FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺,、ザクセン地方の旅行記です。

ゲルリッツ観光中です。
バロックハウスを見た後は街歩きに戻るつもりだったのですが、気になったミュージアムに入ってみることにしました。
美しい建物が気になったのもあります。
s-R0005988.jpg

SCHLESISCHES MUSEUM ZU GöRLITZ
s-R0006336.jpg

決め手はこのポスター(笑)。やっぱり鉄道関係にひかれてしまったようです。結論から言うと鉄道部分は思ったようなのと違いました。英語の説明がたぶんほとんどなかったからというのも敗因。あ、もちろん、ミュージアムそのものはとても良かったです。なのでこのポスターには感謝しています。
s-R0006474.jpg


チケットを買おうとしたら無料の日だったようです。写真撮影料のみ払いました。特別展示のチケットは硬券です(笑)。
s-R0006343.jpg


こちらが通常の博物館部門です。ここも説明はドイツ語と、ゲーリッツの言葉なのかポーランド語なのかよくわからない言葉で書いてありました。説明はわからなくても、建物の内装とかを見るのも楽しかったので満足度高いです。
s-R0006344.jpg

上のと似たような天井ですが、こちらは全面に絵が描かれています。
s-R0006353.jpg

絵の部分をズーム。
s-R0006399.jpg


墓標か石棺の蓋って感じですか?美しい像ですが、目があいているので少し怖いです。
s-R0006348.jpg


何かの本の挿絵のようですが、鍬を持つ農家の人だそうです。なんか気に入りました。偉い人とかでないのがまたいいのかも。
s-R0006349.jpg

なかなかカラフルな彫像は聖母子、1410-20年頃のものだそうです。
s-R0006352.jpg


こちらのお部屋の天井は最初にお見せしたシックなバージョンと違ってカラフルな花模様です。
s-R0006355.jpg

こちらは随分薄れてしまっていますが、これもきっと美しい天井だったのではと思います。
s-R0006380.jpg


このあたりからは美しい工芸品たちです。なんとなく気になったもの達をお見せしましょう。
旗を持った羊さんがかわいらしい容器です。
s-R0006358.jpg

美しいグリーンの陶製のポットです。こんな色合い大好きです。
s-R0006360.jpg

精巧に作られたニワトリです。お皿にのらなくてもって思ってしまいます(笑)。
s-R0006364.jpg

紋章とかに使われそうな形です。鷲かな??
s-R0006376.jpg

よくわからないパッチワークです。説明を読むのはあきらめましたが、フリードリヒ・ヴィルヘルム2世さんのようです。
s-R0006382.jpg


素敵なパープルの器なんですが、ウエッジウッドのものかもです。
s-R0006384.jpg

上の容器の飛び出た部分がお顔なのはあまりなんとも思わなかったんですが、こちらは気になります。カラーだからでしょうか?
s-R0006386.jpg


鳥の容器2羽。本当は少し横から撮りたかったんですが、ガラスの写り込みの関係で正面からしか撮れませんでした。
s-R0006387.jpg


ちょっとレトロな感じですが、今でも普通に売られていそうな美しい磁器たちも展示されていました。
s-R0006396.jpg

美しい磁器はマイセンっぽいと思ったのですが、Hermann Ohmeという現在のポーランド西部のNiedersalzbrunnという町にあった陶器の工房のものだそうです。
s-R0006400.jpg


壁の模様が気になってぱちり。
s-R0006395.jpg

扉はなくて壁に模様があるだけなんですが、なんかいいですよね。
s-R0006402.jpg


さらに上のフロアです。太い木の梁がたくさんです。天井の方とかは新しく補強されているようです。
s-R0006403.jpg


このあたりは絵画のコーナー。
s-R0006406.jpg


ブロンズ像ってあまり好きでないのですが、この力強い感じが気に入ってぱちり。
s-R0006412.jpg

こののっぺらぼう具合が気になったようです。Marg Mollさんという彫刻家の作品だそうです。
s-R0006413.jpg


よくある聖ジョージさんのレリーフ。
s-R0006415.jpg


ビーズの刺繍が美しいバッグです。
s-R0006418.jpg

90年くらい前につくられたカップだそうです。色合いが好きです。
s-R0006419.jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply