FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年8月29日~9月5日の北アイルランド旅行記です。

今日もベルファストのアルスター民俗博物館で撮った写真です。
長く引きずっていますが、今日までですので見ていただけるとうれしいです。

Corradreenan Farm House 1750年代に建てられたものだそうです。白い壁もいいですが、きっちり切りそろえられた茅葺屋根や黄色い窓枠もかわいいです。
s-B0016015.jpg

テーブルの上のランプも素敵。
s-B0016018.jpg

カーテンで仕切られたベッドコーナー。
s-B0016020.jpg

暖炉がかっこいいです。
s-B0016021.jpg

同じ建物の反対側のはずです。ちょうど光があたって明るく撮れました。
s-B0016023.jpg


Cruckaclady Farmhouse 1800年代の建物だそうです。
s-B0016026.jpg

暖炉のお隣のベッドって暖かくてよさそうです。
s-B0016028.jpg

こちらにもベッドルームがあります。
s-B0016029.jpg

庭に何やら機械がおいてありました。
s-B0016036.jpg


素朴な小さな建物は、Meenagarragh's Cottier's House 1880年代のものだそうです。中の写真はぶれぶれだったのでお見せできませんが、ワンルームでお一人様用のおうちだったそうです。
s-B0016038.jpg


Duncrun Cottier's House 1750年代のものだそうです。ちなみcottierは小作人と書いてありました。
s-B0016043.jpg

やっぱり暖炉のそばの簡単なベッドの他に大きなベッドコーナーもありました。
s-B0016044.jpg

左上のハートマークがある状差しみたいなのは羽箒がささっていました。
s-B0016050.jpg


Magheragallan Byre-dwelling 厩舎と住居だそうです。素朴な石造りの建物です。
s-B0016075.jpg


このあたりで一度迷いました。
s-B0016078.jpg


Coalisland Spade Millという水車のある小屋の建物の中です。いろんなお道具たちがあって説明がありますが、すでにこのあたりではくたくただったのであまりよく見なかったようです。お道具類大好きなはずなのに。
s-B0016080.jpg

外にあった水車は新しそうです。
s-B0016083.jpg


Coshkib Hill Farm 1850年代のものだそうです。
s-B0016084.jpg

上の建物の中です。養鶏場を営んでいたファミリーの住居だったようです。古い時代の割には優雅な感じです。
s-B0016088.jpg

屋根裏と呼んでいいのかな。こういう傾斜した屋根のベッドルームってなんかいいですよね。といいつつ、屋根からの熱や冷気がそのまま伝わりそうです。
s-B0016090.jpg


これで、広い民俗博物館をほぼ一回りしました。もしかしたら見落としもあるかもですが、疲れたので町に戻りました。

ベルファストの中心部に戻ってきました。
何やら青いオブジェ。
s-B0015484.jpg

平たい方々でした。
s-B0015485.jpg


建物は普通ですが、ドアの色がカラフルでかわいいです。
s-B0016133.jpg

ドアを3枚ズーム。
s-B0016135c.jpg


時々見るこれ、楽しいんでしょうか???(笑)。
s-B0015480.jpg

誰かがこいでくれるならいいですが、こぎながら飲むというのは嫌かも。っていうか、これどこに行くんでしょう???
s-B0015483.jpg


ちょっと枯れたような色合いのアジサイをぱちり。
s-B0016140.jpg

s-B0016141.jpg


私もパブで一休みすることにしましょう。本当は食事をするつもりだったのですが、パブでひっかかりました(笑)。
s-B0016145.jpg

音楽を聴きながらのんびりエールを楽しみました。
s-B0016151.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply