FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年5月02日~5月09日のポーランド、ワルシャワ&ブロツワフ旅行記です。

ワルシャワ観光中です。
今日は旧王宮の別館、ティンルーフドパレス、ブリキ屋根の宮殿です。
チケットは旧王宮の本館のチケット売り場で購入しますが、旧王宮は時間指定があるので、先にこちらを見てからもどってくるように言われましたので、こちらからです。
s-IMG(1108791).jpg

建物をズーム。ブリキ屋根なんでしょうね。
s-IMG(1108792).jpg

近づいて見上げると屋根は見えません。
s-IMG(1108793).jpg


中はオリエンタル絨毯の展示です。絨毯大好きなんでテンションあがります。でも多すぎてどれも同じに見えてきます(笑)。
s-IMG(1108794).jpg

節足動物の開きみたいな図案です(笑)。
s-IMG(1108797).jpg

絨毯ってこうやって縦糸に毛糸を結び付けていくんですよね。大変な手間だと思います。
s-IMG(1108798).jpg


これはなんでしょう?美しいモザイクです。
s-IMG(1108801).jpg


再び絨毯。説明もあったようですが、全く見ていませんので写真集です。
s-IMG(1108802).jpg

宮殿に飾ってあるような大きなものではありませんが、普通の住宅のサイズを考えると十分に大きいサイズのが天井からつられています。
s-IMG(1108804).jpg


こんな色合いと模様、大好きです。
s-IMG(1108806).jpg

花と木模様かな?
s-IMG(1108807).jpg

この模様は何かわかりませんでした。
s-IMG(1108808).jpg

ちょっと不思議な形をした鳥たちの模様。
s-IMG(1108811).jpg


幾何学模様もあります。
s-IMG(1108814).jpg


この2枚は絨毯ではなくて美しい刺繍の布です。
s-IMG(1108813).jpg

絨毯を一目ずつ結ぶのも大変ですが、刺繍も広い面積になるととても時間がかかる作業だと思います。
s-IMG(1108815).jpg

Sの字に見えます。
s-IMG(1108816).jpg

こんな風にベンチチェストに絨毯しいて座りたいんですが、うちにある絨毯のサイズとベンチのサイズがあわないんです。
s-IMG(1108818).jpg

これだけ説明撮ったようです。トルクメニスタン、19世紀後半のものでドアのまわりを飾るものです。
s-IMG(1108819).jpg

これもドアのまわりに飾るのかな。ステキですよね。
s-IMG(1108824).jpg


こちらの別館では絨毯の展示だけかと思ったら上のフロアもありました。
s-IMG(1108830).jpg

左の方に説明があるようですが全く見ていませんでした。
s-IMG(1108832).jpg


壁には絵画たち。
s-IMG(1108837).jpg


こういう宮殿にしてはシンプルな壁や装飾ですが、庶民なのでこのくらいの方が落ち着きます。
s-IMG(1108844).jpg

上のお部屋の天井と照明です。
s-IMG(1108845).jpg


ブルーが基調の美しいベッドルーム。
s-IMG(1108854).jpg

正面からぱちり。広い部屋の中央に大きなベッドがあるより、押し入れで寝る感覚なこのタイプのお部屋の方が好きです。ワンルームでもこんなつくりにしたら優雅ですよね。
s-IMG(1108850).jpg

優雅な照明をズーム。
s-IMG(1108849).jpg


書斎のようです。
s-IMG(1108857).jpg

いつも気になる陶製のストーブ。円柱状で真っ白というのはわりと珍しいかもです。こんなのの少し小さいバージョンが欲しいです。
s-IMG(1108858).jpg


時計も優雅です。
s-IMG(1108863).jpg

廊下にあった照明だったかな?覚えていません。
s-IMG(1108869).jpg

王宮のチケットの時間が近くなったので急いで王宮の本館側に向かいました。

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply