FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年8月6日~8月12日のウクライナ旅行記です。

大鐘楼からの眺めを楽しんだ後は、ウスペンスキー大聖堂をみます。ここがこの修道院の主聖堂だそうです。創建は11世紀後半とのことですが、この建物は2000年に再建されたものだそうです。とっても新しいわけですね。どおりでぴかぴかです。
s-B0012883.jpg


大鐘楼の上から撮った写真もお見せしましょう。華やかな金色の玉葱お屋根なんとなく仏教寺院っぽさを感じます。
s-IMG_7055.jpg

上の写真の左側部分をズーム。
s-IMG_7057.jpg

こちらは右側。1941年に壊された前の寺院も同じような絵柄だったんでしょうか?
s-IMG_7058.jpg


尖塔にも絵が描かれています。
s-IMG_7074.jpg

窓まわりのレリーフも素敵です。
s-IMG_7076.jpg

地上から撮った写真に戻りましょう。
上の方にある壁画も鮮やかです。これはたぶん後から撮った写真なのでお日様の当たり具合が塔の上からの写真と違います。絵がはっきり見えますね。塔も後から上ればよかったのかも。
s-IMG_7141.jpg


正面の扉がある部分です。美しいドアでしたので写真を撮っている人たちも多かったですが、入り口ではなかった気がします。
s-IMG_7139.jpg

上の写真と撮った時間帯が違うので暗いですが、こんな感じ。
s-B0012567.jpg

近づいて見上げてぱちり。
s-B0012565.jpg

ドアまわりもぱちり。
s-B0012567 (2)





大聖堂の側面です。こちら側にも絵があります。
s-B0012808.jpg

上の方をズーム。
s-IMG_7049.jpg

さらにズーム。
s-IMG_7050.jpg

丸いうちわみたいな飾りも結構好き(笑)。
s-IMG_7052.jpg


建物の後方です。こちらは肖像画がたくさんです。
s-B0012838.jpg

少しズーム。
s-IMG_7120.jpg

さらにズーム。やっぱり聖人さんたちなんでしょうね。
s-IMG_7121.jpg


ドアが開いていましたが、矢印があるので入り口ではなかったです。
s-B0012566.jpg

ドアがあいていてこの看板があったのですが、ここが大聖堂の入り口だったのか何やら展示があっていたのか全く覚えていません。看板見て全くわからない・・・と思った記憶はあるんですが(苦笑)。
s-B0012568.jpg


中はこんな感じです。暗いのでぶれぶれ写真量産したのでましだったのだけお見せしましょう。
s-B0012814.jpg

祭壇は華やかなタイプ。
s-B0012550.jpg

ドーム天井あたりにも絵が描かれています。
s-B0012813.jpg

こちらの壁の絵は団体さんです。どちらの御一行様でしょう?っていうか名前も書いてありますが見ていません。
s-B0012551.jpg

壁にもぎっしり何かのシーン。こういうのは説明がないと全くわかりません。
s-B0012554.jpg

こちらにも小さな祭壇。この手の祭壇では中央にあるドアの向こうがどうなっているのかがいつも気になります。
s-B0012811.jpg

こういうニッチも祭壇なのかもしれません。
s-B0012815.jpg

燭台が妙に新しいのは大聖堂そのものが新しいからでしょうね。
s-B0012810.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply