FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2019年3月29日~4月05日のギリシャ、ナフプリオン旅行記です。

今日もアテネのベナキミュージアムで撮った写真です。
ここの衣装の展示はとても充実していてテンションあがりました。でも衣装たちの部屋は暗めなのでぶれぶれ写真量産して凹んでいます。まあ、いつものことではありますがなかなか上達しません。

このあたりの写真はものすごくたくさん撮ってしまったので、選ぶのも大変で、写真集が続くと思います。
西洋ルネッサンススタイル起源の珍しいタイプの衣装で、エーゲ海諸島で見つかったものという説明がありましたが、シンプルな白いドレスにこの凝った刺繍がなんともいえず素敵でした。
s-IMG(1007486).jpg

刺繍部分をズーム。モチーフは素朴なんですがとても丁寧に刺繍されています。
s-IMG(1007483).jpg


説明を撮ったのは最初の1枚だけだったようで(笑)、本当に写真集です。
s-IMG(1007495).jpg

上の写真の左の方です。右の方に比べて地味に見えますが、生地はとても凝っています。
s-IMG(1007496).jpg

何枚も重ね着したような衣装も素敵ですが、ヘッドドレスがかわいいです。
s-IMG(1007497).jpg


こちらの方は、紬とか絣のイメージ。こういうのもシンプルで好きです。
s-IMG(1007500).jpg


男性の数は少なかったです。色合いはおさえてありますが、面白いデザインです。
s-IMG(1007508).jpg


華やかな衣装の方たちが勢ぞろいしていたら迫力あります。
s-IMG(1007540).jpg

かなりボリュームある生地を重ねています。ベルトも重そうです。
s-IMG(1007542).jpg

左の方の青いボトム、なんかかわいいです。寒色系はあまり多くなかったです。
s-IMG(1007552).jpg


木のボックスがかわいいです。このように足元に説明が全部あるんですが、全く見ませんでした。
s-IMG(1007554).jpg


左端の方は男性ですよね。エプロンみたいなのつけています。
s-IMG(1007555).jpg


これ何枚重ねているんでしょうか。
s-IMG(1007557).jpg

上の写真の方の右隣のお子様の衣装もかわいいです。隣の方のスカートの生地とお揃いです。
s-IMG(1007558).jpg


凝った生地なのに素朴な雰囲気の衣装たちです。こんな衣装って礼装ですよね。
s-IMG(1007561).jpg

こういう模様って決まったパターンがあるんでしょうか?
s-IMG(1007564).jpg

刺繍か織生地かわかりません。
s-IMG(1007562).jpg


少し落ち着いた雰囲気。
s-IMG(1007569).jpg

首にこんな飾りがついていたらちょっと窮屈だと思います。
s-IMG(1007571).jpg

後ろ姿の方を横から撮ってみました。
s-IMG(1007575).jpg



この方だけ衣装の生地感が違います。後日出てくるかもですが、マケドニアの邸宅のレセプションルームを再現してあるところにいた方です。
s-IMG(1007603).jpg


ヘッドドレスがかわいい方たち。左の方のスカートも素敵です。
s-IMG(1007625c).jpg


シックな生地のお洋服たち。
s-IMG(1007627).jpg


全体像がないのですが、袖部分の模様がかわいかったのでぱちり。
s-IMG(1007640).jpg


このくらいのほうがかえって装飾がひきたつ気がします。
s-IMG(1007643).jpg


白いエプロンも美しいレースです。
s-IMG(1007646).jpg

コインのような飾りがびっしり。
s-IMG(1007653).jpg

色合いはおさえてありますが、金糸でなので華やかです。
s-IMG(1007657).jpg

袖部分をズーム。
s-IMG(1007658).jpg


右の方は一際ゴージャスですが、子供たちもなかなかかわいい衣装です。
s-IMG(1007660).jpg


こういう柄物の組み合わせは難しそうです。
s-IMG(1007663).jpg


珍しく男性の方が華やかな衣装です。
s-IMG(1007733).jpg


いかにもギリシャなイメージの男性の衣装たち。
s-IMG(1007734c).jpg

s-IMG(1007740c).jpg


一際華やかなコーナー。ギリシャ王ゲオルギオス1世とクイーンオルガの衣装たちということで華やかさも納得。
s-IMG(1007743).jpg

上の写真の真ん中の鏡の前の方の衣装は、プリンセスマリアボナパルトさんの婚礼用だったものだそうです。
s-IMG(1007744c).jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
EkaterinaYoghurt  

こんにちは^^

凝った民族衣装がこれだけ見られる博物館なんて〜!萌えます!!
artyさんと私だけが萌える訳ではないでしょうから、好きな人にはたまらないと思います。
私は、今年キオス島で見ていた民族衣装が可愛かったので、ギリシャの民族衣装に興味が湧いていたところだったので、ツボでした。
特に紬みたいな生地に半帯みたいな布ベルト?みないなコーディネートは文化の繋がりを感じるようでワクワクしましたよ。

2019/10/29 (Tue) 15:09 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghutさん、こんにちは。

EkaterinaYoghurtさんもこういうのお好きですよね。今回はアテネは1日でしたのでゆっくりできませんでしたが、遺跡だけでなくミュージアムも充実しているのでおすすめですよ。

欧州では東欧寄りの方が民族衣装は楽しめるかと思っていたのですが、ここにも素敵な衣装たちがたくさんありました。ベナキさんが収集したものですのでギリシャだけでなく他のエリアのものもあるのかとかは確認していません。

いろんなところで民族衣装を見てきましたがほとんど区別がつかない私です。今のように情報があっという間に広がる時代ではなくても、繊維から糸を作って布を織り、刺繍や染色して美しい衣装を作ってさらに装飾するという過程で似た衣装になっても不思議ではないですよね、と言い訳しておきましょう(笑)。

紬みたいなのは和服のテイストですよね。私も帯のようなベルトが気に入って撮りました。

2019/10/30 (Wed) 04:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply