FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2017年11月29日~12月6日のコペンハーゲン&パリ旅行記です。

時系列ちょっとずれますが、コペンハーゲンの国立博物館で撮った写真です。
H0028315.jpg

デンマーク最大のコレクションといわれる通り、とっても巨大な建物というわけではないんですが、いろんな展示がぎっしりで、しかも何やら新しい展示のオープニングレセプションが行われていて人が多かったり入れない部分があったりいまいち全体像を把握できずに時間切れしました。時間がないのはわかっていたんですが、やっぱり後日ゆっくり行けばよかったです。
H0028316.jpg

中世のコーナーから見始めましたが、このあたりの説明が全くありません。そして、これ私にしては&暗いミュージアムにしてはピントがあっているようですが、上の方(磔刑部分)のレリーフが切れた写真です。全体像を撮ろうと思わなかったんでしょうか???
H0028317.jpg


祭壇の一部のようです。
H0028318.jpg


よくある聖ジョージさん。でもこの退治されるドラゴンがなんともいえない姿です。想像上の動物とはいえもうちょっと「竜」っぽくあってほしい(笑)。
H0028320 (2)

St.Gertrude(626-659)さんです。なかなか上品な方ですが修道院を作って、貧しい人や病人、旅行者などに特別なお世話をされたそうです。中世には多くの町の門のそばにSt.Gertrude Chaoelが作られていたとかっていう説明がありました。
H0028321.jpg


凝ったとても美しい祭壇の彫刻は、Henrik Wernerさんという方の作品だそうです。最後の晩餐のシーンです。
H0028333.jpg


芸術的な時計コーナーがあったんですが、ここでもぶれぶれ写真を量産。かろうじて写っていたものをお見せしましょう。
globe-shapeの時計のムーブメントだそうです。機械部分とはいえなんとも美しいです。
H0028341.jpg

文字盤は見づらいかもですが、とても美しいです。日付と時間と分が刻んであるようです。
H0028343.jpg

時計の文字盤くっついていますが、さてこれは何でしょう?
H0028344.jpg

華やかな金色の時計ですが、よくみると文字盤のまわりのエンジェルさんのむかって右下と左上はお顔が骸骨さんだし、下の人物のレリーフも左側は骸骨さんです。お顔がにこやかなだけにちょっと不気味です。
H0028346.jpg


貝殻を使ったオブジェを2つ。
H0028350.jpg

H0028351.jpg


丸い木の実(?)を使った容器もありました。卵かもです。
H0028352.jpg


このあたりも全く説明をよまずに歩いています。左上にちらっと写っている色ガラスのシャンデリアが美しかったんですが、ズームの写真がきれいに撮れませんでした。
H0028379.jpg


再び中世なコーナー。どこかの教会や修道院からもってきた風な展示がたくさんでした。
さて、これは何だったんでしょう?祭壇に使われていたものかな。
H0028381_201801192126329d7.jpg

似たようなタイプ。こちらは説明を撮っていました。
Lisbjerg Churchの金の祭壇です。デンマークの金の祭壇たちの中では最も古くて奇妙なもののひとつだそうです。説明は読みたくなかったんで何故に奇妙なのかわかりません(笑)。
H0028390.jpg


とっても素朴なステンドグラス。
H0028382.jpg


磔刑なのになぜか優雅さを感じる像です。
H0028385.jpg


小さな十字架2つ。左の方はThe Dagmar Crossというハイライトな展示ですが、説明が見つからなかったようです。
H0028389 (2)c


水晶の聖遺物箱。こんなの初めて見た気がします。1225年頃のものだそうです。
H0028397.jpg


これも同じ場所で撮ったものですが、なんともつるんとしたお顔の馬です(笑)。説明を読もうと思わなかったということはかなり急いでいたようです。
H0028396.jpg


これまた素晴らしい祭壇の彫刻が2点。
The Preetz Altarpiece 1435年くらいに作られたものだそうです。
H0028402.jpg

中央部あたりをズーム。
H0028404.jpg


The Boeslunde Altarpiece ドイツ北部で1425年に作られたものだそうです。
H0028407.jpg

ピンぼけですが、左右の扉部分もそれぞれお見せしましょう。
H0028408.jpg

H0028409.jpg

中央部分をズーム。ぼっけぼけですが、この何とも力がぬけた表情がよいと思いませんか???。特に左下の方のオジサンがかわいい(笑)。
H0028411.jpg


アイアンワークのフレームの箱。とっても私好みです。
H0028412.jpg

これも中世の像にしてはなんか現代アートっぽい表情というか、クリムトの絵をイメージしてしまいます(私だけですかね???)。と、気になったのに、これまた説明を見なかったようです。このミュージアムは機会があればもう一度ゆっくり見に行きたいです。
H0028413.jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply