FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年2月27日~3月06日のメキシコ、ユカタン半島旅行記です。

2月28日
今回のメキシコ旅行、もう何度も行ったメリダにしたのは、セレストゥン自然保護区に行きたかったからです。
セレストゥン自然保護区はフラミンゴがたくさん見られるエリアです。何度か書いたことがありますが、初めて行った時にはフラミンゴたくさんいたんですが、ラグーンの水が少なすぎて、ボートがフラミンゴのいるエリアに近づくことができなくて、みんなでラグーンにはいってボートを押さないといけませんでした。欧米人には膝下の水深でも私には膝上(笑)。ボートから手をはなすとゆらゆらします。遠くのフラミンゴをさらにゆらゆらしながら撮るのでぶれぶれぼけぼけ写真の連続でした。今考えると最初のこの時が一番フラミンゴが多かったと思います。

ちなみにその時に撮ったぶれぶれぼけぼけなフラミンゴたち。遠くにびっしりいたんですけど、こんな写真で残念。
s-RIMG0501.png

こちらはペリカンたち。
s-RIMG0425.png

2度目はフラミンゴ結構いたんですが、その時の旅行の写真のデータ飛ばしました。ブログに掲載した縮小した写真以外は残っていません。

その時のブログの記事のリンクを張っておきます。
ペリカンたち
フラミンゴたち
ホワイトペリカンたち


今度こそフラミンゴの写真をたくさん撮ると決めてはりきって出かけたのですが、フラミンゴとっても少なかったです。3月はもうシーズン終わりなのかもしれません。なので頑張ったわりにはいまいちですが、まあこれで我慢することにしましょう。もうすこし早い時期の方がよいのかもです。

今日はセレストゥン保護区への行き方です。
メリダにはバスターミナルはいくつかありますが、セレストゥン行はノルテバスターミナルからです。
本数は少ないですが割と小さな町に行くバスもあります。昨年行ったティシミンとかリオラガルトスに行くバスもありました。
s-B0026103.jpg


オリエンテ社のバスです。1時間に1本くらいあったような気がしますがはっきりとは覚えていません。
10時発のバスにしました。
s-B0026105.jpg

ターミナルの待合室で待っていたのですが、10~15分くらい遅れてきたのでどきどきしました。
s-IMG_(1001789).jpg

やっと来ました。CELESTUNと大きく表示されていたので一安心。
s-B0026106.jpg

バスはごくごく普通です。
s-B0026109.jpg

2時間くらいで到着の予定でしたが、遅れてきたのと渋滞などがあったので、到着したのは12時半すぎていたと思います。
車窓からの光景の写真です。

大きな木がある公園です。
s-B0026111.jpg

建物の壁はカラフルなものが多いです。
s-B0026122.jpg

このタイプの建物もよく見ます。
s-B0026132.jpg

小さな町にも教会は必ずあります。
s-B0026254.jpg


よく見るバイクタクシー。
s-B0026134.jpg

何度か乗ったことありますが、あまり乗り心地が良いとは言えません。
s-B0026166.jpg

こちらは自転車です。自転車で前に2人も人載せたらかなりの重労働だと思います。
s-B0026165.jpg


道ではフルーツとかが売られています。これは壁があってお店状態ですが、人が座って籠がおいてあるだけのようなのも多いです。
s-B0026138.jpg

バス通りと交差するのはこんないかにものんびりした道です。
s-B0026140.jpg


ピンクの壁がかわいいです。
s-B0026225.jpg

ぶれぶれですが茅葺のような建物。
s-B0026228.jpg

青い空に白い雲が美しいです。
s-B0026150.jpg

いかにもメキシコっぽい絵が描いてあります。
s-B0026156.jpg


いろいろな形の白い雲がありました。
s-B0026240.jpg

初めて行った時は、狭い道をひたすら走った気がするのですが、一部ですがこんなに立派な道ができていてびっくり。
s-B0026161.jpg


川がみえて橋を渡ったらセレストゥンです。
s-B0026174.jpg

橋を渡り終えた所でバスを降りるとこんな感じです。
s-B0026175.jpg


セレストゥン自然保護区でフラミンゴを見るためにはボートツアーに参加しないといけません。
ガイドブックには、橋を渡ったところでバスを降りると書いてあります。
この写真で右側の赤矢印をつけているところが橋をわたったすぐのバス停です。
s-s-セレストゥン2

ちなみに橋はスペイン語で「プエンテ」です。あらかじめ運転手さんにプエンテで降りたいと言っておいて忘れられてしまった時のために、橋を渡ったところで「ばほ=降ります」って声をかけたほうがよいです。初回は気づいた時には通過して終点まで行ってしまい、2度目は橋で降りようときめていたのにやっぱり意思表示できず終点まで乗ってしまいました。

橋のあるところで降りて道路を渡るとツアー会社があるのでフラミンゴのボートツアーを申し込むことができます。

でもって終点まで乗ってしまった場合(左側の方の赤い矢印)、バスが到着すると、ツアー会社の人が「ふらみんご~!」とか叫びながらよってくるのでその人についていけばよいです。呼び込みがいない場合は、バスおりてそのままビーチまで向かうとツアーのボートがみつかります(左側の方の青い矢印)。

どちらにしても個人で貸切るのでないかぎりある程度の人数が集まらないと出発しませんので、場合によってはちょっとまたないといけません。橋の方が駐車場もあるし若干お客さんは多そうなので待ち時間は短いかもです。

今回は、行きのバスが同じだったアメリカ人の年輩の女性二人と一緒に申し込みに行って、彼女たちは乗合でなく貸切るつもりだったのでちょっとお高くはなりますが、待ち時間がないのはラッキーと私も一緒に参加させてもらうことにしました。


フラミンゴがいるかいないかは時の運ですが、どちらのツアーに参加するのが良いかですが、私は橋の方よりもビーチまで行ってからのツアーの方がよい気がしました。バスを降りるときに終点まで乗ればよいというのもあります。

人が少なくて待たないと行けなくなるというのはたぶんどちらでも同じです。
ビーチからのツアーはボート乗り場があるわけではないので、ボートに乗るときに水の中を少し歩く場合があります。私の今回の荷物のディレイで革靴のままとかだったらちょっと困るパターン。もちろん脱いで歩けばいいんですが。

ビーチからのツアーは、下の図のように(↓)赤いラインをまわりこんで橋まで行ってフラミンゴのいるエリアに向かいます。
s-セレストゥン3

赤いライン上に、上の方の写真にあるペリカンたちの群生地があるのです。これもいつもいるのかはわかりませんがビーチ側から参加した2回ともペリカンたちを見ることができました。今回橋の方からのツアーは、プライベートだったのでちょっと違うかもですが、上の図の青いラインの往復で、フラミンゴたちのエリアにいる時間は長かったですが、フラミンゴが少なかったのもあってちょっと不満足。橋の方からのツアーでペリカンたちをみにいくのがあるのかはわかりません。なのでもし4度目があるとしたらビーチまで行って参加すると思います。

ボートの操縦士さんはツアーガイドを兼ねているはずですが、説明をどのくらいしてくれるかもあたりはずれがあるようです。
今回のガイドさんは英語がいまいち得意でないように見えました。


橋(プエンテ)のバス停で降りたところです。
道路を横切ったところで、一緒になった米人の女性が立ち止まったので何かと思ったら、小さいイグアナとカニ。
s-B0026176.jpg

この奥の建物に、ツアーの窓口があります。
s-B0026177.jpg

人が立っている所が窓口です。
s-IMG_(1002056).jpg


壁にはフラミンゴの絵がありました。
s-IMG_(1002057).jpg

プライベートツアーなのですぐに出発できます。
乗り場はこちら。
s-B0026178.jpg

この写真に写っているお二人と一緒にボートツアーに参加します。
s-B0026179.jpg

乗り場はこんな感じでした。これは戻ってきた時に撮りました。
s-IMG_(1002055).jpg

ボートに乗って出発しますが、長くなったのでフラミンゴの写真は明日にします。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply