FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月30日~6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。

今日もロイヤルエアフォースミュージアムで撮った写真です。
シャープで格好いい建物です。
s-B0009067.jpg

ここからはいったはずなんですが、たぶんここはカフェとかショップとかで突き抜けて外の展示を見に行ったんだと思います。
s-B0009068.jpg


Hawker Siddeley Dominie T.1 (HS125 Serie 2) クルートレーナーと書いてありました。
s-IMG_5764.jpg


Hawker Siddeley Nimrod R.1  電子偵察機として使われたそうです。
s-IMG_5766.jpg

お腹のあたりもぱちり。説明板に中の写真がありましたが、コンピューターのようなモニターがびっしりならんでいました。
s-IMG_5767.jpg

頭のでっぱりはアンテナの役割とかあったんでしょうか??
s-B0009082.jpg

全体像もぱちり。
s-B0009095.jpg



Lockheed SP-2H Neptune  長距離用の海洋哨戒機だそうです。
s-IMG_5768.jpg

前方からもぱちり。お鼻のあたりが透明なのがちょっと不安な感じです。操縦席は上の方でしょうけど、本当に狭そうです。
s-IMG_5771.jpg


奥の方の屋内展示に向かいました。
s-IMG_5772.jpg

ピラミッドのような建物、かっこいいです。非常階段みたいなのが気になります。
s-IMG_5773.jpg


建物の前に明るい色合いの飛行機がいました。
s-IMG_5774.jpg

形もちょっと派手目です。ただ、これ説明がなかったのかな???
s-IMG_5782.jpg

真正面からも一枚。
s-IMG_5777.jpg


屋内展示です。最初ははりきって飛行機採集、目録作り(笑)とか思ってひたすら写真を撮っていたのですが、この赤いかわいい飛行機の説明は撮らなかったようです。さらに横に階段ついていますが、上ってみたのか上れないものだったのか全く記憶にありません。
s-B0009116.jpg

正面からみるとぬぼ~っとしてかわいいです(笑)。
s-B0009118.jpg


Bristol 188, high speed research
s-B0009124.jpg
「主にステンレススチール製のこの航空機は、非常な拘束時における期待構造への熱の影響を調査するために設計された。高まる熱からパイロットを守るために、特殊なコックピット冷却システムが導入されている。フレーミングペンシル=燃える鉛筆という渾名を漬けられた」と、日本語の説明もありましたので、ついご紹介してしまいました。やっぱり日本語は楽です(笑)。


Fairey FD2, supersonic research
s-B0009136.jpg
他の言語の説明に比べて、日本語は妙に短いんですが、さらに予約すると 「フェアリーは亜音速、超音速での飛行、操縦性能調査のために設計された三角尾翼機」だそうです。鳥のようなお顔が美しいです。



Gloster METEOR F8 (PRONE) research用だそうです。
s-B0009145.jpg

ふたこぶラクダのような形です。
s-B0009146.jpg

2枚上の写真の機体の下の図をズーム。
s-B0009145 (2)
「多くの改良をくわえられたミーティアF8戦闘機、『プローンポジション(うつぶせ姿勢)』メテオは、水平飛行時の重力影響にうまく対処できるという優位性を評価するために使われた。実際は操縦性能の悪化のためにその優位性は消えてしまった」そうです。想像できます(笑)。


Hunting H126, research prototype 1963-1972
s-B0009155.jpg
黄色くてかわいいかなと思ったのですが、
「この異様な外観の実験機は、『ジェットフラップ』のおかげで時速51.5キロの低速度で飛ぶことができた」だそうです。異様な外観なのかどうかはよくわかりません(笑)。

黒い十字型の丸い印が目に星がはいっているようでかわいく見えました。
s-B0009156.jpg



第一次世界大戦中の爆撃機の説明などがありましたが、この航空機の名前のところは撮り忘れました。
s-B0009171.jpg

木製のプロペラが美しいです。この時代の機械って機能美があると思います。
s-B0009180.jpg


Supermarine Spitfire I これは日本語の説明がありませんでした。イギリスの航空史の中でドイツ軍の空爆を打ち負かした最も有名な戦闘機というようなことが書いてありました。
s-B0009191.jpg


Mitsubishi KI-46-III (DINAH)
s-B0009204.jpg
つい撮ってしまったmitsubishi製。「連合軍にダイナというコードネームで呼ばれたKi-46機は第二次世界大戦で使用された最も優雅な戦闘機であると同時に優れた機能をも備えていた」「高空撮影偵察に極めて優れ、長距離高速飛行能力を駆使して太平洋を自在に飛びわまった」だそうです。


Focke-Wulf Fw190 A-8 こちらはドイツの戦闘機&爆撃機です。
s-B0009211.jpg


こちらもドイツの戦闘機。Junkers Ju88 R-1
s-B0009214.jpg
角度を変えてもう一枚。第二次大戦時ドイツで最も多用された戦闘機だそうです。
s-B0009221.jpg


Avro LINCOLLN BII
s-B0009244.jpg
「第二次世界大戦に僅差で間に合わなかったリンカーンは戦後の主要爆撃機として使用されたが、冷戦とジェット機時代の到来で欠点が露出し、短期間で最前線から退いた」そうです。

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply