FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年11月29日~12月05日のトルコ旅行記です。

昨日に引き続き、エディルネの考古学民俗学博物館で撮った写真です。
今日も民俗学部門です。
トルコと言えば絨毯。これまた写真が撮りづらいのが残念。結構古いもののようです。
s-B0022574.jpg


美しい刺繍たち。なかなかかわいらしい模様も多いです。何に使う布たちなんでしょう?
s-B0022514c.jpg

このあたりは昨日アップした衣装たちにつかわれているようなタイプです。
s-B0022538c.jpg

図案はかわいらしいですが金糸が使われてとってもゴージャス。
s-B0022524.jpg

広い面積を縁取っているものもあります。
s-B0022527.jpg

この写真ではわかりませんが、カットワーク刺繍っぽいというかとっても凝ったものです。
s-IMG_9704.jpg

厚手のフエルト地の刺繍です。羽織物に使われていそうなタイプ。
s-B0022686.jpg


なんとも優雅なバスルームと思ったら、ターキッシュパスとかいてありました。ハマムです。
s-B0022554.jpg

なんとも美しい刺繍のお召し物の女性ですが、お客の方なのか、マッサージ師さんとかのスタッフの方なのかわかりません。刺繍びっしりの布はタオル替わりではないですよね???
s-B0022553.jpg

積んであるタオルも美しい刺繍です。石の上に寝転がる時に敷いたりするのかな???
s-IMG_9709.jpg

ハマムには一度しか行ったことありませんが、こんな優雅な方がお世話してくれるわけではありません(笑)。
s-B0022546.jpg

この姿でチャイを運ばれてこられたら緊張してしまいます。王族の方とかがハマムを利用するときはこんな感じなのかもしれません。
s-IMG_9707.jpg


素材は様々っぽいですが、素敵なスプーンたちです。細い柄にどれも美しい模様が彫られています。
s-B0022542.jpg


このあたりからはまた私の好きなお道具たち。
19世紀のトムバック(銅と亜鉛の合金)の水差しです。
s-B0022543.jpg

18世紀の香炉です。かわいいデザインです。
s-B0022544.jpg


火鉢みたいなものに、コーヒー用のポットがのっているようです。
s-B0022548.jpg

真ん丸でかわいいのは、コーヒー豆用のロースターと書いてありました。これを炭火で使うのは難しそうですし、使ってみようとも思えないですが、オブジェとしてほしいです。
s-B0022549.jpg

何を入れるんでしょう???
s-IMG_9692.jpg


このあたりからは装身具たちです。
やっぱりアラブといえばこのヘッドドレス。エキゾチックで好きです。
s-B0022559.jpg


このあたりはネックレスと書いてありました。重そうでもボタンでつけるならOKかも。
s-B0022563.jpg

s-B0022564.jpg

ペンダントトップ。
s-B0022568.jpg

ベルトたちです。やっぱり重そう。
s-IMG_9689.jpg

s-IMG_9690.jpg


ブレスレットと書いてあったと思います。
s-IMG_9691.jpg

これもペンダントかな??下の方は鈴っぽく見えます。
s-IMG_9697.jpg


シルバーのようですが、何をいれたんでしょう?
s-B0022561.jpg


陶器たち。右下の青いお湯のみみたいな形のがとっても欲しいです。
s-B0022552c.jpg

古そうな陶器たち。こんな色合いのも好きです。割れていない状態をみてみたかったです。
s-B0022569.jpg

s-B0022572.jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply