FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年5月30日~6月6日のバーミンガム近郊の旅行記です。

コヴェントリーの町を歩いています。
移動遊園地かな??
s-B0010009.jpg

上の写真の奥にも写っていますが、目的地はこの奥の建物。コヴェントリー交通博物館です。遊具があるので建物単体の写真が撮れなかったようです。
s-B0010011_2018111102112739d.jpg


コヴェントリーは自動車産業が盛んで、ジャガー社の本部があることで有名なんだそうです。
コヴェントリーの産業史とともに自動車に関する様々な展示があるとのことでした。

いかにも古そうな自転車たち。
s-B0010013.jpg

車輪も含めて木製です。耐久性とかはどうなんでしょう?でも鉄製みたいなのもあったのでそれよりも乗り心地はよさそうな気がしますし、車輪は逆に木の方がゆがまないのかもしれません。
s-B0010015.jpg

この優雅なお召し物のご婦人がこの自転車に乗るんでしょうか???
s-B0010018.jpg

美しいメッシュのカバーはスカートを巻き込まないためですか???おしゃれですよね。
s-B0010019.jpg


No Roof!
s-B0010021.jpg
「先頭車両には屋根や壁や窓がないものがありますので、運転手や乗客は帽子やゴーグルを雨や風、泥やほこりをよけるためにつけたほうが良いです」ということで、お帽子やゴーグルの展示もありました。オープンカーは開放的でしょうけど、やっぱり自動車は窓はあってもいいけど閉鎖空間の方が好きかもです。


このあたりはクラッシックな車たち。背面の壁の絵の女性の髪がすごいです(笑)。お帽子じゃなくてもいいですが結んでおいた方がよさそうです。
s-B0010026.jpg

移動の手段としてでなければ美しい自動車ということでよいと思います。現代に生まれてよかった(笑)。
s-B0010022.jpg

乗り心地が良いかはわかりませんが、シートはよさそうです。
1906Rover Tourer 1904年頃、車としてはお安い120ポンドだったそうですが、教師の年収が125ポンドだったということで庶民には高すぎるものだったそうです。
s-B0010024.jpg

いかにもクラッシックカーですがこういうのがぽこぽこと走っていくのを想像したら楽しくなります。そしてこの展示室、暗いんですが壁の絵や文字が車にあっていていい感じ。
s-B0010029.jpg


ALVISというマークがついています。
s-B0010031.jpg
ウイキペディアによると「アルヴィス・カー・アンド・エンジニアリング・カンパニー・リミテッドは、1919年から1967年まで乗用車を製造したイギリスの自動車メーカー」だそうです。


左の車は Calcott と書いてありますが、かつてコヴェントリーにあった小さな自動車メーカーだそうです。
s-B0010032.jpg


この車輪の薄さとこれでくっついているんだという心もとなさを考えるとスピード出せなかったでしょうし乗り心地も悪かったでしょうね。
s-B0010035.jpg


右側の小さい車の方は1923年の発売当時250ポンドだったそうです。上の方のと20年弱違うとはいえ、教師の年収の2倍くらいと考えると結構な高級車です。やっぱり庶民は手がでないですよね。
s-B0010037.jpg

上の写真の左側の車です。1923 Standard Warwick Saloon
s-B0010040.jpg


2輪車ってサイドカーつけたら転ばなくてすみますよね??(笑)
s-B0010042.jpg

自転車にエンジンがついてごつくなっただけみたいなのがたくさんありました。
s-B0010044.jpg


付属品たちかな?
s-B0010045.jpg

古い映画のセットのような建物が背景になっています。どの建物たちも木組みだった時代があるんでしょうね。
s-B0010046.jpg

今も木組みの建物はありますが、建物の古さに比べ妙に車がぴかぴかです。
s-B0010047.jpg

この背景にはこんな色合いの車が似合います。金属っぽくない質感の塗装でシックです。
s-B0010050.jpg

1929Singer Junior です。かわいい塗装ですね。
s-B0010051.jpg

やけにたくさんワッペンつけてもらっています(笑)。 1932 Alvis 12/60
s-B0010053.jpg

古い時代に普通にありそうなレンガの壁に見えます。左側の白いプレート、バッファローのドッグケーキが気になります。犬のおやつやさんがあったんでしょうか?王室の犬舎御用達だそうですよ???
s-B0010056.jpg


1937 Daimler このゴージャスなリムジンはエリザベス女王の次官のものだったそうです。ダイムラーと思ったらかつてのイギリスの自動車メーカー、デイムラーだそうです。
s-B0010061.jpg


1935 Humber Super Snipe これも今はないメーカーです。
s-B0010067.jpg


いかにも自動車の修理工場って感じです。
s-B0010069.jpg

黄色い缶がかわいいです。オイルのようです。
s-B0010071.jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply