FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年4月3日~10日のイタリア旅行記です。

ウルビーノ観光中です。
今日はサンジュゼッペ祈祷堂です。
レンガの建物が並ぶ通り沿いにひっそりとあります。看板がなければたぶん通り過ぎてしまうのではと思います。
s-IMG_2756.jpg

窓には素朴なフレーム。
s-IMG_2755.jpg

16世紀に建てられた祈祷堂がもとになっているそうで、オリジナルな状態を保存されたManger of Brandaniのチャペルと、1682-1689年に改装された大きな教会部分で成り立っていますとかっていう説明だったと思います。

こちらが、The Chapel of the Mangerです。この入り口の上にレリーフがあると書いてあるんですが、どうもレリーフ部分は見落としたようです。

これはThe Chapel of the Manger、チャペル部分の、生誕を表すシーンです。
s-A0002887.jpg

左側部分をぱちり。
s-IMG_2839.jpg

天井部分もとても複雑な美しいレリーフで覆われています。
s-A0002888.jpg

マリア様と幼児キリスト、聖ヨセフ、2頭の伝統的な動物、3人の羊飼いたちという構成です。
s-IMG_2840.jpg


チャペルの方です。何故か全体がわかるような写真は撮らなかったようです。
たぶん祭壇が印象的というか大きなサンジュゼッペさんに気をとられたのだと思います。
s-A0002898.jpg

少しだけズーム。サンジュゼッペさんは聖ヨセフさんです。こちらの方がわかりやすいかな。英語訳は大体英語名に書き換えられていますが、日本語の場合片仮名で現地の音読みになるので同じような名前の違う人がたくさんいるような気になってしまいます。といっても全部が全部英語読みに替えられるとすでに違和感あることもありますが。
s-IMG_2829.jpg

この聖ヨセフさんの大理石像は、Giuseppe Lironiさんという彫刻家によってつくられたそうです。壁部分の装飾もゴージャス。
s-A0002889.jpg

上の方のレリーフズーム。
s-IMG_2834.jpg


美しいパイプオルガン。
s-A0002890.jpg

正面からもぱちり。
s-IMG_2830.jpg


パイプオルガンの壁の下にある絵は、クレメンス11世、教皇領ウルビーノ出身の第243代ローマ教皇です。
s-A0002896.jpg


天井画も素晴らしいです。
s-A0002891.jpg

中央は聖ヨセフさんの絵だそうです。
s-IMG_2825.jpg

エンジェルさんたちもかわいいです。
s-IMG_2826.jpg

上の写真と同じ場所ですが、このシャンデリアも必見です。
s-A0002900.jpg

シャンデリアズーム。17世紀のベネチアングラスだそうです。近くから見てみたいです。
s-IMG_2824.jpg


壁の装飾もぱちり。結構大きな絵が並んでいます。
s-A0002901.jpg

ちょっと怖そうな方々。スペインだったかな?こんな方々が行列するお祭りってありませんでしたっけ?あ、あれはもっと三角っぽいお帽子だったかも。
s-A0002902.jpg


こちらはたしか小部屋になっていたと思います。
s-A0002904.jpg

聖書とかおいてある台ですか?
s-A0002905.jpg

棚の上の祭壇部分を撮っていたのですが、床の骸骨さんも気になります。
s-A0002907.jpg


チャペルではなく小部屋の方にあった絵だと思います。絵本体よりまわりのエンジェルさんたちが気になってぱちり。
s-IMG_2831.jpg

いわゆる聖母子とはちょっとイメージ違う気がします。気が強そう(笑)。
s-IMG_2833.jpg

鎧戸の模様が気になったのですが、いまいちきれいに撮れませんでした。
s-IMG_2843.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply