FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2018年9月27日~10月4日のルーマニア旅行記です。

今日もブカレストの春の宮殿で撮った写真です。
ニコラエ・チャウチェスクさんが住んだ異常に豪華なおうちです。
さすがにご婦人はともかく王様みたいな衣装ではなかったようです(笑)。
s-B0018556.jpg

でもクローゼットにはお洋服たちがたくさん。
s-B0018558.jpg

毛皮のコートたち?
s-B0018562.jpg

ブティックのようです。
s-B0018560.jpg


そしてびっくりするのがこのプール。
s-B0018595.jpg

いえ、プールがあってもいいんですが、こんなに壁全部をモザイクで飾る必要があったんでしょうか???
s-B0018570.jpg

庭に面したガラス窓以外はモザイクです。
s-B0018574.jpg

ドア部分をズーム。
s-IMG_8702.jpg

鳥模様をさらにズーム。
s-IMG_8709.jpg

このあたりは星座模様。
s-B0018576.jpg

ファンタジーな感じ。
s-B0018577.jpg

流れ星模様あたりをズーム。
s-IMG_8706.jpg

お日様もいます。
s-B0018593.jpg

こちらは魚たち。
s-IMG_8700.jpg

お魚まで金ぴか(笑)。
s-IMG_8704.jpg

サンゴたちもあります。
s-IMG_8705.jpg

空には虹と鳥たち。
s-IMG_8701.jpg

ちょっと変わったお花やチョウたちも。
s-IMG_8712.jpg


お庭に面した窓も一応ぱちり。
s-IMG_8708.jpg


ここからがちょっと気になる空間。泳いだ後はマッサージでも受けるんでしょうか?
s-B0018579.jpg

シャワーがあります。シンプルですがなんかいい感じ。
s-B0018582.jpg

タイルが好きなタイプだからかもしれません。
s-B0018583.jpg


ちょっとよくわからない機械たちがあります。スチームとかですかね??サウナのようなのはなかったと思います。
s-B0018580.jpg

白い箱みたいな機械は何でしょう?
s-B0018586.jpg

これはジャグジーっぽい。なんでこんな形なのかわかりませんが。
s-B0018587.jpg

これもよくわかりません。人が入れる容積はないと思います。
s-B0018588.jpg

こちらも何やらチューブがたくさん。人間洗濯機みたいなものでしょうか???(笑)。
s-B0018590.jpg


螺旋階段の裏側もきれいなタイルがはってあったのでぱちり。
s-B0018596.jpg


ガイドツアーはここで終わりです。
お庭を眺めながら出口に向かいます。
s-B0018602.jpg

噴水あたりとかのぞいてみたかったですが、出ることはできません。
s-B0018603.jpg

お庭はそれほど広くはないです。
s-B0018604.jpg

この通路のあたりはもっと早い時刻だったらカフェになるのかもしれません。
s-B0018605.jpg

もう一度建物を眺めます。外観だけではゴージャスな内装は想像つかないです。
s-B0018606.jpg

通路にあったオブジェをぱちり。
s-B0018610.jpg

いろいろ考えるともやもやしてしまいますが、国民の館とともに見る価値はあると思います。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
EkaterinaYoghurt  

ある一定の年齢以上の人なら、このチャウチェスクのことは強烈な記憶となっているのではないでしょうか。
あの処刑のシーンが衝撃的すぎて頭から離れません。
こちらの宮殿、どこもかしこもお金に物を言わせて作られていて確かに綺麗ですが、ちょっと怖いような感じがつきまとうのは、自分の気持ちが目にフィルターをかけているのでしょうね?と思いながら拝見しました。
ただ確かに綺麗で豪勢ですね!階段の裏までタイルを貼らなくても・・・って思ったのですが、庶民の感覚なんでしょうね^^;
リラクシングルーム?の器具類は、健康や美容の為の器具なのかな?不老長寿為の器具とかありそう!って思っちゃいました。

2019/03/04 (Mon) 12:44 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Ekaterinayoghurtさん、こんにちは。

そうなんですよね、革命はそれほど昔ではないんです。でもなぜか私、このあたりの歴史的に大きな事件の記憶がほとんどないんです。昔からテレビがない生活で家にもほとんどいなかったし新聞は読んでも今と違ってネットとかなかったからかな。なので後で出てくる国民の館と同様ベルサイユ宮殿のような気持ちの落ち着かなさを感じつつも歴史的な昔の話に感じながら見ていたような気がします。
豪華なプールやスパって建築だけでなくメンテもかなり大変だったはずですよね。せめて観光資源として現ルーマニアの役に立つことを願うばかりです。

2019/03/05 (Tue) 22:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply