FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2019年1月28日~2月04日のスロヴェニア&クロアチア旅行記です。

ボヒニュ湖からフォーゲルスキー場へのケーブルカーに乗っています。
眺めが良いです。夏でも散策を楽しめるそうなので行く価値ありだと思います。
ボヒニュ湖は細長いです。
s-B0024552.jpg

山肌はこんな感じ。
s-B0024555.jpg

こんな斜面にこれを建設するのは大変だっただろうなぁと思います。
s-B0024559.jpg

少し視線を右にずらしてぱちり。
s-B0024564.jpg

さらに右をみます。雲というかガスというかが、増えてきました。
s-B0024566.jpg

さらにガス。上につい何も見えなかったらショック・・・とちょっと悲しい気分。
s-B0024568.jpg

フォーゲル駅に到着です。青空見えて一安心。
s-B0024571.jpg

ケーブルカーからおりてぱちり。雲の上に出た感じかな。
s-B0024572.jpg

標高1535メートルだそうです。
s-B0024642.jpg


乗ってきたケーブルカーです。山頂まで運んでいただいてありがとうございます。
s-B0024636.jpg


上の写真たちではどんより曇り空バージョンなので少し晴れた帰りに撮った写真も一緒にお見せしましょう。
フォーゲル駅で撮った写真です。
s-B0024638.jpg

ケーブルカーに乗る前にぱちり。上のほうにある到着時と違って山が見えます。
s-B0024640.jpg

湖の方もぱちり。
s-B0024645.jpg

山肌の木たち。
s-B0024655.jpg

もう一台のケーブルカーとすれ違いました。
s-B0024659.jpg

山肌は日陰になりますが青空なのはうれしいです。白い雲たちも刻一刻と表情をかえて見飽きないです。
s-B0024669.jpg


光があたった山肌も美しいです。
s-IMG_(1000383).jpg

湖面の白い部分は凍っているのかな。筋がはいっているのはボートの跡でしょうか??
s-IMG_(1000384).jpg

半分凍った湖面でボートに乗ってみたいです。
s-IMG_(1000385).jpg


フォーゲルスキー場です。
雪景色ですが、この気温。全く寒くありません。私の防寒対策は無駄でした(笑)。
s-B0024624.jpg

人生初スキー場。
s-IMG_(1000289).jpg

逆光になって変な色ですが、写真でしかみたことなかった光景にテンションあがります。
s-B0024574.jpg

子供たちのスキー教室みたいなのも行われていました。
s-B0024575.jpg

奥のほうに人が滑っているのが見えます。
s-IMG_(1000288).jpg

ズーム。気持ちがよさそうです。スキーやスノボはやったことないけど、ソリでなら滑ってみたい(笑)。
s-IMG_(1000287).jpg


スキー客の邪魔になってはいけないですがたぶんこのあたりは歩けそうだと歩いてみることにします。
s-IMG_(1000292).jpg

ふりかえってぱちり。
s-IMG_(1000298).jpg

固められて筋がはいった雪もきれいです。
s-B0024612.jpg

青空だし雪はたくさんだし、風もなくて寒くないし最高のお散歩日和。
s-IMG_(1000305).jpg

スキー板つけて移動している人はたまにいますが、お散歩しているのは私だけのようです(笑)
s-IMG_(1000313).jpg

道の脇の方にはこんもり雪が積もっています。30センチ弱くらいだと思います。
s-IMG_(1000314).jpg

少しつま先で削ってみました。ここはステップあるからよいですが、道の端っこは時々深くなっているので要注意です。
s-B0024605.jpg


どこまで歩いても大丈夫なのかわかりませんがとりあえずもうすこし歩いてみました。
s-IMG_(1000318).jpg

除雪作業の車???と、思ったら人工降雪機だそうです。Rさん教えていただいてありがとうございました。
s-B0024599.jpg


変わり映えしない光景ですが、雲の様子や木の雰囲気がかわるので飽きないです。
s-IMG_(1000336).jpg

むくむく雲が沸き上がってきます。
s-IMG_(1000338).jpg

こちらは横に移動する雲。
s-IMG_(1000342).jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
R@クルディガ.ラトビア  

除雪機ではなく、人工降雪機ですね。
日本のスキー場ではあまり見かけないタイプですけど、気温がこれだけ高いと深夜から早朝にかけて活躍しているのでしょう。
雪が少ないみたいですから歩いても大丈夫だったのでしょうが、ゲレンデの端っこだと、普通の靴ではズボっと埋まる可能性大ですから、またゲレンデ歩きするときは気をつけてください。

来シーズン、子供が北海道の粉雪で滑りたいと言っているので、15年ぶりのスキーが実現するかも?

2019/06/22 (Sat) 01:27 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

Rさん、こんにちは。ラトビアからありがとうございます。

教えていただいてありがとうございます。
人工降雪機というのがあるんですね。欧州の山間部のスキー場で雪を足さないといけないとか考えていませんでした。実際私が行った前日までは結構気温低かったはずですし。除雪機にしては変な形と思っていました(笑)。

さすがにいわゆるゲレンデは歩いていませんが、一度道路わきの草むらとの境を踏んだらしく深めの雪にはまったのでちょっと焦りました。次にたっぷり雪を見る旅行ではスキー場ではなく雪道ウオーキングのような散策路があるところに行きたいです。

やっぱりパウダースノーっていうだけあって雪質って場所によって全然違うんでしょうね。スキーをしたことがない私にはピンときません。Rさんだったら北海道じゃなくてスイスとか(他は全く思いつきません)なのかと思ってしまいました。

2019/06/22 (Sat) 20:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply