FC2ブログ
カウンター

0 Comments
2019年6月26日~7月3日の旅行トルコ、セルチュク、ベルガマ、イズミール方面旅行記です。

今日からベルガマのアクロポリスで撮った写真です。ベルガマはかつてペルガモンと呼ばれ、ウイキペディアによると、
「ペルガモンは、紀元前3世紀半ばから2世紀にアッタロス朝の都として繁栄したヘレニズム時代の都市である。」

「ペルガモンのアクロポリス遺跡は標高335メートルの丘の上にあり、一群の建造物で構成されていて、上市と呼ばれている。その下方には、中市と下市が広がっている。上市には、宮殿、トラヤヌス神殿(ローマ時代のもの)、アテーナー神殿、劇場、ゼウスの大祭壇、アゴラ、図書館、武器庫の遺跡がある。上市の遺跡の一つ、ゼウスの大祭壇は、遺されていた壁面彫刻などを使って、ベルリンのペルガモン博物館の内部に復原・展示されており、往時の雄姿を再現している。」

だそうです。
ベルリンのペルガモン博物館でゼウスの大祭壇を見たことはあったんですが、ペルガモンがトルコで中東などと違って比較的アクセスしやすいので行ってみたいと思っていたのが実現しました。

町中からはケーブルカーで行くかタクシーです。遺跡は丘の上にあり、車道は結構回り込むので、車道を歩いて上るという選択はしない方が賢明だと思います。私は前日にケーブルカー乗り場をチェックしに行ったのですが、動いていないようなことを言われたので、タクシーに乗りましたが、帰りはケーブルカーが動いていたのでケーブルカーで下りました。見晴よいのでケーブルカーお薦めです。

タクシーを降りたあたりにあったケーブルカーの駅。
s-IMG(1201999)TK.jpg

ここでケーブルカー動いているっぽい・・・?と気づいたので、帰りはこれに乗ることにしました。
s-IMG(1201997)TK.jpg

遺跡のチケット売り場はこちらです。
s-IMG(1202000)TK.jpg

アクロポリスへようこそ。わくわくしながらはいります。
s-IMG(1202001)TK.jpg

アクロポリスの遺跡はこんな感じです。
s-IMG(1202005)TK.jpg

メインの部分の再現模型がありました。
s-IMG(1202007)TK.jpg

上の写真で右端あたりの方向から撮ったものです。
s-IMG(1202010)TK.jpg


壁に沿って進みましたが、実はよくわからず歩いています。
s-IMG(1202009)TK.jpg


このあたりは道がつくられているので歩きやすいです。
s-IMG(1202011)TK.jpg



市壁: ペルガモン王国ができる前の要塞の壁という説明だったと思います。石の大きさからとても立派なものだったようです。
s-IMG(1202013)TK.jpg

奥に進みますがいまいち把握できていません。たぶん王宮が並んでいたエリアを歩いているのではと思います。
s-IMG(1202017)TK.jpg

奥の方にも建物の跡があります。
s-IMG(1202018)TK.jpg

結構広いです。っていうかこれを撮っても何かわかりませんよね。
s-IMG(1202021)TK.jpg


ベルガマの町から見てアクロポリスの奥側のケステル湖。とても美しいです。
s-IMG(1202025)TK.jpg



アテナ神殿だと思います。一応それっぽい柱が並んでいます。
s-IMG(1202028)TK.jpg

王宮の水場だったもののようです。
s-IMG(1202030)TK.jpg


こちらはトラヤヌス神殿の建材だったものだと思います。
s-IMG(1202034)TK.jpg

美しいレリーフがあるものもあります。
s-IMG(1202040)TK.jpg

石板。文字が残っています。ギリシャ文字のようです。
s-IMG(1202041)TK.jpg


トラヤヌス神殿は少し柱が残っています。というか、少し再建してあります。
s-IMG(1202044)TK.jpg

何やら像があります。
s-IMG(1202045)TK.jpg

胴体だけでは寂しいですね。でもきっと美しい像だったんだと思います。そういえばこれ、本物はベルガマ博物館のパティオに展示してありました。ローマ時代の皇帝の像と書いてありました。
s-IMG(1202046)TK.jpg


神殿の柱です。
s-IMG(1202047)TK.jpg

上の方をズーム。とても美しいです。本当に素晴らしい神殿だったというのがよくわかります。
s-IMG(1202048)TK.jpg


さらにズーム。上の方に写真をのせているレリーフがある円柱はここに使われていたものなんですね。
s-IMG(1202049)TK.jpg


角度を変えてもう一枚。
s-IMG(1202116a)TK.jpg

フリーズっていうのかな、この帯状の部分のレリーフも美しいです。
s-IMG(1202072)TK.jpg

もうすこしズーム。お顔がふたつ。女神さまとかですかね??
s-IMG(1202073)TK.jpg


本来柱の上にのっていた部分のはずです。
s-IMG(1202064)TK.jpg


少し高くなった奥の方にも柱が並んでいます。
s-IMG(1202050)TK.jpg

こちらの柱はつるつるバージョン。
s-IMG(1202114)TK.jpg

上の写真部分を遠目に見た時は、柱は全部新しい材料なのかと思いましたが、こうやって地面におかれている柱をみるとこちら側はもともとこのタイプの柱だったようです。
s-IMG(1202118)TK.jpg


ちょっと気になったこの部分。
s-IMG(1202126)TK.jpg

ライオンかな??お顔だけじゃかわいそう。
s-IMG(1202125)TK.jpg

上から柱部分をぱちり。
s-IMG(1202112)TK.jpg

明日に続きます。
今日も最後まで見ていただきありがとうございました。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



arty
Posted byarty

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply