FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2018年8月6日~8月12日のウクライナ旅行記です。

今日も昨日に引き続きウクライナ航空国立博物館で撮った写真です。
展示されている飛行機たちは昨日のブログでお見せしたので今日はお隣の空港の滑走路の写真です。

ウクライナ航空国立博物館はジュリャーヌィ国際空港に隣接していて飛行機の発着を見ることができます。ただ離発着の本数はそれほど多くありません。でもこのミュージアムにいる間に数機の離着陸をみることができました。

ミュージアムと空港を隔てる壁にそって道があります。
s-IMG_7447.jpg

この写真のように1か所門がありますのでここから滑走路を見ることができます。あ、ここから飛行機をミュージアムの敷地にいれたのかな??
s-IMG_7433.jpg

こんな感じです。
s-IMG_7395.jpg


少し高い所から飛行機が通っていくのを見ました。
s-IMG_7410.jpg

明るい色合いの飛行機はウィズエアーさんです。初めて見たかもです。
ウイキペディアによると、
「ウィズエアー(Wizz Air)は、ハンガリーの航空会社。2003年に設立、翌2004年より運航を開始した格安航空会社である。ハンガリーのフラッグ・キャリアだったマレーヴ・ハンガリー航空が2012年に破産して以来、同国で最大規模の航空会社となっている。」だそうです。

上の通路だけでなくもうすこし離れた所に少し高い場所があって飛行機を見ることができます。飛行機来た~!とあせったのですが、すでに通過してしまいました。
s-IMG_7415.jpg

小型飛行機が離陸していくのをみながらしばし待っていたら飛行機やってきました。
同じ会社ですが上とは違う機体のはずです。
s-IMG_7427.jpg

結構近くから見られてテンション上がります。
s-IMG_7428.jpg

もうすこし高い場所だったら飛行機の下の方まではいるんですが。
s-IMG_7429.jpg

行ってしまいました。奥の方になんか無地っぽい飛行機がいます。
s-IMG_7432.jpg

定期就航している便はそう多くないそうですが、それでもまた違うのをみることができました。
Buta Airwaysさんという会社です。アゼルバイジャンのLCCだそうです。
s-IMG_7439.jpg

何模様かわかりませんがはっきりした色合いでかっこいいです。
s-IMG_7443.jpg


飛行機の離発着も見たし、ソ連の飛行機たちをたくさん見たので満足して町に戻ることにしました

220番のバスでは駅方面にはいかないのですが、たいした距離ではないし、乗り換えた駅まで歩くことにしました。ミュージアムの前の道をまっすぐ進みます。
s-B0013948.jpg


バスを乗り換えたあたりより少し町に近い、Sevastopol'ska Square という場所がショップもあったりして人も多そうだったのでそこを目指したのですが、実は広場のまわりは一方通行で駅方面に行くバス停がどれかわからないし何番に乗ったらいいのかもよくわかりません。駅の南口までいくのはミニバスだけであとは私がのったバス停、Ivana Ohilenka Stで降りないといけないはず。バス停の名前を憶えていなかったので人に聞くこともできません。

柱の上の方に小さな標識(↓)があるバス停もありますが、こんなに上だと細かい文字は見えません。普段だったらあと数キロくらい歩くのですが前日歩いた時の靴擦れがつらくてあまり歩きたくない気分。ここでやっとタブレットを開いて、368か805番のバスが駅近くまで行くというのがわかって805番に乗りました。本当はこのあたりの番号のバスも最初に乗った道を通ったはずです。
s-B0013950.jpg

どこで降りるかわかるかどきどきしながら乗っていて、気付いた時には通り過ぎて、つぎで降りようとあせってじたばたしていたら、駅の北側のトロリーバスのロータリーみたいなところのそば、Starovokzalna Stが終点でした。とりあえず到着してほっとしました。
s-B0013952.jpg

安心したら、トロリーバスをしばし眺めます。
s-B0013953.jpg


ほっとしたらお腹がすいた気分。いくつかチェックしていたウクライナ料理のレストランに向かいます。
美しい建物たちを眺めながら旧市街を目指して歩きます。
上の方の形が少し変わっていますよね。
s-B0013955.jpg

トラムを利用したカフェ。
s-B0013960.jpg

角度を変えてもう一枚。カウンター部分もトラムと同じ雰囲気なのがかわいいです。
s-B0013961.jpg


旧ペッサラブスキー市場と書いてあるあたりかな。このあたりのレストランも見たんですが、なんかピンこなかったので先に進みます。
s-B0013962.jpg


Fountain on Khreshchatykフレシチャーチクの噴水という場所です。美しい建物が背後にあります。
s-B0013965.jpg

上の写真の建物の上の方をズーム。
s-IMG_7463.jpg


チェックしていたレストランがどこもピンとこず、結局、地球の歩き方にも載っていたウクライナの伝統料理のレストランと書いてあったタラスブリバというところに決めました。ガイドブックに載っているということは日本人客にも慣れているかなと思ったからです。外観などは撮り忘れたようです。

内装はとってもかわいらしいです。
s-B0013980.jpg

民族建築と生活博物館で見たようなストーブっぽい形が作られています。博物館の物と違ってチープな感じもしますが(苦笑)それでもなかなかいい感じ。
s-B0013989.jpg

飲み物は、ドラフトビールの中から選ぼうとしたのですが、ここも伝統的ウクライナ料理のはずなのに、ドラフトビールはベルギーとかチェコの物っぽい。ベルギーもチェコもビールは美味しいけど・・・と思って飲物メニューを見ていて、KVASを試すことにしました。Homemade kvass: traditional ukrainian beverage made from bread と書いてあったからです。
s-B0013972.jpg

ウイキペディアによると
「クワス(квас、クヴァース)は、東欧の伝統的な微炭酸の微アルコール性飲料。キエフ大公国時代から知られ、現在はウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどで好まれている。ライムギと麦芽を発酵させてつくる」だそうです。リトアニアで飲んだのもこんな感じだったかな???黒糖っぽい甘さでごくごく飲めるタイプですが、たくさんは飲めないかな。

このジョッキ、すごい絵だと思ったら、 taras boulbaというベルギーのビールのものかもしれません。隊長ブーリバというキャラがいるらしいですので。
s-B0013974.jpg

黒パンと何やらペーストがきました。何か説明してくださったようですが、全くわかりませんでした。
s-B0013976c.jpg

お料理の到着を待ちます。素朴なお皿がかわいいです。
s-B0013981.jpg

頼んだのはキエフカツ。町の名前がついているくらいですから一度は食べてみたかったのです。
s-B0013987.jpg

ズーム。爆弾おにぎりみたいなチキンカツです。
s-B0013982.jpg
切ると中のバターが流れ出すのですが、そのあたりはお腹すいていたし食べるのに夢中で写真を撮っていません。バターのおかげでチキンの胸肉にもちょっとコクがでて、揚げたてサックサクのカツはあっという間におなかに納まりました。日本でも美味しいチキンカツは食べられますので特別感はないんですが、美味しかったのでよかったです。

ドリンクが甘目でお腹にたまったのとキエフカツでお腹が一杯になったのでデザートはなしにしてレストランを後にしました。

次の目的地に向かって歩きます。
このドアが何だったのか、これ1枚しか撮ってなかったのでわからないのですが、美しいです。
s-B0013995.jpg

なんてないけどこれも美しい建物だと思います。
s-B0014007.jpg

いかにもヨーロッパって感じの街並みです。この色合い大好きです。
s-B0014016.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
旅行猫  

artyさん こんにちは。
 イルューシン62、懐かしいですね。
その昔、新婚旅行にソ連に、しかも冬、行った時、ハバロフスクからレニングラードかモスクワに行った時に乗りました。
ボーイング727に比べると、音はうるさかったのですが、振動は少なかった記憶があります。

ソ連製の航空機はあまり見る機会がないので、とても楽しめました。

2019/01/13 (Sun) 09:37 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

旅行猫さん、こんにちは。

新婚旅行がソ連ですか?それはユニークでうらやましいです。ソ連の頃って大変だったのでないでしょうか?私は小学生くらいの頃からシベリア鉄道に憧れていて、いつか乗ろうと思って乗らないまま今になってしまいました。レニングラードなんていつの間にかサンクトペテルブルクになってしまっているし(笑)。あれ?あっていますよね???

イリューシンに乗られたことあるんですね。私はたぶん飛行機に乗ってしまえば中の区別はいまいちついていないのでよっぽど小さいとか古いとかでなければ気づかなさそうです。振動は少ないんですか?空席の背もたれが倒れるとかっていう噂はイリューシンではなかったかなぁ。今の話ではないかもですが、見てみたい(乗ってみたいではない)かもです。

2019/01/13 (Sun) 23:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply