FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月2日~9日のドレスデン近辺,、ザクセン地方の旅行記です。

今日もドレスデンのレジデンツで撮った写真です。
上のフロアでパティをを眺めてぱちり。
s-R0006871.jpg

つい撮ってしまう塔の部分。
s-R0006870.jpg

1階から撮った写真もアップしましたが、この壁、本当に美しいと思います。工事中でチャペルが見られなかったのが本当に残念でした。
s-R0006869.jpg


このあたりはコインのコーナー。とってもたくさんありましたけど、ちらっと見ただけです。
s-R0006876.jpg

勲章もたくさんありました。白い象が3頭いるデザインが好きです。
s-R0006881.jpg


大きめのコインを代表して1枚。とても凝っていますが、説明はみなかったようです。
s-R0006882.jpg

これはコインを作っている光景のようです。円錐台に建物がのっていますが、こんな街並みだったんでしょうか??
s-R0006877.jpg

これはコイン製造の機械かな。
s-R0006887.jpg


窓から外をぱちり。工事中なのでわかりづらいですが、奥はエルベ川のアウグストゥス橋です。
s-R0006886.jpg

お隣さんの三位一体大聖堂。
s-R0006884.jpg


オスマントルコ展示室。
s-R0006896.jpg

細かい宝飾たちだけでなく、このように大きな展示物もあります。大きくてもこのテント、素晴らしく美しい布です。17世紀のものだそうです。
s-R0006897.jpg

屋根側に使われている模様が違う布部分をズーム。支柱が3本のテントで、ダイニングルームとして使われたとか。
s-R0006898.jpg

内側からもぱちり。
s-R0006900.jpg

テントの反対側からもぱちり。
s-R0006921.jpg

屋外で使われるテント(ですよね?)なのに、こんなに美しい布とかもったいなさすぎます(笑)。
s-R0006923.jpg

こちらはシンプルなテント。
s-R0006924.jpg

こちらは2本の支柱のテント。
s-R0006918.jpg

布部分をズーム。これ、アップリケのような手法だと思うんですが、シルクやコットン、レザーだそうです。
s-R0006920.jpg

ブロンズの大鍋。これもスルタンとイェニチェリ(皇帝直属のエリート歩兵集団)と関係に重要な役割があったとかっていう説明がありました。
s-R0006915.jpg


壁側にある展示たちです。
真ん中の布はテントの壁部分かな??
戦争の絵は大トルコ戦争あたりのものかと思いますが、説明見ていません。
s-R0006926.jpg

上の写真の布をズーム。
s-R0006927.jpg

s-R0006928.jpg


いろんな展示がありましたが、ついテキスタイルに目がいってしまいます。
s-R0006941.jpg

上の写真の丸い布をズーム。
s-R0006948.jpg


この方々はお子様サイズです。どうも説明を見なかったようで、よくわかりません。
s-R0006889.jpg

華やかな衣装。
s-R0006891.jpg


美しい剣たち。赤い石がついたのはかわいいです。実用品でないことを祈りましょう。
s-R0006907.jpg

左側の把手の形が好きです。
s-R0006939.jpg

矢を入れる物でしょうか?華やかで美しいですが、重いんでしょうね。
s-R0006940.jpg


これも軍人が被るものでしょうか?やっぱりオリエンタルな感じです。
s-R0006910.jpg

どんな音がするのか聞いてみたいです。
s-R0006932.jpg

3日間にわたってドレスデンのレジデンツ城の展示の写真をお見せしました。
あくまで私が気になったものだけですし、歴史的緑の丸天井の方は写真撮影できませんので展示数に対しごくごく一部で、素晴らしいものがまだまだたくさんあります。ドレスデンに行かれたら是非ご訪問ください。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply