FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺,、ザクセン地方の旅行記です。

ゲルリッツ観光中です。
主だった教会を2つ、ミュージアムを2つ見て、あとは塔などもありましたが、パスして街歩きをすることにしました。
これはちょっと面白い建物です。とってつけたような柱部分は古い建物から持ってきたのかもともとこのような設計だったのかが気になります。窓とか思いっきりさえぎられていますし。
s-IMG_4679.jpg


美しい建物は、Googleマップによると、Augustum Ann Collegeという大学です。
s-IMG_4703.jpg

教会のようなファサード部分をズーム。
s-IMG_4704.jpg


これは何かわかりません。ごくごく普通の建物です。
s-R0006492.jpg

上のほうにある優雅な像をぱちり。
s-IMG_4707.jpg


これも特に何かの建物というわけではなかったと思いますが、ドアの両脇の台のような部分と上の彫像が気になったようです。
s-R0006103.jpg


この入り口も素敵です。レストランのようです。
s-R0006503.jpg


再びナイセ川の方に向かいました。河畔からペーター教会を見上げます。
s-IMG_4713.jpg

古そうな石壁が素敵です。
s-IMG_4714.jpg

旧市街橋から同じあたりを撮りました。
s-IMG_4710_20180822020359c7b.jpg

この堰とカフェになっている部分、行ってみたらよかったです。いい感じですよね。
s-R0006506.jpg


ポーランド側に行って、カリーブルストを頂いたようです。
s-R0006515.jpg


ちょっと昔っぽいイメージの建物です。
s-IMG_4732.jpg

ちょっとズーム。柱部分に像が並んでいたのが気になったようです。
s-IMG_4736.jpg


前に停まっている大きな車両で建物が隠れていますが、郵便局だと思います。
s-R0006538.jpg

紋章部分をズーム。かっこいいです。
s-IMG_4738.jpg


アーケードの中が閑散としていたのは、この日が日曜日でお店が閉まっていたからだと思います。
s-IMG_4745.jpg


欧州では多くの建物が連なっていますが、側面の壁が平だからぴったりくっつけられるんですね。
s-R0006547.jpg


お城にありそうなかわいいドア。
s-IMG_4720.jpg


ドイツもかわいらしい看板多くて楽しいです。ザルツブルクのこういう看板がたくさんある通り(名前は忘れました)を再訪したくなります。ポーセレンと書いてあるようですので磁器とか雑貨のお店でしょうか?
s-IMG_4716.jpg

せっかくのデザインなのに何屋さんかわからない(笑)。
s-IMG_4721.jpg

金きらポット模様も好きです。門の上の紋章もズームすればよかったです。
s-IMG_4722.jpg


いつもなんとなく気になって撮ってしまうマンホールの蓋です。紋章のみでシンプルですがかっこいいです。
s-R0006488.jpg


トラムは車種やラッピング車両等様々なのが走っていましたが、これはなんか妙に角ばって見える車両でした。
s-R0006491.jpg


ついつい何度も撮ってしまう、この時期のイチゴ販売のお店。
s-R0006493.jpg


これ、ちょっとよくわからない状況の像でした。蛇口ついていますが、水が流れるようではありません。でもたぶん小さなプレートに飲み水ではないとの表示があったようなので、水もでるのかな?でもこの方がつかった浴槽から出てきた水とか飲み水って書いてあっても嫌かも(笑)。
s-R0006494.jpg

女性は何をしているんでしょう?お洗濯???
s-R0006499.jpg

たぶんこちらの男性はビール飲んでいるっぽいですが左手は何を持っているんでしょう?そしてこの浴槽(?)、蓋が後付けっぽいので、もともとどうなっていたのかが気になります。
s-R0006498.jpg

お風呂で1杯いいなぁ・・・(笑)。
s-R0006501.jpg


ゲルリッツでは8月末にお祭りがあるようです。数年分のポスターが貼ってありましたので2枚選びました。楽しそうです。
s-R0006517.jpg

s-R0006518.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply