FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2018年9月27日~10月4日のルーマニア旅行記です。

ブカレストの国立農村博物館に到着しました。
s-B0017797.jpg

Googleマップによると、統一広場から約6.3キロ。まあ、歩くにはちょっと距離がありますが、途中美しい建物たちを眺めながらだったのであまり距離は感じませんでした。

現地の案内マップです。なが~い敷地だったので、2枚に分けています。結構広いです。このマップ、建物に番号があって地域別に何の建物だったかが書いてあります。これを持って歩くんだったらわかりやすいと思います。案内マップ有料ででも準備してあったのかは不明です。ただ、知らない地名でピンとこないのと、建物ごとにわりと説明もついてたのでなくてもよかったのかもです。
s-B0017799 (2)c


ここではたくさんの写真を撮りましたが、場所ごと時代ごとにまとめるのも面倒なので、なんとなく気に入ったものの写真を選ぶことにしました。3日間続きます。今日は、教会達がメインです。


つるべがある井戸です。木桶なのもいい感じ。井戸といえばポンプ式というかレバーみたいなのを押すタイプしか使ったことないのですがこの手のは重労働だったんでしょうね。
s-B0017803.jpg

こちらも瓦部分まで木製です。木がふんだんに使われています。
s-B0017807.jpg


小さな祠のような建物です。
s-B0017810.jpg

Turea の Clujエリア、18世紀の木製の教会です。
s-B0017821.jpg

尖塔部分をズーム。4隅の小屋根がある装飾がかわいいです。壁のスペードっぽい模様があるのもいいですね。
s-IMG_8589.jpg

後方からもぱちり。
s-B0017817.jpg

ぶれてしまいましたが、窓のフレームは一応防犯用でしょうか?
s-B0017819.jpg

さらに後方からぱちり。屋根を支える階段状の木の部分の形が好きです。
s-IMG_8608.jpg


建物の中も木がたっぷり使われています。
s-B0017816.jpg

祭壇はこんな感じ。
s-B0017813.jpg




Maramureș という地方のDragomireşti村で、1722年に建てられた教会です。
s-IMG_8616.jpg

少し近づいてぱちり。
s-B0018010.jpg

尖塔は35mあるそうです。
s-IMG_8615.jpg

尖塔部分の飾りがかわいいです。屋根の木って釘でくっつけるんですかね???
s-IMG_8621.jpg

反対側からもぱちり。
s-B0017971.jpg

残念ながら閉まっていて中をみることができませんでした。
s-B0017974.jpg

古そうな十字架です。
s-B0017968.jpg

影になっていてきれいに撮れませんでしたが、教会の門だったと思います。
s-B0017976.jpg


Gorj 地方、Timișeni村。1773年に建てられた教会です。
s-B0018048.jpg

少しズーム。
s-B0018047.jpg

これも尖塔部分がかわいいです。素朴で素敵ですが、木材だとメンテナンス大変そうです。
s-IMG_8626.jpg

側面からもぱちり。
s-B0018044.jpg


少し離れて尖塔部分の飾りを撮ってみました。
s-IMG_8622.jpg

確かこの教会の外壁にあった絵だと思うのですが自信ありません。妙に力がぬけた感じの絵です。
s-IMG_8623.jpg

木の十字架にもうっすら絵が残っています。
s-B0018049.jpg


Neamt地方の Răpciuni 村の教会です。これも1773年と書いてあります。
s-IMG_8662.jpg

こちら側からも屋根部分をズーム。木の瓦がこちらは丸いカーブでカットされています。上の教会たちのよりとても滑らかに見えます。
s-IMG_8664.jpg

反対側からもぱちり。
s-IMG_8665.jpg

屋根もズーム。こちら側からの方が十字架が真っすぐに見えます。
s-IMG_8667.jpg

基礎部分は石積みです。壁の木の組み方も面白いです。
s-B0018186.jpg

ちょっとわかりづらいですが、窓には繊細なフレームがついています。窓のまわりにはうっすらレリーフ。
s-B0018188.jpg

ポーチ部分。
s-B0018190.jpg

ポーチの柱部分も凝っています。建材の木もかなり太いものだったのではと思います。
s-B0018196.jpg

入り口のドア。ここにもレリーフがあります。
s-B0018197.jpg

残念ながらここも閉まっていました。中の祭壇画も美しいそうなので見られなくて残念。このドアの把手部分も好きなタイプ。
s-B0018198.jpg


これは教会つながりでアップしましたけど、上の教会の敷地にあったものではなかったと思います。
s-B0018267.jpg


SIBIU地方の、Rășinari村にあったRoadside Crucifixです。日本からするとお地蔵様とか祠とか小さな神社って感じかもですね。
s-B0018317.jpg


今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
R@香港空港ラウンジ  

9月にルーマニアとブルガリアにウィーンから陸路で向かう予定ですが、今回の旅行記は期待大です。レンタカーを利用しない方向で考えていますので、交通情報は詳しくお願いします。
あ、何故にウィーンからと言うと、エバーの航空券が安かったのと、シェンゲン圏90/180日間制限にひっかかることから、ウィーンから非シェンゲン圏に向かうというわけです。往路は列車利用予定、復路はソフィアからOS便で戻ります。

で、この教会群ですけどポーランドの世界遺産「マウォポルスカ南部の木造聖堂群」(URL欄に私の写真を登録しておきました)の教会と似てますね。
距離的には結構ありそうですけど、関係あるのかしら?
と、自分で調べようとしないで聞いたりしています。(笑)

2019/02/27 (Wed) 00:43 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは

香港いいですね。アメリカのテロ後にBAからCXのトランジット失敗して1泊したのが最後のような気がします。アジアは特に福岡からは近いしいつでも行けると思ったらなかなか順番がまわってきません。

エバーさんはウイーン行がお安かったのですか?ここの所どこの航空会社もお高いし、台湾好きだからエバーさんと思ったのですが、就航都市が少ないのか調べ方が悪かったのかうまくいきませんでした。ウイーンからの陸路楽しそうです。

私は秋のティミショアラあたりを狙っていたのでブダペストからの陸路を考えていました。現欧州発券がとっても不自由になったのでブダペスト発福岡往復。でも気分が古代ギリシャとペルシャになったので保留中です。ウイーンもいいんですが、チケットいつも高いんでブダペストかなぁと。あ、ANAさんがウイーンに飛ばすんでしたっけ?チケット少しはお安くなるかしら。


ポーランドの世界遺産「マウォポルスカ南部の木造聖堂群」素敵ですね。春に足をのばせそうかと思ったらクラクフに近いエリアなんで無理っぽいです。ハンガリーの東の方でも木の教会を見たと思いますし、この博物館の教会も比較的ルーマニアの北のエリアのもので距離的にはそれほど離れていないのかもです(Googleマップによると800キロくらい??)。

最後に、旅行記はお役に立てないと思います。移動はほぼ「徒歩」ですから(笑)。それと教会はミサや洗礼式、結婚式などにあたることが多くて中をみるために開いている時間をみはからって何度も訪れるというのをやったので意外に時間をとられてあまりたくさん観光できていないです。

2019/02/27 (Wed) 10:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply