FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2019年2月27日~3月06日のメキシコ、ユカタン半島旅行記です。

今日もメリダ鉄道博物館で撮った写真です。
この大砲みたいなの何でしょう??
s-IMG_(1002860).jpg

奥の方をズーム。
s-IMG_(1002862).jpg


鉄道のマークはこんな感じだったみたいです。
s-IMG_(1002863c).jpg


LOCOMOTORA DIESEL ELECTRICA FUS412。GE 70 tonne switcherと書いてありました。
s-IMG_(1002887).jpg
とってもきれいに塗装されています。1939年にメキシコに来て、 Ferrocarril Tijuana Tecateや、Ferrocarril Sonora Baja Californiaというメキシコ北部の路線で使われていたものだそうです。

ちなみにFUSとは、FERROCARRILES UNIDOS DEL SURESTE、メキシコの南東部で運営されていた鉄道会社です。

上のには説明がありましたが、説明がある車体はほとんどありません。車体にプレートなどがついていたりもしませんので、何か全くわかりませんが、とりあえず写真集ということにしておきましょう。

現役のころはさわやかな色合いだったのではと思います。
s-IMG_(1002888).jpg

前からみるとこんな感じ。
s-IMG_(1002902).jpg

ハンドルがかわいいです。
s-IMG_(1002903).jpg


とってもいかついです。ミリタリーなイメージです。
s-IMG_(1002889).jpg

こういう色合いのは多いかな。
s-IMG_(1002891).jpg


何を運んだんでしょう?
s-IMG_(1002892).jpg

やっぱりハンドルが気になります。
s-IMG_(1002893).jpg


通行禁止と書いてあります。書いてなくても草ぼうぼうだしあまり歩きたくないと思います。
s-IMG_(1002894).jpg

でも気になったので奥の方をズーム。粗大ごみ置き場みたいになっています(笑)。
s-IMG_(1002895).jpg


展示エリアの車両も十分に哀愁が漂っています。せっかくかわいい色だったはずなのに。
s-IMG_(1002898).jpg

上の写真の後ろにはこんなのがいます。
s-IMG_(1002901).jpg


蒸気機関車です。
LOCOMOTORA de Vapor 270 1903年9月に米国でつくられたそうです。
s-IMG_(1002908).jpg

エンブレムに、BALDWIN LOCOMOTIVE WORKS PHILADELPHIA USA と書いてあります。
s-IMG_(1002910).jpg

横からもぱちり。小さくてかわいいです。
s-IMG_(1002912).jpg


最初の写真のと似ていますがちょっと色褪せています。
FUS 88, EMD GA8 65 Tonne Switcher Locomotive
s-IMG_(1002921).jpg

車体についていたマークです。
s-IMG_(1002922).jpg

中の様子です。
s-IMG_(1002926).jpg


LOCOMOTORA DIESEL ELECTRICA S-BC 2201  
s-IMG_(1002927).jpg
GENERAL MOTOR'S EMD F7Aは、1949年にソノラーバハカリフォルニア間で運行開始し、1980年まで使われたそうです。木の影でいまいちな写真ですがなかなか美しい形です。


かわいくお色直しされたようですが、とっても雑(笑)。
s-IMG_(1002930).jpg


NdeM 5641, Alco RS1 Diesel Electric Locomotive
s-IMG_(1002933).jpg

前からぱちり。これはとってもきれいに塗装されています。
s-IMG_(1002939).jpg

ズーム。丸いハンドルが白いお花のようです。
s-IMG_(1002940).jpg

後ろからもぱちり。
s-IMG_(1002936).jpg


後ろには木材積んだ貨車がありました。
s-IMG_(1002945).jpg


NdeM 7282, Alco RS11 Diesel-electric locomotive  1964年製。40台発注されたものの一台だそうです。
s-IMG_(1002935).jpg

後方はこんな感じ。
s-IMG_(1002932).jpg

赤い手すりみたいなのがかわいいです。
s-IMG_(1002934).jpg

以上です。
メンテナンスが追い付いていないので欧州の東の方のいくつかの国にあった航空博物館のような雰囲気でしたが、そこはメキシコ、おんぼろ車体でも明るい空の下だと悲壮感はありません。メリダに行かれる方はほとんど遺跡が目当てでしょうからわざわざ機関車見にはいかないかな。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
とんび  

各地で鉄道博物館を次々に制覇されていますね。探せばあちこちにあるものですね。トルコでもいらっしゃっていたし、ポーランドでもいらっしゃていたし。それに、鉄道博物館があるが、かなり地方都市に多いようで、こんなところにもあるのだって感じです。自分も鉄道好きですが、どちらかというと「乗り鉄」派です。カナダではトロントからオタワ、モントリオール、ケベックと乗り継いで移動しました。鉄道博物館は昔の車両が中心だということもあって、あまり行ってないです。

予定をみると、来年の2月まで決まっているようですね。たとえば、Aという都市に行って、A出発の券で日本に帰り、再びAに行くのは、かならずしも、次の旅行じゃなく、もっと先の旅行の場合もあるってことですね。自分の場合は、行きたいところの希望が別のところに変わったり、不可抗力で日にちを変えなければならなくなったりすることも多いので、なかなか使えない手です。日にちの変更は手数料払えばできるのでしょうが、行先は変えられないので、自分にはなかなかハードルが高いです。

2019/08/22 (Thu) 08:01 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

とんびさん、こんにちは。

特に鉄道好きかと聞かれたらよくわからないのですが(笑)、鉄道博物館と航空博物館はなんとなく行ってしまいます。結構あるんですよね。鉄道乗るのも好きなのでトロントとケベックに行った時考えたのですが、所要時間を考えると短い旅行では長距離路線は難しいです。子供のころからのあこがれのシベリア鉄道とかリタイアしないと無理そうです。

欧州で飛行機よりも環境に優しい鉄道を利用しましょうという運動があるらしくて、欧州の規模なら鉄道路線が便利になれば乗れるかなあと思っています。でも新幹線のような速さは期待できないし、夜行列車はできれば乗りたくないので、やっぱり飛行機になってしまうのかもしれません。


10月の旅行の復路が2月の旅行の往路です。今年は前半に頑張ったので12月ははずしたし、1月はいつものようにアメリカ方面なので間があきました。確かにあまりに先のことを日程まで決めてしまうのは心配ですよね。過去に2度キャンセルしたことがあります。ひとつは自分の病気の時でUAさんは診断書があれば50ドルとリーズナブルなキャンセル料でした。自分の都合でキャンセルしたANAさんは3万円くらいだったと思います。基本的にはよっぽどのことがないかぎり旅行は死守しています(笑)。

2019/08/22 (Thu) 21:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply