FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺,、ザクセン地方の旅行記です。

ラーデボイルオスト駅で蒸気機関車を見送って安心してドレスデンに戻る電車に乗りました。
車窓からの光景です。
建物の壁の絵、落書きにしてはクオリティ高いです。あ、これはお店の広告かもです。
s-R0005159.jpg

この落書きは何の模様でしょう?屋根に近い所にも落書きがあります。
s-R0005162.jpg

駅のホームの階段。これって・・・やっぱり落書きですよね???
s-R0005165.jpg


すごいのがこの建物。
s-IMG_4197.jpg

上の建物です。これだけの面積をうめるのって大変ですよね。っていうか足場がいると思うんですが。
s-R0005170.jpg

レンガ造りの建物はアートとかカルチャーとかっていう施設のようです。
s-R0005190.jpg


調度夕日が差し込む時期にドレスデン中央駅に到着したのでしばし眺めました。
s-IMG_4206.jpg

電車もセピア色っぽくみえていい感じ。
s-IMG_4204.jpg


いまいち食欲なかったので夜はミニトマト。
s-R0005203.jpg

ドイツのパンは好きなタイプが多いです。スーパーで買ってもあまりはずれません。
s-R0005205.jpg



5月5日
朝食のヨーグルト。パッションフルーツ味です。
s-R0005208.jpg


この日はお天気が良かったので、「ザクセン地方のスイス」と呼ばれるエリアに行くことにしました。
バスタイ橋とケーニヒシュタイン城塞の2か所に行けたらいいなと思いつつ、まずはバスタイ橋を目指すことにしました。

バスタイ橋の最寄りの駅はSバーンのクーアオルトラーテンです。
2か所に行くかもということで、チケットはVVO regionのデイチケット13.5ユーロを購入しました。

ドレスデンからは30分に1本くらいです。ホームで電車を待っていた所、同じ方面に向かうと思われる、Bad Schandauと書いてある電車がやってきました。数分早いようですがどうも臨時列車なのかな?ちょっと迷ったのですが、早く到着するならと乗ることにしました。実はこれは大失敗。

車窓からの光景です。
小高い丘にお城のような建物があるのが気になりました。
s-R0005221.jpg

のどかな光景です。
s-R0005227.jpg

ここでも城壁のようなのが見えました。
s-R0005231.jpg

かわいい教会が見えます。そろそろ到着するはず・・・(ではなくて、実はすでに通過しています)
s-R0005237.jpg

ケーニヒシュタイン・・・、あれ?乗り過ごしてる???クーアオルトラーテン駅には停まらなかったよね???と、やっと気づきました。あせって立ち上がりましたが、無情にもここも通過(涙)。
s-R0005239.jpg

私だけでなくたぶん数人動揺している人がいましたので乗り間違えたんだと思います。どこまで行ってしまうのかかなり心配だったんですが、バートシャンダウの文字を見て乗ったのでそこで停まるはず。

バートシャンダウ駅に到着して一安心。このホームの次の電車の行先表示がプラハでしたのでちゃんと停まってよかったです。知らずに国境超えてしまったらさすがにあせります。
s-R0005241.jpg

どうでもよいけど貨物列車をぱちり。
s-R0005244.jpg

ホームにいた駅の係員に乗り間違ったことを告げてクーアオルトラーテンに戻るにはと聞いたら、次の電車は9時45分だと言われました。約45分後。まあ、時間はあるからいいんですけどね。デイチケットがこの駅でも有効なことを確認して一安心。

駅舎です。中にインフォメーションがあります。
s-R0005242.jpg

バスとか船とかで早く戻れないか、もしくはこのあたりで散策するところはないかと思ったのですが、たぶんここから船やバスで移動してのハイキングコースになるようですので、素直に電車で戻ることにしました。

道路わきのはバス停かな。川の方に人が歩いていくのでちょうど船が来る頃なのかもしれません。
s-R0005245.jpg


S1のマイセン行です。
s-R0005247a.jpg

無事乗車して車窓からの眺めです。このあたりは船という移動手段もあるんですが、見晴はよくても短気な私にはどうもかったるくて(笑)乗る気にはなれません。
s-R0005250.jpg

なんてない煙突が気になって撮ったんでしょうけど、建物のゆるキャラみたいなのも気になります。
s-R0005254.jpg


丘の上に見えるのはケーニヒシュタイン城塞のはずです。
s-R0005259.jpg

ケーニヒシュタイン駅の前の船乗り場です。
s-R0005264.jpg

対岸の建物って何でしょう?民家にしてはとても大きいです。貴族の別荘だったとかっていう類かな??
s-R0005266.jpg

川は大きくカーブしています。
s-R0005270.jpg

やっと当初の目的のクーアオルトラーテン駅に到着しました。電車を間違えたせいで1時間近くロスしたはずですが、そのくらいですんだのでOKでしょう。
s-R0005279.jpg

とても小さな駅です。
s-R0005280.jpg

美しい岩肌が見えます。目的地はあの岩の上あたりです。
s-R0005278.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
R  

artyさんって、短気だったんですか?
信じられないです!

で、バスタイ橋ですけど、URLに登録した私の記事の最後にピルナ[Pirna]駅からバスで行けるって書いておいたんですけど、あの岩山を麓から登ったんですよね?
明日の記事で出てくると思いますが、お疲れさまでした。
バートシャンダウ[Bad Schandau]駅からも253系統のバスで直接行けたようです。

ケーニヒシュタイン城塞は、対岸なのでレンタカーで向かうにはすご~く面倒で、天気もそれほど良くなかったのであきらめました。
ドイツだけではありませんけど、欧州の川って大した川幅が無い場所でも橋が少なすぎて、対岸に行くのは大変です。

2018/08/11 (Sat) 00:38 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは。

多分気は短いと思いますが、気分屋でもあるので、時間が気にならないこともありますので自分でもよくわかりません。待ち合わせで待たされると機嫌悪くなります。もちろん人様をお待たせするのも嫌ですが。

Rさんもバスタイ橋に行かれたんですね。最近の旅行ではなるべく自然の中を歩くことも取り入れようとしているので、バス路線があるとの情報はありましたが、歩くことを優先しました。1時間くらい歩いたのに、駐車場に出た時は、知っていたのに軽くショックでした(笑)。でも途中の光景もなかなか良かったです。ピルナは帰りになんとなく降りて散策してみました。美しい街ですよね。

2018/08/11 (Sat) 04:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply