FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺、ザクセン地方の旅行記です。

今日も昨日に引き続き、マイセン磁器工場の博物館で撮った写真です。
素敵な羽がついているのに、しもぶくれでアジアっぽいお顔つき、髪も薄そう(笑)、お洋服の模様がパジャマに見えていまいちかわいくないエンジェルさん(?)です。
s-R0004736.jpg

鮮やかな色の容器たち、こんなの好きです
s-R0004738.jpg

上の段は薬局用かな?下の段の円錐のが欲しいです。漉す時にザルでは金気が気になることがあるんです。こんなのが売られていたら危険だったかも(笑)。
s-R0004749c.jpg


こういうのもおしゃれですが、陶製の洗面台だとちょっと気を使うと思います。下の段のは湯たんぽかな?
s-R0004750c.jpg


形にしても絵付けにしても焼成という過程を見越しての作業は大変な技術が必要だと思います。
s-R0004758.jpg

上の像とは大きさもイメージも全然違いますが、これはこれで妙にかわいくて好きです。
s-R0004767.jpg


テーブルウエアたち。
s-R0004768.jpg

この素朴なティーポット、ぽってりした形がとっても好み。こんなの探しているんですがなかなかありません。
s-R0004771.jpg


モダンなポットも美しいです。持ち手が大きくて使いやすそう。
s-R0004772.jpg


これまた今どきなデザインですが、とてもキュートです。
s-R0004782c.jpg


いわゆるブルーオニオンもたくさん展示されていました。
s-R0004792.jpg

たぶん中国の磁器を模したものだと思います。
s-R0004797.jpg


これもアジア風です。っていうか日本っぽい。
s-R0004802.jpg


パッチワーク風の大きな花瓶は、マイセンの図案の歴史を29人の絵師たちがを描いたそうです。
s-R0004818.jpg


このあたりは現代の作品たちです。
かわいらしいピンクはマイセンっぽくない気もしますがとても美しいです。
s-R0004825.jpg

この形と図柄、好みのタイプ。
s-R0004826.jpg

これは珍しいタイプな気がします。普段使いにはこのくらいのシンプルさがいいかも。
s-R0004827.jpg


何の鳥でしょう?寄り添った感じがかわいいです。
s-R0004830.jpg

体型に親近感があるペンギンは大好きなので、こんなのも欲しいなぁって思います。
s-R0004833.jpg


飼いリス?鎖つけられたらとってもかわいそうです。
s-R0004835.jpg


何を運ぶ方々でしょう?
s-R0004837c.jpg

右手に持っているのがのこぎりに見えてしまいます(笑)。
s-R0004843.jpg


微妙なかわいさの鳥たち。
s-R0004851cc.jpg


この2個は欲しいパターンだったので大きなサイズの写真にしました。ではなくて切り貼りしようとして正方形にしてそのままアップしたようです。正方形にトリミングした意味がなかったですね。でもこれかわいいでしょう???
s-R0004852.jpg

s-R0004853.jpg


一見美しいんだけど、絶対だめなのがこの持ち手。絵柄とこの持ち手、なんかあわないと思いませんか?
s-R0004854.jpg


これも素敵ですが、レーシーな縁でない方が好きかもです。
s-R0004855.jpg

優しいスズラン模様。こんなのもショップにあったら危険なタイプです。
s-R0004857.jpg

以上、膨大な展示から気になったものを2日にわたってアップしました。

途中、製作過程を見学するツアーに参加しました。
工房そのものを見るのではなくて小ホールみたいなところで、作業を見せてもらえます。
これは絵付けです。
s-R0004791.jpg


見終わってカフェで一休み。
珍しく泡の出る飲み物、ゼクト。
s-R0004863.jpg

ザクセンスタイルのマリネしたビーフとクヌーデルと書いてあったもの。ホワイトバランスがいまいちで美味しそうに見えません。と書いたら美味しかったと続けないといけないんでしょうけど、特に美味しくはなかったかも(笑)。まあ、普通でした。残念。
s-R0004865.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply