FC2ブログ
カウンター

4 Comments
2018年4月3日~10日のイタリア旅行記です。

ドゥカーレ宮殿を見た後はランチです。
今回の旅行のウルビーノ、何もかもEkaterinaYoghurtさんのブログを参考にさせていただきましたのでもちろんレストランまねっこ第2段です。こちらは時々コメントをくださる、グルメなR923Eさん(Rさんの同じレストランのブログです、勝手にリンクしてすみません)もお薦めされていたので絶対行こうと思っていました。これを書くために改めてお二方のブログを拝見しましたけど、前菜すごい量ですね。頼まなくてよかったです(笑)。

予約とかしていないので、オープン直後に行きました。
飲み物はスパークリングワインにしたようです。
s-A0003149.jpg

これは注文したわけではありませんがでてきました。何味だったかはすでに記憶にありませんが美味しく頂きました。
s-A0003145.jpg

パンもどれも美味しかったです。
s-A0003147.jpg

お店の外でメニューを見た時はラムにしようと思っていたのですが、中のメニューにはRさんおすすめの鹿肉もあったのでこちらにしました。前菜を頼むときついというのがわかったのでこれ一皿にしました。それでもスープやパンもあるので十分でした。
s-A0003155.jpg
美味しかったですが、少しパサつき気味な気がしました。ソースが少ないせいかな?Rさんのブログのお料理の写真と微妙に違うし・・・(苦笑)。

物足りなかったらデザートをと思っていたのですが、結構お腹一杯になったのでエスプレッソを注文しました。
s-A0003157.jpg

これもくっついてきました。海外のレストランのデザートって多すぎるのでこのくらいのサイズでちょこっと甘いものを頂けるのはとてもいいと思います。満足なランチでした。
s-A0003159.jpg


ウルビーノ滞在時間も残り少なくなってきたので、お散歩再開しました。
赤いバイク。ここ民家の庭とかではなく道路です。この奥は行き止まりではなくても、階段か坂道だったので事故になる心配はないでしょうけど、なんとも邪魔っぽいところに停めてあるのが気になりました。
s-IMG_3098.jpg

できるだけまだ歩いていない道をということで南の方に向かってみました。
GoogleマップによるとSan Paoloという教会です。観光客がはいれるのかは未確認です。
s-IMG_3318.jpg


前を走っているのはツアーのバスだと思います。
s-IMG_3332.jpg

こちらの坂道をおりてみました。こんな雰囲気大好きです。
s-IMG_3335.jpg

奥に見える建物はグーグルマップによると大学関連のようです。
s-IMG_3338.jpg


城壁にでました。南北に長いウルビーノの旧市街の南側の端っこあたりです。
s-IMG_3343.jpg

結構城壁高いです。
s-IMG_3347.jpg

上の写真の城壁の角の部分まで下りてきました。歩いてきた道を見上げるとこんな感じ。
s-IMG_3348.jpg

城壁の外側です。
s-IMG_3371.jpg

ここはちょっとした展望スペースになっていて、遠くに見える山々の名前を書いた図がありました。知った名前の山はありませんでしたが、高い山は1600~1700mくらいだそうです。
s-A0003190.jpg


城壁にそって東側に歩いていきました。
梯子のようなのがついている建物が気になってぱちり。
s-IMG_3361.jpg

レンガの壁のアーチ状になっている所が好きです。
s-IMG_3363.jpg


城壁をぱちり。
s-IMG_3376.jpg


古そうな趣のある煙突が気になってぱちり。結構のっぽさんです。でもまわりは廃墟っぽいです。
s-IMG_3392_201807011707332f0.jpg


教会っぽいですが、開いていませんでした。
s-IMG_3408.jpg

この唐突に表れた電話マークは何でしょう?公衆電話とかあるマークにしては建物の上の方だし・・・今は公衆電話の需要は減っているはずですが、このマークそのものはそんなに古そうなものではないし。小さな電話局でもあるんでしょうか???(笑)。
s-IMG_3410.jpg


素敵な水道発見。お顔はこわいけどこんなの好きです。
s-IMG_3428.jpg

壁に埋め込んである金具にくっついていたお顔。これ何に使うものなんでしょう?
s-A0003210.jpg

これも素敵ですね。井戸のなごりでしょうか?
s-A0003212.jpg

特になんてないけど撮ってしまうマンホールの蓋。
s-A0003216.jpg


再び街を横切って、メルカターレ広場にあるバルボーナ門にやってきました。門の上に上ってみました。
s-A0003224.jpg

上の写真の奥側からの眺めです。
s-IMG_3445.jpg

ここからだとまわりの建物が近くみえます。
s-A0003226.jpg

屋根の上にぽこぽこあるのは煙突ですか?
s-IMG_3446.jpg

違う建物のものですが、これも煙突ですよね。
s-IMG_3443.jpg


振り返るとドゥカーレ宮殿。
s-A0003229.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 4

There are no comments yet.
R  

ご紹介ありがとうございます。
鹿肉って、ジビエだから秋から冬しか無いと思っていたのですが、春でもあったんですね。
もう終盤で、状態が悪かったのかもしれません。(冷凍肉だったのかも?)
それに、ソースが少なすぎ。
ブルーベリー系のソースでしたが、私の時はたっぷりかかっていました。
せっかく参考にしていただいたのに、期待外れになってしまって申し訳ないです。

2018/07/08 (Sun) 00:33 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは。

あ、そうですね、ジビエなんですね。魚や野菜、果物の旬と違って、お肉類の季節は全く考えていませんでした。表のメニューに鹿がなかったのはそういうわけですね。やっぱりラムにするべきだったのかもしれません。中のメニューには鹿もあったので頼んでしまいました。鹿肉をそんなに食べたことないですが、味は良かったと思います。たぶん残念なのはソースの量(笑)。路面店で中をのぞけるわけではないので情報なかったら入ってみる気にならなかったというか、レストランがあそこにあると気づかなかったと思いますのでありがたかったです。Rさんが行かれるようなレストランにはなかなか行けませんが、これからも参考にさせていただきます。

2018/07/08 (Sun) 14:47 | EDIT | REPLY |   
EkaterinaYoghurt  

またまたリンク有難うございました♪そしてまたまた同じ場所を共有出来て嬉しいです^^
パンの多さ、サービスのスープや最後のデザートまでと確かに一皿で十分!お腹いっぱいですよね。私は夜に行ったので、一皿は遠慮しましたが、行くならランチが気軽でいいですね。今度は見習います!^^
こちらのレストラン、大のお気に入りなので、貰って来た店舗カードをスマホのポケットに入れて今もずっと持ち歩いています。別に何らご利益とか有る訳ではないんですが(笑)、仕事中に辛くなったらこのカードを取り出して見てお料理の美味しかったことやウルビーノを思い出して一瞬だけの現実逃避をして、又仕事に戻っています。これは職場の周囲には内緒の話・・・笑

井戸の名残り?の写真、こちらを拝見して「どこまで入って行かれたんですか!?笑」ってクスッとしてしまいました。
これって、細い路地に逸れたら行き止まりの右手に振り返ったところですよね。「こんなところまで入り込む物好きって私くらいよね^^;」って思いながら入り込んだら、古井戸のつるべを取り付ける素敵なアイアンがあって、フフッって思いながら写真を撮ったので、artyさんの写真を拝見してビックリしました。artyさんも物好き体質ですね^^

2018/07/13 (Fri) 14:44 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

 イタリアはスペインと似ているっぽいですが、ディナーの方が重いんですよね?とっても格の高いレストランだとやっぱり一皿では悪いかなとも思いますが、観光地だし、前菜扱いのパスタでなく、メインディッシュから選んだので一皿でもいいかなと。付属品たちがなければメイン+デザートにしようと思っていたのですが、パンも美味しかったので食べ過ぎました(笑)。

 ウルビーノでは街並みを楽しむのをメインにしたので、ランチを頂いていますが、、旅行中はいつもミュージアム等を走り回っているのでお昼の時間帯にレストランに行くなんてめったにありません。大体カフェのようなところでランチとディナーの間くらいに飲み物+何かって感じのことが多くなってしまいます。食事を楽しむというのをもう少し増やしたいです。

 物好き体質・・・かもしれません。あの規模の町なので、とにかく全部の道を制覇・・・なつもりで歩いたはずです。気温も町歩きにちょうどよかったのもラッキーでした。真夏とか真冬ではなかなかそうはいきません。そういう街歩きが楽しい場所でしたよね。ウルビーノに限らず、世界中にいろいろ楽しい場所があるんだろうなと世界地図を見ながら来年の妄想を始めた私です。

2018/07/13 (Fri) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply