FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺、ザクセン地方の旅行記です。

今日までマイセンのアルブレヒト城で撮った写真です。
これまでお見せした部屋に比べるとちょっと地味ですが、柱の形や天井の模様などとても美しい部屋です。
s-R0004575.jpg

天井ズーム。
s-R0004577.jpg


シンプルですが美しい扉です。
s-R0004579.jpg

取っ手の部分をズーム。こんなの大好きなのでつい見とれてしまいます。
s-R0004580.jpg


ここには白い磁器の像などが飾られていましたが、ガラスの反射があるのできれいに撮れませんでした。2つだけアップ。
s-R0004582.jpg

s-R0004583.jpg


とっても素敵なドア。この手の建物にしてはかわいらしい色合いです。
s-R0004588.jpg

ズーム。
s-R0004590.jpg


The ladies' Chamber or The Room with the Wondrous Echo エコールームとしても知られていて、特別な音響の部屋だそうです。
s-R0004595.jpg

牢獄だったり保管庫だったりもしたようです。
何故にこのようなマークがあるのかよくわからなかったのですが、上の写真のように椅子があってヘッドフォンで音声を聞けるようになっていたようです。その機械がペースメーカーに良くないのかもしれません。
s-R0004593.jpg

壁の上のほうには想像画。
s-R0004602.jpg

肖像画を一部ズーム。ザクセンのプリンセスたちだそうです。
s-R0004597c (2)

ここのストーブもシックで素敵。
s-R0004596.jpg

ドアのまわりもこんな感じ。これ、描くの大変ですよね?
s-R0004605.jpg


お隣の部屋は壁に紋章ついてます。
s-R0004606.jpg

天井の形がかっこいいです。
s-R0004607.jpg

天井の絵も素敵。このくらいシンプルな方が好感度高いかも。
s-R0004608.jpg

壁画は何のシーンでしょう???お子様にお食事・・・ではなくお薬か何かを無理やり飲ませようとしている雰囲気。
s-R0004612.jpg


ザクセンのアルバート王の肖像がついたマイセン磁器の花瓶だそうです。
s-R0004613.jpg

これも写り込みが激しく全体像を撮れなかったのですが、上の写真の下部です。繊細なお花達が美しいです。
s-R0004619a.jpg


素朴な木のドア。
s-R0004623.jpg


紋章のホールというような説明がありました。
s-R0004624.jpg

天井の中央に紋章が並んでいます。
s-R0004631.jpg

紋章部分をズーム。
s-IMG_3979.jpg

壁にはこのような方々がいらっしゃいました。それぞれ紋章をお持ちです。
s-IMG_3981c.jpg


マントルピースかな???
s-R0004626.jpg

優雅な椅子に優雅なオットマンですが、優雅な方が座って足を投げ出す図というのはあまり優雅ではなさそう(笑)。
s-R0004629.jpg


ゴージャスな紋章の旗。
Banner with the Wettin Coat of Arms, "Saxon House Glag" 1900年頃のものだそうです。
s-R0004659.jpg


こんな天井の模様も好きです。
s-R0004662.jpg

螺旋階段の一番上です。優雅です。
s-R0004665.jpg

アルブレヒト城、面倒で説明をよく読んでいませんので、歴史的な背景などわからずただ見ただけですが、見るだけでも十分に楽しかったです。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply