FC2ブログ
カウンター

6 Comments
2019年6月26日~7月3日の旅行トルコ、セルチュク、ベルガマ、イズミール方面旅行記です。

今日もセルチュクのエフェス考古学博物館で撮った写真です。
このあたりは紀元前8-7世紀のものです。
素朴ですが美しいネックレス。
s-IMG(1200175)TK.jpg


ちょっと変わった形のこの方、頭にボウルをのせた女神と書いてありました。それは見てわかるのでなんでこの状態なのかを教えてほしかったです(笑)。
s-IMG(1200179)TK.jpg

これも象牙細工、休んでいる野生のヤギだそうです。
s-IMG(1200181)TK.jpg

何かの像の腕の一部です。
s-IMG(1200183)TK.jpg

Top of Pyxisと書いてあるのですが、pyxisが(星座の)羅針盤座しかでてこなくて、羅針盤でもなさそうだし、トルコ語の単語も辞書検索してもスペルミスなのか出てきません。象牙には見えないですが、かわいかったのでぱちり。
s-IMG(1200185)TK.jpg


左はBC580年頃、右はBC640-630年頃のゴールドの女神。随分表情が違います(笑)。
s-IMG(1200193c)TK.jpg


こちらは有名なアルテミス神殿の模型かな?説明撮り忘れたので詳しいことはわかりません。
s-IMG(1200199)TK.jpg

紀元前7世紀から紀元3世紀にかけて存在したとのことでその時代にしてはものすごい建物だったんだと思います。
s-IMG(1200194)TK.jpg

こちら側の面もぱちり。
s-IMG(1200195)TK.jpg

あれ??中にいるのはアルテミスさんですか?
s-IMG(1200196)TK.jpg

いまいちきれいに撮れませんでしたが、中のアルテミスさん(?)をズーム。
s-IMG(1200197)TK.jpg


紀元前7-6世紀のゴールドたち。
s-IMG(1200201c)TK.jpg


ブロンズ像たちも素敵でした。
お腹のあたりにうずまきの模様もはいっています。
s-IMG(1200210)TK.jpg

鹿かな??
s-IMG(1200211)TK.jpg

これは何でしょう??説明撮ってなくてわかりません。
s-IMG(1200215)TK.jpg


どちらも鳥のペンダントだそうです。
s-IMG(1200216c)TK.jpg

車輪と書いてありました。
s-IMG(1200219)TK.jpg


大理石の胴体はアルテミスさんだとすぐにわかりました。
s-IMG(1200222)TK.jpg

顔の破片としか書いてありませんでした。
s-IMG(1200224)TK.jpg


説明撮り忘れましたが、この円錐形の器、うつむき加減がとっても気に入りました。
s-IMG(1200239)TK.jpg


このミュージアムで一番の展示はこの2体のアルテミス神です。
インパクトありすぎです。アルテミスさんがこんな姿をしているのはこの時初めて見たような気がします。ごくごく普通のアルテミスさんの像なら見たことあった気がするんですが。
s-IMG(1200244)TK.jpg

豊穣の神さまらしく、たくさんのものがくっついています。ネックレス(?)のまわりに人のレリーフもあります。
s-IMG(1200243)TK.jpg

角度をかえてもう一枚。気高くて美しいです。
s-IMG(1200249)TK.jpg

角度を変えてもう一枚。
s-IMG(1200250)TK.jpg

下半身の動物たち。列ごとに種類が違うようです。
s-IMG(1200253)TK.jpg



こちらはもう少し背が高くて頭飾りが大きいバージョン。
s-IMG(1200257c)TK.jpg

頭飾りの部分をぱちり。
s-IMG(1200259)TK.jpg

お顔と上半身部分。植物もくっついているのかな。
s-IMG(1200261)TK.jpg

腕にはライオンのっています。
s-IMG(1200268)TK.jpg

下半身の動物たち。羽がある動物ですか??
s-IMG(1200262)TK.jpg


アルテミス神が印象的すぎて後の展示は力がぬけました。

FRIEZE OF THE TEMPLE OF HADRIAN ということで、エフェス遺跡のハドリアン神殿のフリーズがありました。
s-IMG(1200279)TK.jpg
部屋をぐるっと囲んで展示してあったので全体像は移せなかったので一部だけお見せしましょう。下に番号がうってあってそれぞれの像の名前も書いてありました。

気になった部分を一部ズーム。気になったといいつつ、この部分の説明は撮っていませんでした。
s-IMG(1200282)TK.jpg


これは違うものですが、説明撮っていませんでした。美しいレリーフです。
s-IMG(1200293)TK.jpg


ミュージアムの展示の写真はここまでですが、ミュージアムのパティオのドアのそばの展示台のかげの猫さん。自分の脚を抱えるというかわったポーズでお休み中でした。
s-IMG(1200127)TK.jpg

上の写真を撮る前は頭をあげていたんですが、すぐに眠ってしまいました。
s-IMG(1200132)TK.jpg

気持ちよさそうですね。
s-IMG(1200133)TK.jpg

今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 6

There are no comments yet.
旅行猫  

artyさん こんにちは。
 芸術的な猫なのでしょうか、それとも番(猫館長か?)をしているのでしょうか。 やはりトルコは猫に優しい。
最後にサポライズ。

2020/01/22 (Wed) 13:52 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

旅行猫さん、こんにちは。

パティオとはいえミュージアムの中でぐっすりとお昼寝できる猫さんは幸せですよね。多くの猫さんはお昼寝モードでした。写真撮ると気配を感じてちらっとこちらを見ることもあるんですがほとんど無視されます(笑)。

2020/01/23 (Thu) 03:39 | EDIT | REPLY |   
EkaterinaYoghurt  

分かります〜!途中の中庭のところ辺りでそんなに来なくても良かったかも!?と思っていたの、全く同じです。
その後にど迫力のアルテミス像が両サイドに出てきた時は・・・・感動のあまり泣き出しそうになりました。←ここ同じですか?(笑)
それにしても綺麗に撮れてますね、アルテミス像。額に入れて拝みたいくらい。詳しく見てみたい人にとっては博物館級に詳細がよく分かる写真で永久保存版ですね!
この辺り、もう一回何をしに行きたいか!?と言ったら、一番にアルテミス像をもう一度拝みたい!って言います。その次にシリンジェのあのホテル滞在かな?・・・エフェス遺跡本体の方は、感動しましたけど、忘れた頃に再訪したいって感じです。

2020/02/07 (Fri) 17:52 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurt さん、こんにちは。

本当にアルテミス像の前まではいかにも地方都市の遺跡併設ミュージアムのイメージだったのに物凄いインパクトでした。私はあまりの迫力で怖いと思いました。神仏というより異形なものへの恐れかな。豊穣の神様って生半可な力ではご利益を発揮できないはずですので圧倒されたというのもあります。でも本当に美しいというか神々しさを感じる素晴らしい像で会えて良かったって感じです。実は恥ずかしいけどカミングアウトしてしまえば、私のartyはアルテミスの愛称からとったものなんですがこのようにすごい神様とは知らず恐れ多い名前をつけてしまっていたのかと恐縮してしまっています(笑)。

それにしてもこれがイギリスやドイツ、フランスなど他国の大きなミュージアムに連れて行かれなかったのは幸いですよね。とはいえイスタンブールとか、エフェス遺跡にあればもっとたくさんの人にみてもらえるのではという気もします。もちろんこの小さなミュージアムで静かにご対面というのはありがたいですが。私もこのエリアは再訪したいです。その時はEkaterinaYoghurt さんのお勧めのシリンジェのホテルやクシャダスにも行きたいと思っています。

2020/02/08 (Sat) 04:17 | EDIT | REPLY |   
EkaterinaYoghurt  

こんにちは^^

そうですね。確かに正確に言うとアルテミス像はあまりにも何かしら強い力を感じて、神々しくて、出会えた感動と共に畏れの混じった感情だったと思います。
他国はもちろんイスタンブールに持って行かれていたら、それはそれは行列をなしてまで見るべき人気名所化してもっと俗っぽくなってしまっていたんじゃないでしょうか。
このアルテミス像は、ひっそりとここにあってこそより神秘性が保てるのでしょう。

そして!それこそ昨日、メトロポリタン美術館の記事にコメントを入れる時に、前からartyさんのお名前の由来は美術館でart鑑賞をすることがお好きなようなので、artからの由来ですよね!?って書こうかどうしようかと思ったところでした。
ちょっと違ってましたが、期せずしてお名前の由来が伺えてびっくりしています。私の想像とは違っていましたがとっても素敵なネーミングですね!私も何かアルテミスにあやかりたい!って強く思っていたので羨ましく思いました。

2020/02/08 (Sat) 13:13 | EDIT | REPLY |   
arty  
Re: タイトルなし

EkaterinaYoghurtさん、こんにちは。

もちろん団体客と居合わせなければアルテミスさんたちを独り占めできるという贅沢な空間ですよね。そういう意味ではあそこにあって正解ですし、強奪されなかったことに感謝しかありません。
アルテミス神の名前由来とか何者って思いますよね。お名前にあやかったのか、私の体は、豊穣≒暴飲暴食の結果のたくさんの贅肉と脂肪で覆われています。そろそろ豊穣を人に与えたいです(笑)。

2020/02/09 (Sun) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply