FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺,、ザクセン地方の旅行記です。

ゲルリッツ観光中です。
18世紀の商人の館、バロックハウスというミュージアムにはいってみることにしました。
Baroque House - Museum of Local History & Science
s-R0006527.jpg

建物を斜めからぱちり。ドアまわりがとても美しいです。
s-R0006104.jpg

ゲルリッツではミュージアムは特にいいかなぁ・・・と思っていたのですが、美しい窓のフレームに張り出された歴史的図書館の小さなプリントを見てはいるのを決めました。
s-R0006105.jpg


門をくぐって左手にチケット売り場、パティオの奥に図書室などのお部屋部分、手前右側の上のフロアにも展示室があります。
s-R0006154.jpg

まずは奥側からと言われました。
バロックハウスと呼ばれるだけあってって優雅な内装です。
s-R0006155.jpg

とても美しいベンチ。でも座り心地は良くないかも(笑)。
s-R0006159.jpg


お道具類も素敵です。
s-R0006160.jpg

何でしょう?ティーバッグとかおくやつですか??
s-R0006164.jpg

レリーフがあるポットも美しいです。中が洗いづらそうなので自分では使いたくないです。
s-R0006165.jpg


真ん中のも時計かな?
s-R0006167.jpg

美しい色です。何を入れるんでしょう??
s-R0006169.jpg


天井はどのお部屋もこんな感じでした。
s-R0006171.jpg

大きな置き時計の時計部分です。
s-R0006175.jpg


いつも反応してしまうストーブ。これ、色合いも好きです。
s-R0006181.jpg

上の方をズーム。
s-R0006178.jpg


ミュージックルームとか書いてあったかな。右の家具みたいなのも楽器だったと思います。
s-R0006183.jpg


次のお部屋にあったストーブ。これはちょっと素朴なタイプ。
s-R0006189.jpg


美しい天井の模様をパチリ。
s-R0006190.jpg

壁の燭台。この手のやつは火事が怖いです。
s-R0006191.jpg


キッチンです。
s-R0006192.jpg


水道があって蛇口から水が出るのに慣れるといくら素敵でもやっぱり不自由ですよね。あ、これが水道だったらそれはすごいですが。
s-R0006194.jpg

調理用の器具たちもたくさんありました。
s-R0006196.jpg


凝った型です。左側のみたいなのを焼き栗用に欲しいです。
s-R0006199.jpg

これは何でしょう?
s-R0006203.jpg


譜面台みたいなものかな?聖書とか置いてあるものなんでしょうけど本を置くとこの美しい模様が見えません。
s-R0006210.jpg


バックルかな。凝っています。
s-R0006212 (2)c


ミニスキレット??こんなの好きです。
s-R0006214.jpg

サンゴ細工に見えました。この手のに珊瑚は珍しいかも。
s-R0006216.jpg


マイセンと書いてあったと思います。
s-R0006219.jpg

s-R0006222.jpg


古い地球儀・・・と思ったら、天球儀かな。飾りならこれもいいですが、やっぱり古い地図が好きです。
s-R0006226.jpg

シンプルだけど素敵な時計でした。
s-R0006231.jpg


今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply