FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年11月29日~12月05日のトルコ旅行記です。

今日までエディルネ 考古学・民俗学博物館で撮った写真です。
今日は考古学部門です。ローマ、ビザンティン、オスマントルコ等の出土品があるようです。
s-B0022581.jpg

上の写真に写っている墓碑です。説明があるようですが、トルコ語のみだったんで見ていません。
s-B0022588.jpg


トルコのエディルネあたりはトラキア人が住んでいて、トラキアといえばブルガリアの黄金のイメージなんですが、そのような展示はなかったです。

説明をあまり見ていませんが、古そうなガラスたちのわりには繊細な作りだと思います。
s-B0022587.jpg


このあたりはテラコッタたち。紀元前6世紀くらいのものだそうです。
この2枚、ライオン(?)模様がほとんど同じです。
s-B0022591.jpg

s-B0022592.jpg


人の顔を持つ鳥ってなんていうんでしたっけ??下のヒツジさんもとってもキュート!
s-B0022595c.jpg


口の細いフラスコたちは何をいれたんでしょう?
s-B0022599.jpg


鳥模様の平たいカップ?
s-B0022600.jpg

牛の顔の容器。
s-B0022601.jpg


ハート型の葉っぱの模様がかわいいと思います。
s-B0022614.jpg

下のハート型模様の蓋付カップ(土鍋???)、とっても欲しいです。
s-B0022616c.jpg


同じ壺です。アマゾン族と戦うヘラクレスだと説明に書いてあるようですが、英語がなかったので違うかもです。
s-B0022625c.jpg


美しい女性たちが何やら作っています。さて、何のシーンでしょう???
s-B0022629.jpg


ブロンズ時代だそうです。
大きめの壺です。。
s-B0022632.jpg

飾りの部分をズーム。
s-B0022633.jpg


胸像たち。
テラコッタです。
s-B0022603.jpg

美しい方ですが、特に誰とかはなかったと思います。
s-B0022610.jpg

この手のは頭部がないのが多くて残念ですよね。
s-B0022622.jpg


ヘレニズム期とかいてあったと思います。
ちょっと印象的だったというか奇妙な感じがしました。壁に女性の小像たち。
s-B0022640.jpg

反対側も同様です。
s-B0022637.jpg

きれいに写せませんでしたが、壁に挟まれた部分にも女性像。 Aphrodite figurines と書いてあったのですが、この真ん中の方がアフロディーテさんなのか、全部アフロディーテさんなのかはわかりません。
s-B0022639.jpg


2つの穴がお顔のようで妙にかわいいフィギュアたち・・・と思ったら、織機の錘だそうです。
s-B0022648.jpg

ピュクシスと書いてありました。アクセサリーがはいっていますが、「古代ギリシア・ローマ期に用いられた陶器の化粧道具入れ」だそうです。
s-B0022653.jpg


ローマ時代のブロンズの鏡。いつも思うんですがこの手の鏡ってどのくらいきれいに写せるものだったんでしょうね?
s-B0022655.jpg


お皿が2枚。どちらもなんとも気が抜けた感じの鳥の絵です。
s-B0022662.jpg

s-B0022663.jpg


パール細工のイコンとしか書かれていませんでしたが、これはあの有名な作品とほぼ同じ図案に見えます。
s-B0022665.jpg

この形と模様は好きなタイプ。
s-B0022672.jpg

丸いボウルも細かいも王がついています。
s-B0022674.jpg


大理石レリーフたち
オルフェウスさんだそうです。
s-B0022657.jpg

ローマ時代の墓標です。
s-B0022669.jpg


水盤のような形でしたが何かはわかりませんでした。鳥模様ですか??
s-B0022677.jpg


聖ジョージさんかな。ちょっと短めですが、こういうのにしてはちゃんとドラゴンっぽいです。
s-B0022681.jpg

英語の説明が少なく、なんとなくぼんやり見てしまいましたが、わりと好きなタイプのものが展示されていました。
考古学部門はともかく、民俗学部門は民族衣装とかに興味があればとても楽しいのではと思います。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply