FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年3月29日~4月05日のギリシャ、ナフプリオン旅行記です。

今日もアテネの考古学博物館で撮った写真です。
歴史のある国の首都の考古学博物館ということで歴史や美術の教科書でみるような有名展示物もありますが、私の目につくのはこんなのばかりでちょっとずれているのかもしれません。ちゃんとガイドブックとか解説書を読まないからと、必見でも小さすぎるものは見落としてきますからね(笑)。

今日は「人」に重点を置いてみました。

お気に入りのキクラデス文明の展示も多くて満足でした。でも今日のブログは私の気に入ったもの特集ですのでそういう出土地ごととかには並んでいません。一応わかるものにはタイトルつけておきます。

典型的なキクラデスの像、前期キクラデスII期 (ECII) - ケロス・シロス(Keros-Syros)文化のものです。なんかこんなの大好きです。一人連れて帰りたい(笑)。
s-IMG(1006583).jpg


左は神父と書いてありました。2枚の写真を切り貼りしていますのでこんなですが、右はぺらっと薄いですが等身大サイズで結構大きな像です。こういったのは小さいサイズ同様死者と一緒の埋葬されるものだそうです。
s-IMG(1006747c).jpg

このたくさんの像たちも前期キクラデスI期 (ECI)グロッタ・ペロス(Grotta-Pelos)文化のものです。
s-IMG(1007117).jpg

こちらも同じ時代の物。男性たちと書かれていました(真ん中の方は女性に見えますが)。お顔や耳もあるし、上の像達が爪先立っているのに比べこれは地面にしっかり足をつけて立っている・・・みたいな説明がありました。
s-IMG(1007122).jpg


ユニークなポーズのブロンズの小像たちですが説明撮っていませんでした。
s-IMG(1006758c).jpg


この二つは今回のかなりのお気に入りです。
左 「thinker」と書いてありました。ぼぉ~っとしている風に見えますが、「考える人」(笑)。Final Neolithic (or Chalcolithic) 時代4500–3200 BCのテッサリア地方のものです。
右はこれまた異様ですが、「フルート奏者」だそうです。フルートってこんな形でしたっけ???
s-IMG(1006745c).jpg


これはミケーネ文明のものです。象牙細工だそうです。象牙には見えませんでした。肩を組んでいる女性と自力で立ち上がろうとしている女の子だそうです。左の方のお顔は女性に見えなくて、両親と赤ちゃんみたいな構図かと思いました。
s-IMG(1006755).jpg

典型的なエーゲ文明の衣装を着た女神だそうです。ウエストが細いのもですが、上半身が90度も回転するなんて体柔らかいです(笑)。
s-IMG(1006756).jpg


どちらも説明撮り忘れたようですが、貝にはいっているのはヴィーナスさん(アフロディーテさん)でしたっけ?
s-IMG(1006763).jpg

こちらは貝が開いたバージョン。
s-IMG(1006786).jpg


シリアスな表情のブロンズの頭像。紀元前1世紀初頭、デロス島。
s-IMG(1006766).jpg

これもちょっと固い表情です。願掛けのレリーフということで、アスリートが、self-crowningしているシーンです。ちなみにself-crowningを日本語でなんて訳すんだっけ?とググったら、この像がでてくるので有名なのかもしれません。日本語はでてきませんでしたが、なんて訳すのが普通でしょうか???いわゆる「予祝」ですよね???
s-IMG(1006960).jpg


この方も気になったわりには下の方の説明がはいるようには撮っていませんでした。何かビックリするようなことがあったんでしょうか???って感じのポーズです。
s-IMG(1006898).jpg


なかなかかわいいポーズです。アスリートらしいです。裸でヘルメットをかぶって右側に走っているという説明でした。確かに上半身は下半身に対して右側向いていますが、走っているようには見えません(笑)。墓碑だった可能性が高いそうです。
s-IMG(1006954).jpg


マイナス( Maenad)さん。「「わめきたてる者」を語源とし、狂暴で理性を失った女性として知られる」と、ウイキペディアに書いてありましたが、なんとも気持ちよさそうにお休み中です。
s-IMG(1006925).jpg


これはたぶんとっても有名。アフロディーテさんとエロスさんとパン神さん。日本でも見るのも嫌なMr.Gをスリッパでたたくひといますよね(笑)。
s-IMG(1006905).jpg


これも前回見た時にも気になった美しい女性像です。菊の御紋のような模様がお洋服についています。
s-IMG(1006946).jpg


パトラで出土したアンティノウスさんの胸像。なかなか美しい方です。さすがに「ローマ皇帝ハドリアヌスの愛人として寵愛を受けた男性」というだけあります。
s-IMG(1006918).jpg


アテナさんです。美しいですがなんだか怖いです。都市守護神をされただけあって強そうです。
s-IMG(1007111).jpg


このように正統派に美しい像達もたくさんあります。左はアフロディーテさんですが、右はチェックし忘れました。
s-IMG(1006727c).jpg



頭に飾るものだったようですが、頭にかぶるのに頭がとびでているのはビジュアル的にどうかと思います(笑)。
s-IMG(1006729).jpg


ミケーネ遺跡からの出土品ですが、デザイン的には東方のものだそうです。大きな鳥を頭にのせていますが、宗教的な意味があるポーズだったそうです。
s-IMG(1006753).jpg



横の把手もありますが、縦の人型の把手、どうもにぎりづらいと思います(笑)。
s-IMG(1006713).jpg


ぴかぴかの壺になかなか美しいお顔がついています。
s-IMG(1006724).jpg


男性はダンサー、女性はダブルフルート(?)を演奏していると書いてありました。
s-IMG(1006779).jpg


こちらも右端によっていていてわかりづらいですが、かわいい姿です。
s-IMG(1006780).jpg


説明撮り忘れました。ギリシャ神話とか詳しければどんなシーンなのかわかるのかもです。
s-IMG(1006787).jpg


酔っぱらったディオニソスさんがサテュロスさんに支えられているシーンだそうです。ディオニソスさんってそんなキャラなのかと思ったら「豊穣とブドウ酒と酩酊の神」だそうです。酩酊の神・・・(笑)。
s-IMG(1006796).jpg


セラミックシリンダー。たぶん花瓶のスタンドだったとのことですが、この漁師の絵がなかなかインパクトあります。
s-IMG(1007170).jpg

展開図がありました。妙にくびれたウエストでスタイルよいのがうらやましい(笑)。漁師さんのほっぺにあるのは目なのか模様なのかわかりませんが不思議な感じですし、お魚さんもお目目ぱっちりです。
s-IMG(1007172).jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply