FC2ブログ
カウンター

10 Comments
ここのところ大きな災害が続いています。
被害にあわれた方みなさまに心よりお見舞い申し上げます。
一日でも早く平穏な生活に戻れますようにお祈りしております。
復旧のお仕事をされる方々やボランティアの方々もご無理されませんように。

滞りがちの旅行記の途中ですが先日の北アイルランド旅行で加算されたマイルと写真を一部アップします。

今回の旅行は、NHさんのHPで購入した、前回の旅行のキエフ発福岡、福岡発ダブリン行の後半部分と、ダブリン発福岡行、福岡発ブカレスト行の前半部分を利用しました。

NHさんから購入しましたが、獲得マイルを考慮してどちらもLHさんを選択しました。

今回の結果はこんな感じです。旅行中に特典旅行の発券をしていたので利用マイル分も含まれています。

s-2018-09 UA3


詳細を往路と復路それぞれ出してみました。利用クラスは微妙に違いますが、往復で獲得マイルは全く同じです。
往路分です。
s-2018-09 UA2

こちらが復路分。
s-2018-09 UA-1


それぞれ、獲得マイル(基本マイル+ボーナスマイル)、ステイタス維持に必要なPQM
FUK-HND 1415、 849
HND-FRA  5832、 5832
FRA-DUB 678、 677
DUB-FRA 678、 677
FRA-HND  5832、 5832
HND-FUK 1415、 849

国際線扱いの国内線部分の加算率は距離のわりにお得だなぁといつも思いますが、獲得マイルはボーナスマイル分が加算されてやっと100%という残念さです。それでもNHさん利用と違って、PQMも100%なのはありがたいです。

往路は8月末でB747なのにほぼ満席なのではと思う混み具合でも仕方ないと思いましたが、復路は飛行機大きいしすいていると期待したもののちょうどKIX便が欠航の日(たぶん)だったせいかこれまた激混み。復路はおかげさまでプレエコにしてもらえたのですが、窓側でもないし、モニターでエアショーだけが見られないという不具合(何度リセットしてもらってもだめであきらめました)で、プレエコでなければ発狂レベル。私ってほとんど眠っているくせに地図と距離や時間をみるのがどれだけ好きなのって再発見(笑)。


ということで、現在はこんな感じ。
s-2018-09 UAmyaccount

 利用したのでマイル残高は増えていませんが、211,198
 PQMは 102,093
無事に、来年のステイタス確定しました。
さっき確認したら、来年のGPU(利用価値がいまいちないアップグレード券)も加算されていました。これ、今年の分も4枚残っているし、来年の分6枚も使えるかわからないのがもったいないです。UAさんのお高いチケット購入される方がいたらお譲りするんですけどねぇ。

今年はアルゼンチンに行ったのと、メキシコ旅行でちょっと回り道したおかげでステイタス維持が早かったようです。あと2回の旅行分を来年のPQMに回したい(笑)。いえ、トルコ旅行分は必要ないのはわかっていたんですが、10月最初から来年1月末までどこにも行かないのはやっぱりあきすぎるなぁといれてしまったんですよね。旅行記の滞り具合をみるといれなくてやっと追いつくくらいだったかもですが。

旅行記がいつになるかわからない(笑)北アイルランド旅行の写真、一部お見せしましょう。写真集だけなら早い(笑)。
今回はダブリン往復のフライトですが、空港からバスでベルファースト往復しましたので、アイルランドは全く旅行せず、GBの北アイルランド旅行です。女王様の新しいポンド札を使ったんですが、お釣りが北アイルランドのアルスター銀行紙幣で戻ってくるので、残さないように気を使いました。でもって、前回がウクライナだったので、ポンド価格とのあまりの差に超貧乏人な気分になりました(笑)。


今回はベルファーストに滞在しましたので、ベルファーストも観光しました。
美しい市庁舎です。
s-B0014968.jpg

無料のガイドツアーで中をみることができます。たまたまかもですが、ガイドの方の英語がとてもわかりやすくて感動的でした。現地の人とちらっと話をしていた時はイントネーションが全然違っていたので、たぶん意識して外国人にもわかりやすい英語を話してくれていたんだと思います。イギリスでそういう気配りをしてもらえるのはとても珍しい気がしました。
s-B0014699.jpg


今回の最大の目的はジャイアンツコーズウェイ。再訪なんですが、前回は、祝日でバスの運休にあたり、雨の中ポートラッシュから約7マイルを徒歩で往復(ブッシュミル鉄道で1マイルくらいは短縮できましたが)したので、疲れていたので現地の散策をいまいち楽しめなかったので、今回はお天気よさそうな時に周辺をしっかり歩きたいと思って再挑戦したのです。

8月は1往復ですがベルファーストから直行バスもあって車でなくても楽勝(笑)。といっても31日で滑り込みセーフでした。この日がお天気よくてよかったです。おかげで崖の上を歩くルートと海岸線を歩くルートをたっぷり楽しめました。
s-IMG_8262.jpg

この奥部分まで歩くつもりです。
s-IMG_8270.jpg

ちょっとズーム。以前はこのあたりまで下の方にもルートがあったそうですが今はクローズされています。
s-IMG_8292.jpg

海の方をズーム。
s-IMG_8272.jpg


だいぶ歩いてきました。
s-IMG_8291.jpg

上の写真を撮ったのはこの崖の人が立っているあたりからだったと思います。手すりや柵はないのでどこまで行ったら落ちるのかいまいちわかりません。セブンシスターズのように岩だけでも端っこに行って崩れたら・・・とかって心配でしたが、ここは草が生えているのでいまいち端っこがわからないのであまり端にはよらないことにしました。
s-IMG_8309.jpg

このろうそくのような岩を通り過ぎてぱちり。
s-B0015119.jpg


このあたりで満足して戻ることにしました。
途中で下のルートに下りる階段があります。たしか階段を下りるあたりから撮った写真です。左側の海に飛び出した部分が六角柱な岩がたくさんあるところです。
s-B0015136.jpg

こちらはろうそくみたいな岩がある方向。
s-B0015151.jpg

このような岩を見上げることができるのはここ1か所だけだったと思います。自然にこのような形がこの大きさでできるのはすごいと思います。
s-B0015238.jpg

右にちらっと写っている門みたいなところの先で遊歩道は行き止まりです。
s-IMG_8365.jpg

海沿いの道を引き返してここまでやってきました。
s-IMG_8407.jpg

六角柱な岩が並んでいる光景は印象的です。
s-IMG_8415.jpg

前回来た時はどんよりしたお天気だったので、青空とお日様の下で見る光景は格別です。再訪した価値ありました。ここで缶ビールでも飲めるといいんですが(笑)、イギリスではパブリックスペースでの飲酒は禁止です。
s-B0015301.jpg

この岩部分、結構広いです。
s-B0015299.jpg

満足して戻ります。このあたり、牛が多かったです。牛は近くで見ると大きくて怖いのでこのくらい離れている方が安心です(笑)。
s-IMG_8457.jpg


翌日はベルファーストから電車で15分くらいのアルスター民俗・交通博物館に行きました。
交通博物館です。このあたりは鉄道部門。鉄道はそれほど多くなかったです。
s-B0015533.jpg

とても美しい機関車。
s-B0015603.jpg


自動車部門。イギリスの交通博物館には必ずある2階建てバスの歴史のような車両たち。
s-B0015656.jpg

以前の2階建てバスの乗り口は扉がなかったので信号待ちの時とかに勝手に乗り降りしていましたが、これはまた開放的です(笑)。2階部分の屋根もないようですが、これはこれで楽しそう。
s-B0015667.jpg

自動車部門にあった1960年代のカルチャーという展示。
s-B0015693.jpg


民俗博物館です。
交通博物館で、民俗博物館との共通券を買った時に、車で来ましたか?と聞かれて、電車でと答えたら、町の地図みたいなのを見せられてたくさん歩かないといけないからというようなことを言われたので、てっきり、博物館どうしがちょっと距離があるのでそれを忠告してくれて、時間があったら、街のお散歩も楽しいですよと教えてくれたんだと思ったんですが、町の地図そのものがミュージアムマップでした。まず博物館にたどり着くまでに上り坂で15分くらい、広大な敷地を歩き回るのに3時間弱かかってくったくたよれよれになりました。いえ、そのくらい時間が必要なミュージアムはたくさんありますが、屋外ミュージアムとは思っていなかったので心の準備ができていませんでした。

小さな町と教会エリア。
s-B0015898.jpg

古い家の中にもはいれてこのあたりは良かったんですが。
s-B0015887.jpg

こちらは郊外エリア。かわいい家です。
s-B0016038.jpg

牧場コーナーもあって、柵からヒツジさんを撮っていると、好奇心旺盛で近づいてきたので喜んでいたんですが、放し飼いの鶏さん達も何故か私に興味があったようで数羽よってきて見つめられたので怖かったです。鶏はつつきますからねぇ。
s-B0016068.jpg


これは最終日。月曜日だったのでミュージアムは閉まっているし、見る順番間違ったかも・・・と思いつつ、お天気よかったので郊外にでてみました。

ベルファースト城。
s-B0016773.jpg

美しいお城です。イベントなどが行われていなければ中を見ることができます。
s-B0016810.jpg

お庭も美しいです。
s-B0016799.jpg

お庭の角には猫さんのモザイク。
s-B0016824.jpg

猫さん型の木もありました。
s-B0016801.jpg


ベルファースト城から、ケープヒルカントリーパークというエリアを散策することができます。
s-B0016873.jpg

上の写真とこの写真の山の上部分が目的地です。
s-B0016872.jpg

上の写真の丸い洞窟部分です。
s-B0016846.jpg

実は上の写真の部分から散策ルートは右側に進むようでしたが、犬のお散歩していた方につられて左側に行ってしまいました。
s-B0016859.jpg

こちらからも行けなくはなかったんだと思いますが、たぶん上の写真のちょっと岩が転がっている所を左にいかないといけなかったようです。私はこのまま直進したら、砂地で靴が滑って全く前に進めなくなりました。それでも数メートル頑張りましたが、立っていてもずるずる滑るので絶対無理だとあきらめて断念。皮のウオーキングシューズじゃなくてせめてスニーカーを履いていくべきでした。

この写真で、中央ちょっと左よりに崖肌が見える部分に進もうとしていたようです。登れるわけないじゃん(笑)。靴のせいではありませんでした。
s-B0016871.jpg

このあたりで振り返って眺めながら後から来たファミリーが正しいルートを進むのを見て戻ろうかと思いましたが、なんとなく疲れてあきらめました。次の機会にということにしましょう。

ここからの光景も悪くなかったです。ちょっとガスがかかっていたので、上からみてもきっとそんなに景色はよくないはず(あのブドウは酸っぱい)(笑)。
s-B0016857.jpg


次はジャイアンツリングという所に行ってみました。バス+徒歩で1時間くらいの場所です。
雰囲気伝わらないですが、土手で囲まれた丸い土地の真ん中に石があります。ストーンヘンジの簡易バージョンみたいな感じです。
s-B0016968.jpg

真ん中の石をズーム。
s-IMG_8501.jpg

石部分を近くからもぱちり。
s-B0016947.jpg


あとはベルファーストの町にある壁画たち。凝った壁画がたくさんあります。
s-B0017159.jpg

建物の裏庭って感じの場所全面が壁画でした。
s-B0017141.jpg

同じ場所の違う壁です。
s-B0017132.jpg


アイルランドも北アイルランドも複雑な歴史があります。このあたりは少し雰囲気違いました。バスターミナル近くで話した現地の人に、ベルファーストはきれいな街だしショッピングセンターとかもあるけど、そっちは(私が行こうとしていた方向)何も見る物ないからと、止められたのです。行ってはいけない雰囲気ではなかったですが、ちょっと重そうな感じ。歩いて行ったけど、なんとなく怖くなってバスで戻りました。

他のエリアではあまりみなかったゲーリック表記もありました。
s-B0017060.jpg

アイルランドの国旗です。
s-B0017064.jpg

赤いポストも無理やり緑にかえられた感じでした。
s-B0017065.jpg

大体こんな感じの旅行でした。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 10

There are no comments yet.
R@ロンドンデリー  

おー、今日行ったところばかり並んでいます!
午前中にベルファストの市庁舎と金曜マーケットを見てから、レンタカーを借りてベルファスト城へ。ベルファスト城の公園の上にまで登られたとは、さすがartyさんですね。

そこでクロテッドクリームの無いクリームティーとアイルランドのパイを食べてから、海沿いの城をいくつか回ってジャイアンツコーズウェイに到着したのが夕方4時半すぎ。
公式駐車場は無視して、ブッシュミル鉄道の駅の駐車場(£6.00)に車を停めてから、本来必要のないぼったくり入場料掲示(£11.50/人)も無視して六角柱な岩が並んでいるポイントまで急いで往復。
私は2度目だったので興味が無かったのですが、家内がどうしてもというのでしぶしぶ出かけたというわけです。あ、山道側は前回行ってます。

あと3泊北アイルランドを回ってから、ダブリンで1泊して帰国します。

2018/09/08 (Sat) 08:03 | EDIT | REPLY |   
旅行猫  

artyさん こんにちは。
以前アイルランドに行った時は、英国からの侵略の歴史が教会の説明、博物館の展示などで書かれており、隣国が強国という環境で独立とは、という意味で表面的な理解ですが、とても心に残る旅行でした。 北アイルランドはさらにむずかいしい状況だったのでしょうね。 ところでベルファスト城の猫は、とても強そうで、何か有益な労働をしたのでしょうか。

2018/09/08 (Sat) 08:10 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは。

さすがレンタカーだと自由度が高くたくさん観光できてうらやましいです。私は1日1エリアです。ベルファースト城の上の山に登ってみようと思ったのは、エディンバラでやっぱり小山に上って結構楽しかったので、それ以来お散歩ルートがあってお天気がよければ歩いてみることにしています。

やっぱりクローテッドクリームなかったですよね?私は民俗博物館のカフェだったと思うのですが、その後クローテッドクリームの表記を見なかったので結局スコーンは注文しませんでした。たぶんスコーンでなくてクローテッドクリームが好きなようです。

ジャイアンツコーズウエイは、前は普通に目的地にたどり着いたのですが、あの立派な建物からしか入れないのかとチケット売り場で聞いてみたら、オーディオガイドが必要なくて展示を見たいのでなければチケット買わなくていいから、外側の駐車場側からまわってねと親切に教えてもらえました。11.5ポンドはお高いですよね。どんな展示なのかは知りませんが。

ブッシュミルズ鉄道は前回乗ったんですが、写真だけでも撮りたいと駅まで行ったのですが機関車いなくて残念でした。

そろそろ旅も終盤ですね。お気をつけて楽しまれてください。

2018/09/09 (Sun) 01:25 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

旅行猫さん、こんにちは。

アイルランドと英国、さらにアイルランドと北アイルランド、宗教も絡むからでしょうけどなかなか複雑そうです。以前はテロも多かったようですが、今は落ち着いているのかな。でもなんとなくベルファーストのアイルランドよりな壁画のエリアはちょっと空気が重かったです。

ベルファースト城の猫さん、何か意味があるのかはわかりませんが、今チェックしたら9匹いるそうです。私そんなに見ていないです。残念。ケイブヒルもギブアップしたしそのうち再訪しなさいということかもしれません。

2018/09/09 (Sun) 01:35 | EDIT | REPLY |   
Kyon  

今日何気なくartyさんのブログまだかなぁって見てみたら、アイルランド!
ここ数年毎年一緒に旅行している友達と来年はアイルランドに行く事にしてます。
私は一度も行った事ないし何の知識もないのですが、artyさんの写真見て俄然行きたくなりました。
行きたい気分そそる写真ばかりです。
なんだかとっても楽しみになってきました。

不定期でもブログ再開とても嬉しいです。

2018/09/09 (Sun) 15:09 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Kyonさん、こんにちは。

来年はアイルランドですか?それまでに旅行記書き終わるかしら(笑)。
今回の私の旅行は北アイルランドでイギリスなのでいわゆるアイルランドとは少し雰囲気違うかもです。さらにレンタカーではないので比較的町中からアクセスがよいところにしか行っていません。車やツアーなら普通の日程でアイルランドも北アイルランドも一気にぐるっとまわれるんでしょうけ、公共の交通機関だとどこに行くか迷うかもです。自然と妖精とビールが好きなら(笑)おすすめです。

2018/09/10 (Mon) 00:50 | EDIT | REPLY |   
Kyon  

あぁ、私は歴史も地理も知識がないから、よくわかってませんでした。
アイルランドといってもきっと友達が行きたいと言っていたのは、北アイルランドだと思います。
ジャイアントコーズウェイに行きたいはずだから。
その友達との旅行はいつも同じ場所に10泊ぐらい滞在して、日帰りできるところをウロウロして過ごします。
イギリスでは左側通行なのでレンタカーを運転した事もあります。
北アイルランドも左側通行なら、車も移動手段にできます。
来年までもっとちゃんと調べて計画してみます。
artyさんの旅行記もアップされてると思うんで(⌒▽⌒)

2018/09/10 (Mon) 07:11 | EDIT | REPLY |   
Tomoko  
Deltaの様に

PQM勿体無い件本当ですよね。ぜひDeltaの様に半端なPQM翌年に持ち越しできる様にして欲しいですね。

2018/09/10 (Mon) 22:18 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Kyonさん、こんにちは。再びありがとうございます。

同じところに10泊というのは贅沢ですね。うらやましいです。
もちろん北アイルランドも左側通行です。海外の街中では一方通行の道も多いのでしばらくその事実に気付かず、車を注意する方向を間違えて車がそばにきてびっくりということが起こりました。ラウンドアバウトさえ気を付ければ大丈夫なのではないでしょうか?

レンタカーでなら、交通の便は関係なくなりますので、ちょっと郊外の素敵なホテルやB&Bなどに泊まれますし、10日もあればアイルランドざっとでも一回りできそうです。私の旅行記・・・本当にいつになることやら(笑)。

2018/09/10 (Mon) 23:30 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: Deltaの様に

Tomokoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

デルタさんってそんな素敵なプログラムなんですか???サービス改悪なら横並びでまねっこ体質な米系ですが、良い事を真似してくれるなんてことないですよねぇ・・・。持ち越しがあったほうが、今年は維持できたから他社の安いフライトを利用しようとかっていうのがなくなってよさそうな気がします。

2018/09/10 (Mon) 23:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply