FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年8月6日~8月12日のウクライナ旅行記です。

今日もキエフ近郊の民族建築と生活博物館で撮った写真です。とても広い敷地なので見て回った順番ではなく建物の種類別に記事にしています。昨日に引き続き古い教会達です。

教会の敷地近くにありました。門柱か表札みたいなものだったのかもしれません。
s-B0013220.jpg

教会の手前にある小さなオブジェたちが気になりますが近づいてチェックしなかったようです。
s-IMG_7210.jpg

こちら側に入り口があるようです。
s-B0013221.jpg

ズーム。板壁で屋根も木張りのようです。
s-IMG_7214.jpg

違う角度からもぱちり。
s-IMG_7226.jpg

入り口側は完全に逆光。
s-B0013222.jpg

光が当たっている側の窓をズーム。丸い木枠になっているのが凝っていると思います。
s-IMG_7217.jpg

ここが入り口のようですが残念ながらしまっていました。上に何やら文字がありますがキリル文字だったので読んでいません。
s-IMG_7219.jpg

敷地内にあった小さな建物。鐘楼だったのかもです。
s-IMG_7221.jpg

こちらもそのそばにあったと思います。かまぼこ型の屋根がかわいい小さな小屋です。
s-IMG_7223.jpg


次に向かいましょう。
古い写真というか図の説明がありましたのでそれを再建している所かなと思いますが、キリル文字だったので読むのをあきらめました。。
s-B0013255.jpg

ちょっとズーム。これはこれでよいのですが、やっぱり古いものの方が趣があります。
s-IMG_7234.jpg



Zelene village church, Ternopil region 1817
s-B0013306.jpg

Western Podillyaで典型的な教会で、ウクライナの美しい木造建築の一例だそうです。確かに屋根の優雅なカーブが素敵です。
s-IMG_7243.jpg

反対側の屋根です。
s-IMG_7240.jpg

上の方もぱちり。
s-IMG_7238.jpg

中はこんな感じです。小さい祭壇画には聖書のシーンが描き込まれています。台の美しい刺繍の布が好きなタイプ。
s-B0013308.jpg

側面の壁をぱちり。
s-B0013311.jpg

反対側の壁です。この規模だとあまりたくさんの人がはいることはできなさそうですが、小さな村にある教会としては十分なのかもですね。
s-B0013310.jpg


教会のそばにありました。これも鐘楼かな???でもあまり大きくて重い鐘はつるせないかもです。
s-IMG_7242.jpg


実はこのあたりで自分では一回りした気になって風車のある丘をまわって出口方面に向かっているあたりで木々の中に飛び出ている尖塔のある屋根をみつけました。
s-IMG_7253.jpg
あの教会は見てない・・・ということは他にも見落としているものがあるはず。どこで道が分かれたかわからなかったのですが、戻って見ることにしました。同じところをうろうろした結果やっと見落とした部分に到着しました。

藁を干しているわけではなくて何か意味があるオブジェですよね???
s-B0013353.jpg

そばには磔刑な十字架。
s-B0013354.jpg

Kanora village "Pokrovy" Mother of God church, Transcarpathian region, 1792 
s-B0013357.jpg

説明によると18世紀の Lemco churchの形の中で最も完璧な珍しい建物の一つだそうです。珍しいと言われたら迷いながらも見に来てよかったと単純に思ってしまいます(笑)。

違う方向からもぱちり。
s-B0013359.jpg

尖塔の上の飾りも素敵です。
s-IMG_7267.jpg

反対側からもぱちり。
s-IMG_7265.jpg

壁にあった飾りをぱちり。
s-B0013363.jpg
残念ながら中を見ることはできませんでした。壁に何やらウクライナ語(たぶん)の案内がはってあったのですが、12:00という数字と電話番号っぽいのがあったので中を見られる時間帯もあるのかもしれません。

でも美しい建物でしたし、戻ったおかげで水車とかもみることができたので(これは後日写真がでてきます)よかったと思います。


最後の教会です。
このエリアのマップの写真は残っていたのですが、説明部分を撮らなかったようです。Middle Dnieper Regionの教会です。
素朴な鐘たちです。
s-B0013454.jpg

こちらが教会。
s-IMG_7288.jpg

少しズーム。これも古そうです。実は入り口の横にも何やら説明があったのに全く撮っていませんでした。たぶん出口近いところで疲れていたんだと思います。
s-IMG_7289.jpg

中はどこも似ていますが、美しい祭壇です。ここはちょっと広めのようでした。
s-B0013457.jpg

壁にもイコンがたくさん。
s-B0013459.jpg

反対側の壁です。布たちが美しいです。
s-B0013458.jpg

祭壇の上部分の天井をぱちり。ここも尖塔部分は空洞なんですね。
s-B0013460.jpg

とんがった天井2か所をぱちり。
s-B0013463.jpg

教会は以上です。
明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply