FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺、ザクセン地方の旅行記です。

マイセン磁器工場の博物館に行きました。
マイセンの旗が立っています。
s-R0004869.jpg

入り口はこちらです。
s-R0004870.jpg


私はアルブレヒト城との共通チケットを購入していましたので、製作過程を見学できるツアーの予約を行いました。
博物館の中はツアーの前後で自由にみることができます。

博物館で撮った写真です。
欧州では本物の宮殿がたくさんあるので宮殿風という表現はちょっと違うかもですが、明るくて美しいです。
s-R0004716.jpg

まずは階段を上って上のフロアに行ってみました。
陶製のパイプオルガンです。どんな音がするんでしょう?って思ったらCDが売られているようです。扉の陶板も素晴らしいです。ちょっと和風なイメージ??
s-R0004717.jpg


フロア中央のモニュメント。説明見なかった気がします。
s-R0004723.jpg

優雅な方をお一人だけズーム。
s-R0004724.jpg


とても大きな花瓶です。この優しい色合いと美しい花々、エンジェルさんたちもキュートです。
s-R0004728.jpg


これまたゴージャス。蓋付容器のようですが花瓶ではないんでしょうか?まあ、花瓶だとお花の方が負けると思います。
s-R0004740.jpg

ピンボケですが、黄色い小鳥さんかわいかったんでズーム。
s-R0004741.jpg

お花もズーム。
s-R0004742.jpg


これはフルーツ籠のような容器の飾り部分。
s-R0004744.jpg


陶製の小像もたくさんありました。このファンタジーな雰囲気が好きです。
s-R0004764.jpg


蛾のような蝶(?)と昆虫というだけでもいまいち好みでないのに、注ぎ口の下にお顔があるというなんともいえないポット。これは好きでないタイプ。
s-R0004769.jpg


こうやってみるとよくわからないですが、ここは壁一面に飾られています。
s-R0004774.jpg

遠近感全くない上の写真にうつっているシャンデリアです。これがまたとても美しくて気に入りました。
s-IMG_3998.jpg

真ん中あたりを少しズーム。
s-IMG_3999.jpg


上の飾り棚にあった燭台です。
s-IMG_4006.jpg

このくらい凝っていれば時計機能はどうでもよいのではと思います(笑)。
s-R0004776.jpg


これもかわいいですね。文字盤がはいるのかそれとも聖遺物のように小物がはいるのかはわかりません。
s-R0004778.jpg


ちょっと不安定な宇宙人のような形の時計です。文字盤もなんてないですがかわいいと思います。
s-R0004780.jpg


鳥モチーフ好きです。カップにも鳥シリーズがあった気がします。
s-R0004781.jpg


どの時代の兵隊(?)さんでしょう?
s-R0004785.jpg

何やら作業している図。これもよくみるととても細かいです。
s-R0004796.jpg


とても繊細で美しいですが、実用的とはいいがたいポット。
s-R0004809.jpg

これもかわいいですね。このくらいならキャンディとかいれたいです。ん?ボックスですよね?ただのオブジェではないですよね???
s-R0004810.jpg


これは・・・なんていうか退廃的なムード(笑)。
s-R0004814.jpg

ちょっとズーム。デザイン的には???ですが、陶製とは思えない細かいつくりです。
s-R0004816.jpg


このあたりはわりと大きな動物たち。リアルなんで私的にはいまいち。
s-R0004831.jpg


この燭台は好きなタイプ
s-R0004840.jpg

上の方をズーム。この色合いが好きです。
s-R0004841.jpg


これも等身大というかとても大きな方です。このサイズでこのドレス、大変だっただろうと思います。
s-R0004859.jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
しんちゃん  
No title

いつも御ブログ拝見しています。焼物が好きでマイセン、ドレスデンには一度は訪れたいと思っているのですが、中々機会が有りません。
お陰様で堪能させていただいています。私的には写真の様な正にヨーロッパ的な豪華絢爛な置物の焼物よりはどちらかと言うとシンプルで実用的なお皿などが好みで、柿右衛門風のお皿とかマイセンブルーを見てみたいと思っています。間違っているかもしれませんが、日本の焼物は庶民の生活器から初まり、実用性を極めた結果の美しさ、反面、ヨーロッパの焼物は元々、王侯貴族仕様の装飾性から発達した様な感じがします。第2弾も楽しみにしています。

2018/08/03 (Fri) 09:48 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: No title

しんちゃんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

焼き物というか、磁器がお好きでしたら、マイセンもドレスデンもおすすめです。当時は王侯貴族にとって中国の磁器は財力と権力の象徴で、それを自前で作ろうという執念の賜物ですので華やかで豪華絢爛なものになっているんだと思います(笑)。

欧州に行くと博物館の陶磁器コーナーや、陶磁器博物館、製陶会社の博物館は足を運ぶようにしているのですが、中国の素晴らしい陶磁器の中に、有田や伊万里、薩摩が展示されているのをみると嬉しくなります。柿右衛門はもちろん、大倉陶園など現代の日本の磁器製品の美しさも負けてないとひそかに思っている私です。

実はこの時ブルーオニオンの歴史みたいな展示があったんですが写真がきれいに撮れていませんでした。私も実用的で美しい焼き物たち大好きです。食器の場合はあまり鮮やかすぎたり華やかすぎない方が良いですよね。私の写真でなく現地で楽しむ機会をお持ちになれますように。

2018/08/03 (Fri) 19:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply