FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年5月02日~5月09日のポーランド、ワルシャワ&ブロツワフ旅行記です。

ブロツワフを観光中です。
一昨日ブロツワフ大学の外観の写真をお見せしましたが、今日は中の写真です。
ブロツワフ大学博物館として、Oratorium Marianum、Wystawa、 Aula Leopoldynska、Wieza Matematyczna の4か所が公開されています。チケットがポーランド語のみなので推測ですが、Marianum礼拝堂、Leopoldineホール、展示室、数学塔だと思います。

チケット売り場あたりの廊下です。奥は展示室です。
s-B0029802.jpg

ドアまわりの装飾が華やかです。ここは確かクロークになっていたと思います。
s-B0029803.jpg

廊下もチェッカー模様でかっこいいです。
s-B0029799.jpg

ドアの上にはそれぞれ装飾がありました。
s-B0029800.jpg


階段も華やか。Imperial Stairsと書いてありました。1734年からの天井画で飾られているそうです。
s-B0029810.jpg

少しズーム。
s-B0029835.jpg

天井画たちをぱちり。紋章模様が多いかな。
s-B0029805.jpg

s-B0029807.jpg


この奥の方は大学本体なのかもしれません。
s-B0029813.jpg


華やかな内装ですが、戦争で被害にあったのでわりと最近再建されたものだそうです。
まずは Oratorium Marianumです。
s-B0029772.jpg

角度をかえてもう一枚。1728-1741年に礼拝堂としてつくられましたが、1811年にコンサートホールに改装されたそうです。
s-B0029774.jpg

華やかな天井画。
s-B0029775.jpg

上の写真の天井画の奥の方もぱちり。
s-B0029779.jpg

こちらが元祭壇かな、コンサートホールに改装されたのでピアノがおいてあるんですね。
s-B0029780.jpg

少し近づいてぱちり。
s-B0029785.jpg


壁も華やか。
s-B0029778.jpg


後方はこんな感じ。
s-B0029781.jpg

チャペルならパイプオルガンとかある部分ですよね。
s-B0029788.jpg

少しズーム。
s-B0029791.jpg

テラス部分の下にあたる天井画です。
s-B0029794.jpg




Aula Leopoldynska レオポルディナホールの入り口です。
s-B0029812.jpg

椅子が並んでいたのですが、団体さんがいたのでフロア部分をいれずに撮っています。後ろからだったら一枚くらい全体像をとっておけばよかったです。
s-B0029831.jpg

ここも華やかな天井画で飾られています。
s-B0029832.jpg

こちらがステージ部分にあたります。
s-B0029814.jpg

華やかです。
s-B0029817.jpg

正面からもぱちり。
s-B0029816.jpg

ステージの側面部分です。
s-B0029818.jpg

壁には大学の要人だった方たちの肖像画が並んでいるのではと思います。
s-B0029819.jpg


後方はこんな感じ。
s-B0029826.jpg

反対側からもぱちり。
s-B0029820.jpg

正面からもぱちり。
s-B0029830.jpg

角度をかえてもう一枚。
s-B0029821.jpg

満足しました。これはたぶんこの部屋のどこかで撮ったはずです。
s-B0029833.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply