FC2ブログ
カウンター

2 Comments
ドイツ旅行記の途中ですが、先日行ってきたウクライナ旅行記で加算されたマイルと写真の一部をお見せしましょう。やっぱり記憶が新鮮なうちの方が写真を見るのも楽しいですね。ドイツ旅行の写真の整理が追い付かなくてそろそろ更新が途絶えてしまいそうな気がしているんですが、つい現実逃避してしまっています。

今回のウクライナ旅行は、前回のイギリス旅行のバーミンガム発福岡行、福岡発キエフ行の復路部分と、キエフ発福岡行、福岡発ダブリン行の往路分、どちらも全日空さんのHPで購入したチケットです。

往路は、福岡発、羽田、ミュンヘン経由キエフ、国際線部分はどちらもLHさんです。
復路は、キエフ発、ミュンヘン経由羽田、福岡。ミュンヘン―羽田間はNHさんです。

UAさんのマイレージアクティビティのレイアウトが変わりました。
2018-08MPactivity.jpg

これはこれでわかりやすくていいのですが、獲得マイルの内訳(基本マイル+ボーナスマイル)が、このように(↓)縦長表示にしかできません。これ、だいぶ縮めていますが、6フライト分だと1枚にならないんですよね。面倒なんでこちらはパス。って、あと半分だせばすむのに(笑)。
2018-08 MP-1


PQMが、13328
獲得マイルは、19984

往路はQクラス、復路はVクラスです。辺鄙な所(笑)だったのでチケットお高めだと思っていましたが、予約クラスも少し上だったようで、獲得マイル数が多いです。以前は単純に飛行距離だったのに、こうやって(米系の金額制ほど直接的でなくても)支払った金額と比例してしまうのは、お安いチケットを探してマイルを貯める楽しみが減りましたよね。


2018-08 MPaccount

現在のマイル残高、213,348
PQMは 87,377

来年のステイタス維持まであと、12623マイルです。
今回の感じで加算されると次回の旅行でクリアできますが、次はLHさんで往復とはいえ予約クラスが低いので微妙です。来年分購入済みのUAさんのメキシコのチケットはUGできないクラスですので、GPUのアップグレード券は使えないので、ステイタス維持が早く確定してもあまりメリットありません。来年は秋くらいにアメリカ方面をいれようかという気もしていますが、チケット高いんで躊躇すると思います。


マイルのことをだらだら書いても仕方ないので、ウクライナで撮った写真をお見せしましょう。
実は、行く前までは、とっても心配だったんです。ロシアとの関係も悪そうだし、キリル文字だし、英語通じなさそうだし。でも、行ってみたら、英語は確かに通じないし、いわゆる観光大国ではないので、外国人にはちょっとわかりづらい部分もあるんですが、人々がなんとも親切で、食事もわりと美味しいし、何より、物価がとてもお安い。為替が不安定なんでしょうけど、バスや地下鉄は数十円、レストランでビール&食事で1000円くらい。スーパーとかでも桁数を高く読み違えてしまうほど。リトアニアやブルガリア、ポーランドなども物価が安かったですが、ウクライナも負けていません。この物価が続くうちにまた行きたいと思ってしまっています。

今回、キエフに5泊して、丸4日間観光できました。

1日目はキエフの中心部のきらびやかな教会達を見て回りました。

明るく華やかな黄色の建物は、ウラジーミル聖堂です。
s-B0012042.jpg


この美しい鐘楼はソフィア大聖堂の入り口になります。上からの眺めもよいですよ。
s-B0012071.jpg


聖ミハイルの黄金ドーム修道院です。やはり鐘楼が入り口になっています。
s-IMG_6886.jpg

聖ミハイル聖堂です。
s-IMG_6889.jpg

同じ建物なんですが、光の当たり方で色が違います。どこに行ってもバラがきれいに咲いていたので一緒に撮ろうと頑張ったのですが残念な結果になった写真です。
s-B0012215.jpg


アンドレイ教会。これもとても美しい教会なんですが、残念ながら修復中で中に入ることはできませんでした。小高い丘の上にあるので ここからの眺めもとてもよかったです。
s-IMG_6992.jpg



2日目は、中心部から4~5キロ離れているペチェールスカ大修道院に行きました。とても広いです。カタコンベとかは好きでないのでパスしたんですが、それでも一回りしたら夕方までかかりました。
s-B0012560.jpg

鐘楼から見たウスペンスキー大聖堂です。
s-B0012602.jpg

聖三位一体教会。この壁も素敵ですが、中が素晴らしかったです。
s-B0012888.jpg

ここでも美しいバラをたくさん見ました。
s-B0012827.jpg


3日目。欧州の北の方によくある歴史的建築物を集めた野外博物館、「民族建築と生活博物館」。鉄道駅からバスで50分くらいの距離にあります。ここも一回りするだけでほぼ1日かかりました。歩きすぎてものすごく大きな靴擦れができてつらかったです。

入り口入った所です。左側はひまわり、右側はトウモロコシです。ひまわりは背が低めでうつむき加減でしたが、テンションあがりました。
s-IMG_7296.jpg

それはそれは広い敷地に、地域別時代別に建物があるんですが、説明がわかりづらくてなんとなく建物を見て回っただけです。それでもかわいらしい建物が一杯で中にはいることができるのもあって楽しかったです。

木像の教会がいくつかありました。上に写真がある華やかなのもよいですが、このような素朴な教会もとても美しいと思いました。
s-B0013306.jpg

こんな建物が点在しています。
s-B0013321.jpg

上の建物の中ではありませんが、こういうコンパクトな暮らしっていいなと思います。
s-B0013418.jpg

これがたぶん木像教会の中でも一番古いとかって書いてあった気がします。
s-B0013357.jpg

ぴっかぴかの玉葱でなくてもこのタイプの屋根の形はかわいいです。
s-IMG_7196.jpg

風車もありました。
s-IMG_7230.jpg


4日目。この日は乗り物デイ。
Googleマップを眺めていてみつけた航空博物館。キエフ近郊の旧空港、キエフ・ジュリャーヌィ国際空港のお隣にあります。ちなみに国立航空大学にも併設の航空博物館があるようですが、そちらに行く勇気はありませんでした。

ウクライナ航空国立博物館。ヘリコプターや飛行機たちが無造作に置いてあります。ラトビアのリガ航空博物館ほどではありませんが、いい勝負な「古い飛行機置き場」でした(笑)。
s-B0013751.jpg

微妙な模様のものもありました。
s-B0013836.jpg

戦闘機もありましたが、やっぱり旅客機が好きです。
s-B0013876.jpg

お顔が書いてあるのもよく見ますよね。
s-B0013895.jpg

アエロフロートはまだ乗ったことありません。
s-B0013927.jpg

尻尾たち。星マークは旧ソ連のものかな。
s-IMG_7404.jpg


本数は多くないですが、お隣の空港の滑走路に着陸した飛行機がUターンするところを見ることができます。
s-IMG_7427.jpg



飛行機を見たら、次はやっぱり鉄道です。
これもGoogleマップで、鉄道のヴォグザーリナ駅に鉄道輸送博物館というのを見つけたので行ってみました。
実は鉄道駅の上の通路からこんな感じで見ることができます。
s-s-IMG_7524.jpg

その奥には車両置き場がありますが、このあたりに行けるわけではありません。
s-IMG_7521.jpg

実は鉄道輸送博物館というのは名ばかりで、ホームに古い車両が数点並べられているだけです。入り口がわからずうろうろしてしまったんですが、14番ホームへの階段を右側に下りた所にあります。英語名は、「THE HISTORICAL LOCOMOTIVES AND CARS EXHIBITION」で、ミュージアムというほどのものではないと思います。
s-B0014172.jpg

いわゆる蒸気機関車は全部で3台あったかな。あとは、客車の中を見ることができました。
s-IMG_7488.jpg


観光はこのくらいでした。
見たかったものでいくつか見逃したのもありますし、キエフ以外のところにも行ってみたいのでそのうち再訪したいと思います。

最後に食べたものたち。
ボルシチはウクライナがオリジナルだとか。ビーツがはいったシチューって感じでしたが優しいお味でした。
s-B0012317.jpg

もちろんキエフカツも試してみました。中にバターが入っている意味がわからない(切ると流れ出るし)のですが(笑)、衣がさっくさくのチキンカツで美味しかったです。
s-B0013987.jpg


お安いチェーン店のセルフサービスのお店は手軽で便利でお野菜とれるので行ってみましたけど、これが気に入りました。チェリーソースいりの水餃子(笑)。以前リトアニアだったかな、フルーツがはいったのはいまいちだったんですが、これ、チェリーの甘酸っぱさと、クリームと粉砂糖があってとっても好みでした。食事かデザートかって言われるとデザート系でしょうけど。
s-B0014252.jpg


帰国日のランチ、時間がないしランチには微妙に早めで迷ったあげく、ジョージア料理のお店に入ってみました。
出てきたパンとサルサのセット。ウクライナのパンはいまいちなのが多かったのですが、このフォカッチャのようなパンはとても美味しかったです。
s-B0014351.jpg

ここは写真入りのメニューがあったので、小籠包のお父さんみたいなのが気になって頼んでみました。電球かニンニクサイズの大きな小籠包です。つるつるもちもちした皮で、ラムとポークとチーズの3種類。お肉のは本当に小籠包のようにたぷたぷスープがはいっていました。スプーンはないしスープをこぼさず食べる方法があったのかが心残りです(笑)。
s-B0014356.jpg
美味しかったのでジョージア行ってみたくなりました。ここではビールを飲みましたが、ジョージアのワインも美味しいと聞いたことがある気もしますし。キリル文字はなんとなく判読できますが、ジョージアの文字ってかわいい系で見当つかないタイプなんでさらにハードル高そうですが、行ってみたい場所リストに加えておくことにしましょう。

行くまでは心配だったウクライナ、ロシア同様全く不愉快な目にあわず楽しい旅行ができました。今なら物価もお安いしきっらきらの教会を見るのが好きだったらおすすめです。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
EkaterinaYoghurt  

こんにちは^^

ウクライナ、素敵ですね!魅力的な木造の教会はウクライナにもあるのですね〜。味があって日本人にとって木造建築はやはり馴染みがあるせいかなんだか落ち着くというか好きです。田舎の民家も素朴なのに豊かな感じがして惹かれます。
ジョージア、興味ありますよね!私も行ってみたいところなのですが、結構アジア人差別を感じる場所だと聞いたことがあって・・・それって何だか怖い気がして・・・artyさん、是非行ってみてください。お願いします!(すみません^^;)
お隣のアルメニアにはご興味ないですか?私の場合、ヨーロッパは大体雰囲気掴んだと思うので、次はシルクロードを辿る的な・・・その初歩がトルコだったのです。2回行ってまあまあ雰囲気分かったので、次は中央アジア、まずはお隣のアルメニアやジョージアって思うのですが、きっと今の生活の延長上では行けないのだろうな〜と思うんです〜。
ということで、中央アジアはartyさんのレポートで夢を見させてください!(ときっとご興味お持ちのはずって思って勝手に押し付けてみる・・・度々すみません^^;)
ウクライナレポート楽しみにしています!^^

2018/08/17 (Fri) 22:04 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

きらっきらの教会達もよいですが、木造の教会たちとても良かったです。東欧の古い教会はこんな感じだったようですが、街中に現役で残っているのは少ないのではと思います。だからこそこの手のミュージアムで見ることができるのに感謝しないとですね。

シルクロードというとらえ方はしていなかったですが、アルメニアってトルコからみるとアララト山の向こうですよね。歴史的に興味はありますが、私が行きたいシリア、イランあたりを含めて勇気がでないあたりです。行ってみたいですけど、一人旅だと、どうなんでしょう?

ジョージアってアジア人差別があるんですか?欧米ではアジア人を好きでなくても差別を表に出さないでいてくれる人が多いので割り切っていますが、文字が読めない国だと現地の人に頼らざるをえないので差別されるとつらいかもです。でも実は、サンクトペテルブルクやキエフで感じた、言葉は通じてなくてもみなさんとっても親切というのが旧ソ連なのかもと密かに期待して行ってみる気になっています。

ジョージアが大丈夫そうだったらアルメニアも考えます。あ、でもアルメニアの前にウズベキスタンかな。来年の旅行、地中海の島々に中央アジアよりの国々も加えたいと思います。写真の撮り直し旅行で貴重な時間をつぶしている場合ではない、いやそれも大事とか葛藤中です(笑)。

2018/08/18 (Sat) 01:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply