FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2018年11月29日~12月05日のトルコ旅行記です。

今日はエディルネのバヤズィト2世の複合建築の一画、医学博物館で撮った写真です。
建物のパティオです。
s-B0023078.jpg

光があたる方もぱちり。こちらの建物は数百年もの間、医学学校として使われ18の学生の部屋と講義室が1個あったそうです。
s-B0023095.jpg


このあたりは学生の部屋のはずです。実習を含む勉強中かな???
s-B0023073.jpg

お帽子がすごいですが、ふんわりしたのは偉い人っぽいです。それにしても医学学校に行くなんてエリート達なんでしょうけど、優雅な生活っぽいです。
s-B0023075.jpg

まむしに鶏を噛ませて、解毒の薬を与えて回復させたとかっていう説明がありました。
s-B0023079.jpg


こちらは広い部屋でしたのでたぶん講義室だと思います。
拷問でもしているのかと思ったら整体のようです。
s-B0023084.jpg

こちらに並んでみているのは学生さんだと思います。
s-B0023085.jpg

教科書的にはこのようなシーンです。牽引して術者がずれのある脊椎をもとの位置に戻していくそうです。これもやっぱり拷問にしかみえません(苦笑)。
s-B0023087.jpg


講義中です。
s-B0023088a.jpg


こちら側は治療室とかが並んでいます。
s-B0023049.jpg

細長いパティオを建物が囲んでいます。
s-B0023046.jpg


いかにも井戸です。
s-B0023050.jpg


当時の学校や病院の様子や資料などの展示がありました。
下の方にも写真がでてきますが、ミュージックテラピー。
s-B0022988.jpg

この人体図はちょっと怖い(笑)。
s-B0022989.jpg

何かのパレードのようですが、うちわのような袋のようなのを振り回している人たちが何か気になります。
s-B0022991.jpg


お医者様たちです。一番左の方が医長です。
s-B0022980.jpg

こちらはスタッフたち。左から、執事長、書記官、ドアマンです。
s-B0022985.jpg



薬剤師さんたちのようです。
s-B0022999.jpg

この方の天秤の上にのっているのは松ぼっくり(笑)。松ぼっくりもお薬の材料になるんでしょうか???
s-B0023000.jpg

蒸留するお道具です。
s-B0022994.jpg


左側は歯科の患者、右は外科医と書いてありましたが、逆に見えます。お道具何もないんで内科かと思いました。
s-B0023005.jpg

これは説明撮り忘れましたが、何やらお道具持っている左の方がドクターでしょうか?上の写真と見比べるとどちらが患者かわからなくなります。
s-B0023016.jpg


診療光景の絵もありました。絵を再現しているんでしょうけど、背中の脂肪腫切除です。
s-B0023024 (2)c


治療光景の絵を少しお見せしましょう。
上は歯痛のための焼灼:今ならレーザーでしょうけど・・・どちらがより痛いのか想像できません。
下は口唇の腫れを切っているそうです。
s-B0023010 (2)c

上はのどの腫れを除去しているところ
下は舌小体切除術。
s-B0023019 (2)c
4枚ともなんか無駄に怖そうな手術ですけど、術者が妙に明るいかわいい顔をしているのが気になります(笑)。


精神病棟もあったようです。
異様な雰囲気と思ったら、やっぱりメンタルな病気の方の隔離病棟仕様でした。
s-B0023027.jpg


上の方に絵がありますが、ミュージックテラピー用の楽団の方々です。
s-B0023030.jpg


病院では患者さんたちをリラックスさせるために、香りのよい花を集めて患者さんに渡したり、お香をたいたりしたそうです。
s-B0023038.jpg

美しいボトルたちは、ローズウオーター用です。
s-B0023040c.jpg


外科医が血清をつくるために毒蛇に指をかませているところとか。そんなのは絶対やりたくないです(笑)。
s-B0023047.jpg


調理室。調理師さんたちが食事の準備をしています。
s-B0023051.jpg

お鍋大きくてびっくり。
s-B0023052.jpg


こちらも随分大きなお鍋・・・と思ったら、ランドリーでした。煮洗で殺菌効果もねらっていたのかもです。
s-B0023065.jpg

あまり説明は読んでいませんが、文字がなくてもわかりやすいミュージアムです。医学進んでいたんだろうというのがよくわかります。エディルネの中心部からちょっと離れますが、歩いても大した距離ではないですので、お時間あればおすすめします。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply