FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2017年10月1日~8日のリトアニア旅行記です。

トラカイ城を堪能して外にでました。
お天気いまいちなんで、駅から遠くなる方の散策はやめて駅方面に戻ることにしました。

Karaite Ethnographic Museum カライメ博物館に入ってみました。
H0025838.jpg

小さな建物です。
H0025839.jpg

このドアまわりは好きなタイプ。
H0026158.jpg

中の展示の写真です。
結論から言うと、小さなこの博物館、特に見なくてもよかったです。っていうか、小さな展示室なのに、団体さんがいたのでいまいちゆっくり見られなかったのも残念でした。

このあたりは展示に番号がふってあって、端っこにまとめて説明がありました。説明部分は全く見なかったようです。

小さいですが美しい装飾品たち。これ、素材何でしょう???石っぽいですか?
H0026159.jpg

何のケースでしょう?美しい模様です。
H0026160.jpg

金属製の装身具たち。ベルト。こういうの結構好きです。
H0026161c.jpg

素朴なビーズ細工。
H0026163.jpg

凝ったエナメル細工です。
H0026164.jpg

これもとっても細かいです。
H0026165.jpg


お道具類。これ木製かと思ったけど土器です。
H0026166.jpg

これは何でしょう?うちわ???
H0026167.jpg

貝に彫刻してあるんだと思います。
H0026168.jpg


カライメ博物館なので、少数民族のカライメに関する展示だと思ったのですが、入り口に民俗学博物館と書いてあるように特にカライメに限定したものではなかったようです。カライメはトルコ系だとのことで、トルコやペルシャと書いてある展示物が多かったです。

トルコでよく見たような織物。
H0026171 (2)

武具たち。
H0026170.jpg

こんな先がカーブしたナイフもトルコでたくさん見たと思います。莢も美しいです。
H0026172.jpg

何故か日本の鎧兜。 Armour of Samuraiと書いてありました。
H0026174.jpg

刀っぽい形ですが、これは日本のものではなかったです。
H0026175.jpg

馬具など。
H0026176.jpg

エキゾチックな衣装はカライメの伝統的なものだそうです。トルコとか中央アジアっぽいです。
H0026177.jpg

パン生地を作る道具です。
H0026178.jpg

上の女性は椅子に座っていますが、ティータイムはカーペットの上なのかな??
H0026179.jpg

素朴な美しい布は、サウナで使うものだそうです。
H0026181.jpg

右奥は20世紀のリトアニアのジャケットとしか書かれていませんでした。
H0026182.jpg

上の写真と重複していますが、私好みなのは、ジャケットの左側のトレイテーブル。細かいレリーフがあって美しいです。その上の棚は帽子を置くためのものです。
H0026184.jpg

ティーポットたち・・・と思ったらブランデーをいれると書いてありました。
H0026183 (2)

左はカライメの男性の衣装。わりとシンプルです。右は高位の僧の衣装です。
H0026185.jpg

ミルっぽいですが、これはよくわかりませんでした。ぶれぶれですが形が気に入ったのでアップ。
H0026187.jpg

これ、ポット部分と脚はくっついているようです。熱源部分をとりはずしできるっぽい。サモワールの薬缶型と思ったら、ホットワイン用だそうです。
H0026189.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply