FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺の旅行記です。

今回の旅行、ドレスデンから、バウツェン、ゲルリッツ、マイセン、ザクセン地方のスイスあたりに行きました。グレーのラインの下はチェコ、ゲルリッツの右側はポーランドという結構端っこのエリアを観光しました。
s-dresdenmap.jpg

旅行前からこのあたりを観光しようと漠然と思っていたのですが、曜日によって観光施設の閉館日が違うのをしっかりチェックして行く日を決めるべきでした。入れ替えていたら気になっていた所は全部行けたはず。でも、まあ、このあたりはまた行く機会もありそうな気がしますので、と思うことにしましょう。


国境に近いせいか、ドイツ語のイントネーションがちょっと違うのは気づいていたのですが、英語がかなりわかりづらかったです。最近英語の勉強をしていないので自分にも問題あるんですが、駅や、ホテル、ツーリストインフォメーションでも全然聞き取れなくてどんよりしました。一言も聞き取れず英語を話してくれていると気づかない時も数回ありました。ドイツってほぼ英語が通じるし旅行しやすいと思っていましたが、旧東側はそうでもないのかもしれません。


5月3日
この日は、バウツェンに行きました。
バウツェンまではドレスデンから私鉄(trilex)で約50分ということで駅に向かいます。バウツェンとゲルリッツは同じ路線上にあるので、街並みを見るだけでよければ1日で両方行くことは可能だと思います。


駅前のスーパーのパン屋さんが通りに面してウインドーがあり調理パンなどが並んでいました。
s-R0003752.jpg

気になったのはこれ。生ハンバーガー(笑)?。ミンチがそのまま挟まっています。馬刺しは好きですし、鳥刺しなども食べますが、さすがにこれはちょっと無理かも。少し興味あったんですが、夜ならともかく朝食べる勇気はでませんでした。朝だけ売られているようで午後には売り切れていたように思います。っていうかさすがに長くはおけないんでしょうけど。まさかパニーニみたいに加熱するものではないですよね???
s-R0003753.jpg


ドレスデン中央駅です。
s-R0003756.jpg

駅前はトラムの駅があります。
s-R0003757.jpg


券売機でチケットを買いました。
s-R0003762.jpg


ドレスデンからバウツェンまで片道は14.3ユーロ。往復だと28.6ユーロです。
この路線はtrilexという私鉄ですが、DBで買えます。オンラインでも券売機でも、チケットを検索すると、バイエルンチケットのようなお得な運賃がでてきます。往復で検索して時刻を選ぶと、saving fareということでこういったのがでてきます。
s-bautzen fare

バウツェンまでの往復は左端の trilex Katzensprung-Ticket というので大丈夫。ただ平日午前9時以降に出発する場合のみ(週末は終日)。上の写真のチケットがこれです。名前を記入して使います。チケットを買う時に往復指定しても指定席があるわけではないですし、このチケットには時刻は記載されていませんのでどの電車に乗っても大丈夫です。私は、ゲルリッツに行く時は、trilex-TagesTicket 、ザクセン地方のスイスに行くときは、Sachsen-Ticketを使いました。ほぼ片道運賃で往復できるのでお得です。

13番ホームのゲルリッツ行きに乗ります。
s-R0003758.jpg

trilexの車両です。DBと違っていかにも私鉄な明るい色合い。
s-R0003760.jpg

車窓からの眺めです。これは途中の駅のホームです。おしゃれな待合室がありました。
s-R0003769.jpg

これはRadeberg駅の古い建物のようです。
s-R0003770.jpg

遠くに見えるのは菜の花畑かな?
s-R0003771.jpg

造りかけの陸橋ではなくて、作業用の構造ですか?
s-R0003776.jpg

緑が一杯だし建物大きいし優雅です。
s-R0003779.jpg

バウツェン到着直前に広い菜の花畑の横を通過しました。往路では逆側に座っていたので写真が撮れなかったので、これは復路で撮った写真です。
s-R0004239.jpg

s-R0004240.jpg

s-R0004244.jpg


バウツェン駅に到着しました。工事中です。
s-R0003783.jpg

駅舎もぱちり。
s-R0003785.jpg


旧市街方面に向かいます。
s-R0003790a.jpg

バーンホフストラッセ。このあたりはドイツ語だけでなく2か国語表記でした。ポーランドが近いのでポーランド語?とか思ってチェックしてみると、このあたりはソルブ人というスラブ系の民族も居住しており駅名の併記がソルブ語のBudyšinなので、ソルブ語なんだと思います。ソルブ人って初めて聞きました。
s-R0003791.jpg


旧東ドイツで楽しいのはアンペルマン君。赤でも青でも信号の前で立ち止まってしまいます(笑)。
s-IMG_3640.jpg

写真では色がわかりづらいですが、ここでは珍しいオレンジ色も発見。日本の黄色信号とか点滅信号と同じだと思います。これ、点灯時間が短めなので撮るのに苦労しました。
s-IMG_3637.jpg


アンペルマン君たちズーム。
s-IMG_3637 (2c)

これはドレスデンで撮ったものですが、アンペルフラウちゃん。そうそう、カメラを替えてからこの手の写真を撮るのがとても楽になりました。過去のいろんな国のぶれぶれ写真を撮り直すべく再訪したいところだらけになっています(笑)。
s-s-IMG_4469 (2)c


通り沿いには立派な建物たちがならんでいます。お役所関係のようです。
s-R0003792.jpg

上の建物を正面からぱちり。
s-R0003793.jpg

ぴっかぴかの紋章です。
s-R0003794.jpg

こちらはソルブ人関係の建物のようです。
s-R0003795.jpg


1階にカフェがある建物をぱちり。
s-R0003796.jpg

いい感じっぽいカフェです。帰りにのぞいてみようとか思っていたのですが、この道を通らなかったのですっかり忘れていました。
s-R0003798.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply