悲しかったです。でもこのHotel San Domenico、もとのホテルよりお高いようですし、便利だったので結果オーライかな。

私もドゥカーレ宮殿の塔にのぼりそびれたし、ドゥオーモも修復中で見られなかったので、また行けたらいいなと思っています。でも、行きたい所って次から次とでてくるのでなかなか再訪って順番が回ってこないですよね。

バス停の件は、「地球の歩き方」に、急行の毎正時発はメルカターレ広場とサンタルチアに停車、30分発はメルカターレ広場には行かないと書いてあるようです。ちゃんと読んでおけば降り間違えずにすんだはずです。っていうか普通降りる場所くらい確認しますよね。2階建てバス貸し切りで変なテンションになっていたんだと反省してます(笑)。

2018/06/25 (Mon) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply