FC2ブログ
カウンター

2 Comments
2019年5月02日~5月09日のポーランド、ワルシャワ&ブロツワフ旅行記です。

ワルシャワの国立博物館です。なんかえらく斜めの写真ですね(涙)。
s-IMG(1109539).jpg

奥の方をズーム。
s-IMG(1109540).jpg

この博物館はとても広くて展示も多岐にわたっています。ついついたくさん写真を撮ってしまいましたが、なるべくコンパクトにまとめようと思っています。

まずは中世部門からです。
12世紀のフクロウ型の土台(?)と書いてありました。フクロウの背中に鳥がはりついているのが気になります。
s-IMG(1109543).jpg

12世紀、スペインの柱頭。
s-IMG(1109545).jpg


ここには祭壇画や扉絵のようなのがたくさんありました。
s-IMG(1109542).jpg

壁にびっしりって感じです。
s-IMG(1109563).jpg


絵もなかなかよかったのですが、暗いのでいまいちきれいに撮れていませんでした。
それと、ここでよかったのは彫像類です。私実は彫像ってそこまで好きではないのですが、こちらの彫像たちはどれも表情豊かで見ていて飽きなかったのでついたくさん撮ってしまったので、気になった像達をたくさんお見せしましょう。


Beautiful Madonna from Wroclaw 1390-1395 聖母のなんとも言えず穏やかな表情が素晴らしいです。タイトルに美しいといれるだけありますよね(笑)。幼子のお腹もかわいい。
s-IMG(1109550).jpg


Saint Barbara 1410-1420 ブロツワフの聖エリザベス教会からのものです。
s-IMG(1109552).jpg


これも聖母子ですが、説明は後ろのパネルのものを撮ってしまっていました。母子ともども愛嬌があるかわいらしいお顔立ちです。
s-IMG(1109560).jpg


これも説明撮らなかったようです。こちらの聖母様は落ち着いた印象です。
s-IMG(1109566).jpg


女性の聖人像。1450-1460 憂いのある表情です。木造だそうです。
s-IMG(1109567).jpg


Virgin and Child from St Adalbert's Church in Wroclaw
s-IMG(1109570).jpg

上の像を違う角度からもぱちり。この像、見る角度によってイメージがかなり違います。正面からみると普通の母子に見えてしまう表情だったんですが、この角度からみるとなんとも凛々しいというか気高さを感じました。
s-IMG(1109569).jpg


これも説明撮り忘れたようです。これはこれまでの表情とちょっと雰囲気が違います。
s-IMG(1109574).jpg


Annunciation with Holy Trinity 1488 受胎告知のイメージと違ってなんだかかわいらしい表情のお二人です。
s-IMG(1109575).jpg


奥から St.Barbara、St,Anne with Virgin and Child の像です。1500年代のものだそうです。聖母のお帽子が気になります。
s-IMG(1109579).jpg


St. Mary Magdalene 1480 マグダラのマリアさん、とても優しい表情です。
s-IMG(1109580).jpg

角度を変えてもう一枚。おでこが目立ちますが(笑)それでもとても美しいです。
s-IMG(1109581).jpg


Virgin as a Temple Servant 1490
s-IMG(1109599).jpg


St.Catherine of Alexandria 1509  非常に美しいというイメージのアレクサンドリアのカタリナさんはちょっと機嫌悪そうですが(笑)、きっと難しいことを考えていたのではと思います。
s-IMG(1109602).jpg



レリーフも少しお見せしましょう。
St,Like Painting Image of the Virgin 1506
s-IMG(1109604).jpg


聖母の祭壇のレリーフの一部をズームしたものです。本を開くかわいいお嬢さんたち。
s-IMG(1109609).jpg


逆ハーレム(笑)。
s-IMG(1109611).jpg


これも説明撮り忘れましたが、ピエタ像です。重い空気が漂っていました。
s-IMG(1109615).jpg


St.Reinold 1516年以前。王様みたいな風貌の方ですが、St.Reinoldさんってどういう方なのかよくわかりませんでした。
s-IMG(1109628).jpg


タイトルは Virgin and Child なんですが、お子様はいらっしゃいません。アルカイックスマイル風な表情が魅力的です。
s-IMG(1109633).jpg


この方、とても美しいですし、動物みたいなのを連れているのも気になるんですが、どうも説明の板を撮り間違えたようでどなた様かわかりませんでした。
s-IMG(1109631).jpg


このあたりも表情豊かな聖母子像が続きます。
s-IMG(1109636).jpg

s-IMG(1109638).jpg


たぶん祭壇の一部とかだと思います。説明撮っていませんでした。
s-IMG(1109640).jpg

上の一部抜粋。なんとも楽しそうな表情の聖母子。
s-IMG(1109642).jpg

めっちゃ失礼な感想ですが、聖母子の隣で空気読めずピースしているオジサンに見えます(笑)。
s-IMG(1109643).jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 2

There are no comments yet.
EkaterinaYoghurt  

こんにちは^^

本当に表情豊かな像ばかりですね。これは写真を撮られたくなるのも分かる気がします。
ところで、この彫像たち、特に女性の彫像で額がでっぱり気味で大きめのが多いですよね。
私、以前から思っていたのが、ポーランド、オランダ、ドイツ、ベルギー辺りの女性って額から目の辺りにかけて共通する顔立ちがあるな〜って思っていて、この彫像たちを見て、そう!こういう感じって付合したのが嬉しかったです。すみません内輪盛り上がりみたいで^^;

2019/12/09 (Mon) 13:21 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

聖母像って製作者の母親に似ると聞いたことがあります。それでも大体いわゆる理想像みたいないかにも聖母なものが多いと思うのですが、こちらの像達、なんか本当に表情豊かだったんです。オートでぼんやり撮ったのでぶれぶれで伝わりずらいですが、ちょっと写真上手な人だったらきっとびしっとそれを写し取ることができるのではと思います。

彫像だと凝視できますが、旅行中にあまり人様のお顔を見ていないようで、おでこの広さと地域性は考えたことなかったです。彫像だから魅力的に見えるものを少しずつ誇張した結果がこの像達なんでしょうね。写真を編集しながら、また見に行きたくなりました。

2019/12/10 (Tue) 11:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply