FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年3月29日~4月05日のギリシャ、ナフプリオン旅行記です。

今日もアテネの考古学博物館で撮った写真です。

今日は私が気に入ったもの、かわいいものたちを集めてみました。年代とか地域とかは無視しています(笑)。
中南米のようにインパクトのある可愛さではないですが、なんとなくほのぼのする感じです。

車輪がついた馬です。お顔はともかく尻尾が馬に見えないかも。
s-IMG(1006772).jpg

犬の形のガラガラと書いてありました。笑顔の犬がかわいいです。
s-IMG(1006774).jpg


ライオンの頭の形のリュトンでマズルあたりに小さな注ぎ口があります。儀式に使われたもののようです。これ、ライオンに見えます???
s-IMG(1006834).jpg


副葬品の犬の像です。かわいらしいですが番犬の役割があるそうです。
s-IMG(1006887).jpg


動物型の花瓶(vase)。いわゆる花瓶だったら使いづらそう???と思ったら、儀式で使われたものだそうです。
s-IMG(1007188c).jpg


これ、前回も見てお気に入りだったものです。ハリネズミ型のvase。これもvaseですがいわゆる花瓶でも壺でもないですよね??なんでもいいけどかわいいです。
s-IMG(1007219).jpg


大理石でつくられた貝。
s-IMG(1006809).jpg


蓋に4頭の馬がついた容器と書いてありました。周りの模様もかわいいです。
s-IMG(1006718).jpg


ここからは私の好きなタイプの器たちです。
お花模様が気に入りました。
s-IMG(1006716).jpg

唐津焼とかにもありそうな模様。こんな素朴な器が欲しいです。
s-IMG(1006719c).jpg


こういう細かい幾何学模様を曲面の上に手書きするってものすごい時間がかかりそうです。
s-IMG(1006720).jpg

靴型の容器は珍しいと思います。副葬品だったらしいですが、儀礼的なものに使われていたのではということでした。
s-IMG(1006739).jpg


この蓋付容器も好きなタイプ。
s-IMG(1006769).jpg


水道管を利用した子供の埋葬です。
s-IMG(1006776).jpg


可愛らしい模様の器たち。
s-IMG(1006784c).jpg


白いレキュトスたち。「油の貯蔵に使われた古代ギリシアの陶器の一種」です。
s-IMG(1006803c).jpg


この4つ、デパートにあったら買ってしまいそう。。
s-IMG(1006824c).jpg

s-IMG(1007165c).jpg



花瓶と水差し。
s-IMG(1006826c).jpg


円錐型のリュトン。自立しないし安定悪そうと思ったら、底の穴から液体を注ぐなど、儀礼的な用途だそうです。
s-IMG(1006836c).jpg


説明撮り忘れたので何に使うのかわかりませんが、中を洗いにくそう(笑)。
s-IMG(1007189).jpg

これも不思議系。ヘルメットのようにも見えますが、金属を加工するときに使うお道具ではないかということです。
s-IMG(1007202).jpg


このあたり全く説明を撮ってなかったようです。墓標か何かですか???
s-IMG(1006872).jpg

これも印象的な形なのに説明をチェックしなかったのにびっくり(笑)。
s-IMG(1006881).jpg



これ、鏡かなと思ったらキクラデスのフライパンとして有名なものだそうです。結構たくさん展示がありました。これがフライパン???と疑問なんですが、用途不明と書いてあって納得しました。オブジェとしては美しいです。
s-IMG(1006585c).jpg



調理道具かな。こんな重厚なお道具でお料理とか楽しそうですが、実用品かどうかはわかりません。
s-IMG(1006982).jpg


下の方のはベス神いて何かと思ったらシストラム(ハトホル女神の神殿の巫女が使う打楽器)と書いてありました。
s-IMG(1006986).jpg


こちらは鏡たち。なかなかかわいいデザインです。
s-IMG(1006722c).jpg

鏡の飾り部分にいるのは天使でしょうか?なんかかわいくないポーズ(笑)。
s-IMG(1006988).jpg

あと1日だけ続きます。明日はエジプト編です。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply