FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年3月29日~4月05日のギリシャ、ナフプリオン旅行記です。

今日からは、ベナキ博物館です。
「アントニー・ベナキ氏個人の収集品を展示している博物館」とのことで個人でこれだけのものを収集できるというのはものすごいことだと思います。

通り沿いからは木があるので建物はあまり見えません。
s-IMG(1007332).jpg

入り口わからず通り過ぎそうになりました。
s-IMG(1007331).jpg


神殿のような美しい建物でした。
s-IMG(1007755).jpg

角度を買えてもう一枚。
s-IMG(1007754).jpg


まずは考古学的部門。
このあたりは、先に考古学博物館を見ていたら特に目新しい感じではないと思いますが、気にいったものたちをお見せしましょう。
どちらも好きなタイプ。素朴な蓋付きの壺と、赤いカップは前期キクラデス時代のものです。
s-IMG(1007346c)


女性のフィギュアたちは、紀元前2000年くらいのシリアのものです。
s-IMG(1007356).jpg


キクラデスのもののはずです。このオレンジっぽい色大好きです。
s-IMG(1007360).jpg

牛の容器も素朴でかわいいです。
s-IMG(1007362).jpg


ミケーネの女性のフィギュアたち、ΦとΨタイプです。このタイプのフィギュアは子供のお墓で見つかるらしいです。
下の馬たちは、花瓶の蓋の飾りと考えられているそうです。
s-IMG(1007364c)


人がのった馬たち。これは説明撮り忘れましたが、足のかたちをみると蓋の飾りではなく副葬品とかではないかと思います。
s-IMG(1007410c).jpg


シンプルな模様ですが素敵です。アッティカのものだそうです。下の容器は面白いデザインです。何をいれたんでしょう??
s-IMG(1007372c).jpg

模様がかわいいタイプのスキュポス。
s-IMG(1007375c).jpg


ブロンズの婚礼用のアクセサリー。西ペルシャのものでグリフォンだそうです。
s-IMG(1007377).jpg


ボイオーティアの女性のフィギュア。紀元前600-550年
s-IMG(1007401).jpg

ボイオーティアの墓標です。
s-IMG(1007421).jpg


ここにもゴールド細工たちがありました。
s-IMG(1007404c).jpg

上のゴールドたちは説明撮り忘れましたが、ミケーネあたりのものではないかと思いますけど、こちらは、ヘレニズムの時代のマケドニアとかテッサリア地方のゴールド細工です。とても凝ったものたちです。
s-IMG(1007431).jpg

s-IMG(1007433c).jpg


ブロンズ製品。5~6世紀のエジプトのものです。
s-IMG(1007446c).jpg


大好きなモザイクもありました。
教会模様です。
s-IMG(1007437).jpg

コンスタンティノープルの修道院にあった聖母のモザイクの一部です。
s-IMG(1007455).jpg

コンスタンティノープルのアヤソフィア大聖堂の聖母子のモザイクのレプリカです。
s-IMG(1007460).jpg



イコンもたくさんありました。
聖母子と聖ニコラスさん、聖ジョージさんです。15世紀初頭のものです。
s-IMG(1007467).jpg

こちらは説明撮り忘れました。
s-IMG(1007477).jpg


Caesarea(イスラエルにある都市のようです)の教会にあったものだそうです。正教会はこのような凝ったドアが祭壇あたりにあるんでそれかなと思います。
s-IMG(1007469).jpg


17世紀の祭壇のドアです。
s-IMG(1007479).jpg

これもとても凝っています。説明撮り忘れました。
s-IMG(1007675).jpg


正教会にはこういうのもたくさんあって、信者さんがひとつひとつお祈りしているのを思い出しましたイコンを置く台だと思います。
s-IMG(1007682c).jpg


好きな色合いの陶器。花瓶と香炉かな?説明撮っていませんでした。
s-IMG(1007672c).jpg



教会の祭壇に置いてあるような十字架。
s-IMG(1007693).jpg


金属製品たち。
銀ですかね?ちょっと装飾過多ですが、左側のポット大好きです。
s-IMG(1007698c).jpg

何に使うものかよくわかりませんでした。
s-IMG(1007700c).jpg

最後に力がぬけたほのぼのした聖母子のプレート。背景が白なのも潔くて素敵です(笑)。
s-IMG(1007696).jpg

まじめに見たらベナキミュージアムの考古学的な展示や宗教的な展示もかなりの量なんですが、あまり時間がなかったのと考古学博物館に行った後だったのでさらっと流しました。

明日は民族衣装編です。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply