FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年9月27日~10月4日のルーマニア旅行記です。

ブカレストのルーマニア国立歴史博物館です。
建物大きいです。
s-B0018823.jpg

大通りに面して美しい神殿風の柱が並んでいます。
s-B0018827.jpg

柱廊をぱちり。
s-IMG_8886.jpg

ズーム。ランプも美しいです。でも残念ながらこちら側に入り口はありません。建物の反対側にまわるように案内がありました。
s-IMG_8887.jpg


昨日お見せしたスタヴロポレオス修道院からすぐのところに入り口があります。
s-B0018912.jpg


たぶんここで一番有名なのは、ローマの「トラヤヌスの記念柱」のレプリカです。ローマ帝国のダキア(ルーマニア)征服を描いたレリーフを見ることができます。
s-B0018924.jpg


土台部分です。
s-B0018915.jpg

レリーフ部分をぱちり。
s-B0018920.jpg

下の方からぱちり。
s-B0018935.jpg

角度をかえてもう一枚。
s-B0018943.jpg

説明があります。彩色されていたんでしょうか??
s-B0018937.jpg

これ、ローマにあるはずなんですが、見た記憶がありません。イタリアは好きなんですが、ローマっていまいち好きになれないんで、たぶん結構前に2回しか行ったことないはずです。そろそろローマに行ってみるのもよいかと思いました。

でもって、この円柱の展示、どこかで見た気がしますが、ブカレストは初めてだし・・・と思ってググってみたところ、ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館にあると書いてあったので納得。

円柱のまわりのレリーフのレプリカも展示されています。一部お見せしましょう。シーンの説明もありましたが、省略します。
s-B0018939.jpg

実際の塔は113年に完成したとのことですが、このようなレリーフで覆われた30メートルもある塔を作ると言うのはものすごいことだと思います。そして、そのレリーフの型をとってレプリカを作ったのもすごいですよね。19世紀と20世紀にかたどられたそうです。
s-B0018946.jpg

なかなか細かいです。
s-B0018948.jpg

当たり前かもですが、レリーフの人物、お顔や表情もみな違います。
s-B0018950.jpg


棺や大理石像などの展示もあります。
優雅な方がお座りですが、説明がぶれて読めませんでした。
s-B0018916.jpg


透かし彫り風なレリーフが美しい石棺は、説明を撮り忘れたようです。
s-B0018922.jpg

上にぎっしり文字がありますので読めばわかるかもですが、読める文字ではありませんでした。暗号のようです。
s-B0018923.jpg


お花模様がかわいい石棺です。
Sofia Potocky's sarcophagus 1583年
s-B0018925.jpg

Sofia Potockyさんがどなたかは存じませんが、石棺の蓋はご本人様かしら??
s-B0018928.jpg


Keystone with the figure of Iacobus, The Apostle Evangelic Church Sibiu  16世紀
s-B0018929a.jpg
これ、なんか好きでした。どういう教会だったんでしょうね。


Inscription from Maxineni Church 17世紀
s-B0018932.jpg
文の説明があったんですが、ルーマニア語(たぶん)のみでした。17世紀にはこのような文字だったのか、教会だから特別な文字が使われていたのかわかりませんが、素朴なレリーフと文字の感じが好きなタイプ。


説明撮り忘れたようですが、牛模様って珍しいかな。
s-B0019105.jpg


Trapezofor テーブルの脚だそうです。2世紀のものです。狛犬さんっぽくてカッコいいです。
s-B0019106.jpg

これもたぶん同じかな。頭に台がついています。
s-B0019110.jpg


貴金属な装飾品たちの展示です。
これかわいいです。何の装飾に使われたんでしょう?と、写真を撮るときは疑問に思わなかったんで説明撮らなかったんでしょう。
s-B0018963.jpg

とってのくるんとした部分がかわいいです。
s-B0018964.jpg

金細工たちもたくさんありました。魚の目がユニークです。
s-B0018967c.jpg


Sardonix cameo representing the apotheosis of a roman imperial couple  2世紀後期~3世紀初頭
s-B0018979.jpg
神格化したローマ皇帝のカップルを表した赤白シマメノウのカメオ。いまいち何の模様かわかりませんがカメオの色合いが素敵です。


凝った作りのアクセサリーたち。これはお洋服とかに引っ掛けるタイプかな??
s-B0018982.jpg

首にかけると重いかもしれません。
s-B0018984.jpg


Getic princely helmet from the 4th century BC found at Coțofenești
s-B0018975c.jpg
レリーフがついた黄金のヘルメットということで2方向から写真をお見せしました。Helmet of Coțofeneștiとしてウイキペディアに説明がありましたが、詳しく読んでいません。黄金のヘルメットって強度的にはどうなんでしょう?実用品ではないのかもですね。しかも1キロ近くもあるそうです。被ったらずっしりしそうです。


Helmet,found in the princely burial mould from Peretu  紀元前4-3世紀のものです。
s-B0018985.jpg
上のヘルメットもそうですが、目がついているので被るとちょっと不思議な見た目になりそうです(笑)。


ゴールドのブレスレットたち。シンプルですが美しいです。
s-B0019001.jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply