FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年4月3日~10日のイタリア旅行記です。

今日も、ウルビーノのドゥカーレ宮殿内にある国立マルケ美術館で撮った写真です。
このあたりは、Guest Apartments King of England Room と書いてありました。お客様用のお部屋だそうです。
ドアの上の装飾が美しいです。
s-IMG_3173.jpg

暖炉の上のエンジェルさんたちもかわいいです。
s-IMG_3174.jpg


小さなチャペルのような小部屋がありました。グイドゥバルドの礼拝堂と呼ばれる部分かな???
中央の絵はNiccolo Fragipaneさん作のMadonnna。右はちょっとしかうつっていませんがサンフランシスコさんだそうです。
s-A0003067.jpg

この小部屋、床もとても凝っていて美しいです。
s-A0003068.jpg


これはフェデリコ公の書斎だと思います。
壁の上の方です。
s-A0003071.jpg

天井も凝っています。
s-IMG_3178.jpg

素晴らしい寄木細工の壁で覆われています。
s-A0003074.jpg

鳥かごにはいったインコさん。
s-A0003076.jpg

この壁もとても凝った図柄です。
s-IMG_3180.jpg

リスさんかわいかったんでズーム。
s-IMG_3182.jpg

この動物もかわいいですが、何でしょう?
s-A0003073.jpg


これは違うお部屋です。これまた美しい寄木細工のドアです。
s-A0003077.jpg


State Rooms、 Angel's Room と書いてありました。
エンジェルさんたちで飾られらた暖炉が素敵です。
s-IMG_3187.jpg

レリーフ部分をズーム。近くでみるとエンジェルさん達の表情は微妙かも(笑)。
s-IMG_3189 (2)


State Rooms、Throne Room。バンケットホールとして利用されていたそうです。大きな絵やタペストリーで飾られています。
s-A0003082.jpg

代表してタペストリーを1枚ズーム。下に説明ありますが見なかったようです。
s-IMG_3192.jpg

壁のレリーフもズーム。羽根のある獅子。かっこいいです。
s-IMG_3194.jpg

美しい紋章。
s-IMG_3195.jpg


それはそれは素晴らしいレリーフの天井のお部屋もありました。
s-A0003092.jpg

少しズーム。この細かさ&美しさは見上げないと鑑賞できない天井にはもったいなさすぎます(笑)。
s-IMG_3208 (2)


美しいステンドグラスをぱちり。
s-IMG_3200.jpg


Madonna with Child on Throne, Saints John the Baptist, Francis, Girolamo, Sebasutian and The Buffi Family, by GIOVANNI SANTI 上にいらっしゃる神様(?)が妙に軽そうです。
s-IMG_3197.jpg

このあたりタイトル撮っていないんですが、これは中央が聖ミカエルさんです。
s-IMG_3202.jpg


これも作者をチェックしてくるのを忘れたのですが、この2枚の受胎告知。同じテーマなのに、雰囲気随分違うのが面白いです。
s-IMG_3204.jpg

猫さんいるのは珍しくないですか???
s-IMG_3217.jpg


Cristo Crocifisso tra un angelo e San Giovanni Evangelista カメラ目線なエンジェルさんが好きです。
s-IMG_3223.jpg


お庭がありました。しつこいですが、この塔に上れなかったのが本当に残念。土曜日だけですので行きたい方は気を付けてくださいね。
s-IMG_3248.jpg

未練がましくズーム(笑)。
s-IMG_3250.jpg


借景。開口部が額縁のように見えます。
s-IMG_3254.jpg


ここも祭壇っぽい小部屋です。何かチェックし忘れました。
s-A0003122.jpg

床はこんな感じです。
s-A0003119.jpg


これは1階のパティオに面した部分に合った小部屋だと思います。
s-A0003106.jpg

建物の地下も見ることができます。
s-A0003107.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply